食う寝るところ 住むところ

柴犬「むらまさ」&スコティッシュフォールド「ふくじゅ」と飼い主「女王さま」の気ままな日々徒然

Close Encounters of the “G” 

 

それは23日に起こった
その日のふくさんは朝早くからお部屋フリーで
ほどよくエアコンの冷気が届くお気に入りのこたつの下にいた…

お昼前に何の気なしにケージの中をのぞくと
床に置いてあるミニキャットタワーの台座部分に
黒く細長い「ヘ」の字型の物体が2本落ちているのを見つけた

ふく 1
じょーおーしゃまのベッドもぼくのもの♪

キャットタワーの布の一部かと思って拾いあげたのだが
その感触は硬く「ヘ」の長い方の両側に
短い毛のようなものが生えており
何気なく隣のトイレに目をやると
猫砂の上にも似たような物体が4本落ちているではないか

ここで「“G”の脚」であると気づいたものの
「本体」にあたる部分がどこにも見当たらないのである

ふく 2
エアコンがきもちいいでしゅ…

すぐに“G”の脚をティッシュに包んでゴミ箱に捨て
ふくさんの様子を見ていたが特に何の変わりもなく
お昼からは女王さまのベッドを占拠して爆睡していた

「狩りにあまり興味を示さない」と言われる
スコティッシュ・フォールドのふくさんが
まさか“G”を捕食するとは思いもしなかった

ふく 3
おひるねしましゅニャ

今日になってラグにコロコロをかけていたら
偶然ケージの前の部分がめくりあがったその下に
頭部と本体の一部とおぼしき物体を発見したので
即ティッシュで掴んでゴミ箱に捨てたのは言うまでもない

風呂場や台所のシンクに出没した“G”に
シャンプーや中性洗剤をぶっかけて動けなくし
クシャっとしたティッシュ2~3枚の上にラップを重ねたもので
ひねり潰してとどめを刺す女王さまである
たかが“G”の残骸ごときに怯んだり悲鳴をあげたりすることはない

ふく 4
じょーおーしゃまうるしゃい…💤

捕食したとおぼしき23日以降
ふくさんには嘔吐や下痢もまったく見られず
いつもどおり食欲もあるのはいいのだが
もし本当に一部でも“G”を食べてしまったのなら
条虫が寄生していないかそれだけが心配である

しかしながらあのどんくさいふくさん如きに
捕食される“G”(=ゴキブリ)もいかがなものかと思うのは
飼い主である女王さまだけであろうか?
「“G”は“ゴジラ”の略やろ」と思う女王さまもいかがなものかt(ry

記事タイトルは某映画の原題をもじってみました
個人的にはいまだに「ヤ○ギワのシャンデリアが出てくる映画」という認識ですww

category: ふくじゅのにっき

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top

ラピュタみたい? 

 

先日「ふくちゃんに会いたい❤」と
家に遊びにきてくれた中学時代の友人が
ヒラドツツジの中に強引に突っ込まれ
放置されて久しいトトロ兄の原付を見てひと言

ラピュタみたい?

「ラピュタみたい((´∀`))」

いい加減に市役所にナンバープレート返して
さっさとバイクも処分してくれトトロ兄
ブルーシート内のダンボールも捨てないと…

category: 迷言

Comment : 0 | Trackback : --   

▲Top

東京では通じない関西弁? 

 

檀家寺へお盆の塔婆の申し込みに行った母ちゃんが
「何か今日はお寺の奥さんえらいご機嫌やってな…いただきものですけどってビール(プレモル)6本くれはってん…」
と部屋にいた私に変な顔で言ってきました。
(ちなみにお寺の奥さんはケチで有名)
「関西が梅雨明けしたからちゃう?」
ベッドで寝転がりながらipad見ていた私が適当に答えたところ
「え?そうなん?せやからや~」
と普通に納得した母ちゃんも何なんでしょうかね。(笑)
母娘揃って「やっぱり変」と思ったとしても口に出してはならない
ともあれ「プレモル6本!やったね!」と早速冷蔵庫に入れておきました。



私はツイッターには手を出していませんが、ヤフーの「話題なう」に「遠慮のかたまり」という言葉が出ていました。
「遠慮のかたまりがどないしてん」と思って見てみたら「東京では通じない関西弁」のランキング1位になっているらしいです。

標準語では何と言うのだろう。
元ネタは関西テレビの「ちゃちゃ入れマンデー」(関西ローカル番組)

私は「遠慮のかたまり」って普通に使うけどなー。
「ちょっと、お皿下げる(下げてもらう)からこの遠慮のかたまり、誰か食べて~!」とか。



「せやから何やねんそれ!」という関西圏以外の方に。

1位 遠慮のかたまり→(みんなでシェアする物の)最後の1個
2位 蚊にかまれる→蚊に刺されること
3位 ぐねる→足(または手)をひねる、くじく
4位 アテ→(酒の)つまみ
5位 いがむ→歪む

別バージョンの「東京で通じないかんs(ry」として

1位 ツレ→友達
2位 押しピン→画鋲
3位 シュッと→かっこいい、スタイリッシュ
4位 さぶいぼ→鳥肌
5位 ナイロン袋→ビニール袋

「ツレ」は「奥さん(旦那)」など「相方」的な意味になるんでしょうか。
(関東で「ツレ」というと「恋人」の意味合いらしい)

ゴミをほかす→ゴミを捨てる
ものをなおす→ものを片付ける、しまう
指をつめる→指をはさむ(決してヤのつく自由業のケジメのつけ方ではない)
めばちこ→ものもらい
サラ(サラぴん)→新品
冷コー(れいコー)→アイスコーヒー
お冷や(おひや)→(飲食店で出される)水

などいろいろあるようです。
昔、電車のドアには「ゆびづめちゅうい!」のシールが貼ってあったんですけどねえ。
逆に「関西では通じない東京弁」をききたい関西人の女王さまです。(爆

category: つれづれ雑記

Comment : 4 | Trackback : --   

▲Top

猫も溶ける暑さ 

 

3連休最終日ですね
さらにもう少ししたらお子様たちの夏休み…(´;ω;`)ウゥゥ
それよりも何よりももう毎日が蒸し暑くてたまりません
自室のエアコン(除湿:就寝時は「おやすみモード」)と
サーキュレーターに空気清浄機は1日中フル稼働です
今年の夏は「スーパー猛暑」とか言ってたな

ふくの開き 1
しっぽピーン♪

ふくさんも常に涼しいところを求めて狭い自室を移動中
床のラグに伸びているとトイレに行く女王さまに踏まれかけるので
最近はケージの屋根に乗っかって
エアコンの吹き出し口の前に寝そべり
ダイレクトに冷風を浴びて涼むことを覚えました
それでも暑いからって「みゃあ」と鳴かれても知らんがな

ふくの開き 2
お股おっぴろげーのふくさん

しかしながら吹き出し口に陣取るふくさんは
エアコンにとっては障害物であり熱源でもあるので
冷風が部屋に回らず必然的に室内温度が上昇して
ベッドに寝転がっている女王さまにとっては
「何で冷えへんねん!」と全身汗だくになってしまいます
ただでさえ更年期で身体が火照るのに

ふくの変顔
ふくさんは365日変顔です

ある程度涼んだお昼過ぎには
「ひやししゅぎはからだによくにゃいでしゅニャ」
と言わんばかりに下に降りてきてクールダウンし
私のベッドで再びお昼寝するふくさん
だんだんと寝姿が伸びてくるのがおもしろいww

ふくの昼寝
そこは女王さまのベッドですけど?

さらに気まぐれに起きてきては
サーキュレーターの前に置いてある座布団の上に寝転がって
「モフモフさせてあげてもいいんでしゅよ」とゴロスリしてくるんですが
スマホの写真の転送やフォトショップで画像処理中ならともかく
ブログのCSSやHTMLを微調整しているときは
めちゃくちゃ集中しているので
ふくさんに構っていられないのが本音です
放置すると「かまってあげてもいいんでしゅよ」と前足でつついてきます

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

むぅさんは相変わらずごはんを食べません
1日1回20gにしても食べないんですよ
一番の原因は運動不足ですけどね┐(´д`)┌ヤレヤレ
おやつはほしがるし元気なので「単なるワガママ」として
おやつなしにしていますがそれでもごはんを食べません
フードを毎回捨てるのも勿体無いし
ペットショップのおにーさんにきいたところ
暑い時期は食欲が落ちるけど
そういうときは無理に食べさせなくてもいいそうです
別に食べなくても黄ゲロ吐かないし
でもそれでも痩せないむぅさんっていったい何なんですか。(。´・ω・)???

category: ふくじゅのにっき

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top

【長文】下衆の勘繰り【毒舌注意】 

 

まず最初に今回のブログがやたら長いことをお断りしておく。。
そしてあくまで私個人の考えや体験なので、批判はお許し願いたい。
明らかな間違いがあればコメントでご指摘くだされば嬉しい。



今ではすっかりご無沙汰なのだが、私は介助犬の育成団体のボランティアに登録していて、介助犬啓発のお手伝いで兵庫・浜坂方面(日本海側)の小学校へ行ったこともある。
お手伝いとは言っても私がすることはほとんどないけどね。
ただ、浜坂がちょっとした小旅行気分で行ける場所だったのと、地元の食堂で食べる昼食がボリュームたっぷりでおいしくて楽しみだったからだ。
育成団体のスタッフさんは「浜坂は遠いから女王さましかきてくれる人がいないんですよ~」というのが本音だったそうだが。
募金のお手伝いもしたことがあるが、そのときは首から身分証を下げていた。
あ、もちろん声も出して頭も下げてたよ。これがなかなか難しかったりする。
募金箱にお金を入れてもらえればもちろんありがたいけど、そうでなくてもPR犬を見て「あら可愛い❤」と立ち止まってもらえたり、「介助犬?何それ?」と興味を持ってもらえればそれで恩の字だったりするのだ。

動物保護団体(近隣のNPO法人で少なくとも私が名前を知っている団体に限る)の場合は、街頭でもネットでもほんのわずかだが募金をさせていただく。
街頭だと団体がワンコを連れてきている場合も多いので、募金スタッフさんと話をしながらワンコをモフモフして、モフらせてもらった「お礼」をするような感じだ。
みんなちゃんと躾けられていて本当におとなしい。
どこぞの柴犬とはえらい違いだといつも感心させられる(ブーメランやめいww)
「里親さん募集中なんです」なんて言われると「みんなに早く本当のおうちが見つかりますように」と思ってしまう。

しかしながら、どうにも胡散臭い団体(詐欺集団)が多いのも事実だ。
見極めが難しいので、基本的に私はこの手のものは一切無視するようにしている。
詐欺師にくれてやる金など私には1円たりともない。それなら私にくれ。
何より自分が実家に居候中の貧乏人なので、せいぜいヤフーのネット募金(Tポイントで募金OK)ぐらいだ。
その「ヤフーのネット募金」も、たとえば東日本大震災や熊本地震、最近では九州の水害とか、国内の災害や募金先が明らかになっているものを選んでいる。
善意で集まった募金の総額や使途を開示するのは募った側の義務だと思うのだけど、その辺がうやむやになっているところは意外に多い。



さて本題。
皆さんも駅前などの街頭で「募金をお願いします」だの「署名を(ry」という団体に遭遇したご経験も多いと思う。
署名や募金で非常に不快な思いをしたことがある。
中学生のとき、たしか夏休み前だったと思う。
中学校の前にある交差点を渡って友人たちと歩道を歩いていたときのことだ。
見知らぬオバハンたち数人が帰宅する中学生を見るや手当たり次第に「これに署名して!」と言っていた。
こっちは何が何だかさっぱりわからない。
カモにされた私たちは説明もなくそのままボールペンを握らされ、ボードか何かに挟んだ署名用紙を突き出されて「ここに住所と名前を書いて!」と言われた。

今の私なら「どちらの団体で、これはどこに提出する署名ですか」とか「私は共感できないのでしません」なり何なり言うだろうけどね。
まあそれ以前にこの手のものはスルーするに限る。
あくまで個人の感想だが、何であろうと強引なのは往々にしてロクなもんじゃない。(笑)

私も当時は中学生だったし、何より相手のオバハンたちの勢いがすごくて(怖くて)きける状態じゃなかったんだと思う。
有無を言わさず住所氏名を書かせた後は、めんどくさそうな「ありがと」のひと言だけで、オバハンたちは次のターゲットを見つけに行った。
書いているときに「戦争反対の署名ナンチャラカンチャラ」と言っていたような気もする。
一緒に書かされた友人たちと「あれ何やったんやろ?」と言いあっていたが、誰かが学校に連絡したのか、中学校前で署名があったのは後にも先にもその1回だけだ。
今なら大問題になるかもしれないが、30年以上前の話だとしても、説明もなく未成年者に無理やり署名させるのは法的にどうなんだろうか。



高校のとき、学校は別だったけど近所の女の子と出会って、最寄り駅前のコープ(笑)へ寄って帰ろうとしたら変なオバハンに絡まれてビラを渡されたことがある。
「赤紙」を模したものでそのときも「戦争反対云々」だったと思う。
署名を求められることはなかったが、「戦争になったら真っ先に戦場に行くのはあなたたちのような若い人云々」と言われた。
えーと、私たち女ですけど?
あ、でも武器を持って戦うのが(体力的・肉体的に)無理でも、女でもやろうと思えばできることいっぱいありますよ?
後方支援なり何なりも十二分にできますよ?
ゲリラ戦とか情報戦とかやれることとかたくさんあるし。
逆に「女」であることを最大限に利用して敵から情報を得たり、敵が油断したその隙にしとめr(ry
…当時の私は物書きの資料で「ベトナム戦争」がらみの海外ノンフィクションを読みまくっていたせいもある。
いろいろ読み漁るうちに、昔から「朝日」が左寄りというかわけのわからん論調を展開していたことに気づけたのもよかったと思っている。
今じゃもうただの中韓の機関紙(日本支社)になっているのが痛い。痛すぎる。

「だからどこにそんなところに気づく女子高生がいるんだよ」というツッコミに対しては、「ここにおりまんねんすんまへんなあ」ということで勘弁してほしい。(笑)

実際に外国の対テロ部隊では「女をまず撃て(女テロリストは真っ先に射殺しろ)」というのを一番に叩きこまれる。
敵は「男」とは限らないし、「女」独特の思考に基づく行動パターンもある。
「女子供、年寄りだから」で油断していると、自分が殺られるわけだ。
逆手をとって、女子供、年寄りに武器を持たせたりトラップを仕掛けるのがゲリラ戦の初歩の初歩だよ。
机上の知識とは言え、何でこんなことを知っているのか自分でも嫌になる。
実体験の知識とかだったら余計怖いけど。(笑)

そもそも日本人の感覚がおかしいだけである。
「憲法九条教」が国際的にも通じると思いこんでいるのは一部の脳内お花畑の日本人だけだよ。
日本以外の国々では「平和と民主主義はたとえ莫大な対価を支払ってでも入手する価値があるもの」なのだが、これが一部の日本人(今はそこすらアヤシイが)にはどうしても理解できないときている。┐(´∀`)┌ヤレヤレ
今でこそ若干変わってきていると思うが、それでも「日本の常識は世界の非常識」である。
若いころからいろんな本を読んだり、種々雑多なネットの情報を選別する目を持っておくことは必要だと思う。
ただ、妙なこじらせ方をすると私のような「小学生のころから冷めた目で物事を見る人間」になるので注意が必要だが(´-∀-`;)



高校の最寄り駅前で「ヘイ!おねーちゃん!募金してくれない?」とやたら変にハイなキモイにーちゃんにからまれたこともある。
無視して通りすぎようとしてもしつこく前を遮ってきて、どいてくれない。
「お金ないから」と言っても「10円でいいから!」とうるさい。
何の募金だったのかも言わなかったし、それ以前に気持ち悪くて関わりたくなかった。
ひたすら無視して事なきを得たが、あんなやり方で本当に募金が集まるとでも思ったんだろうか。
だとすれば救いようのないアホでしかない。
とにかく高校があった最寄り駅は変な人が多かった。

女子校だったせいもあって、露出狂(高校の近所に住む変態)や水泳の時間に下着ドロ。
極めつけは英語の非常勤講師で「在日韓国人」がいたんだけど、そいつは「自分は指紋押捺拒否をしている」と堂々と学年集会?の場で言い放っていた。
生徒や他の教師から大顰蹙買っていることも知らずに。
それを生徒である私たちにきかせてどないせーっちゅーねん。
それより日本の法律が守れない奴が教師かよ!
当時は「外国人登録証」を常に持ち歩いていなければならなかったし、「指紋押捺拒否」というのが「反権力=カッコイイ」とか「キリスト教信者だから」というのでやたらもてはやされていた時代だった。
…何で「反権力」と「キリスト教信者」が同一視されるのがいまだに謎だが。
冷めた女子高生だった私なので、「何やねんあれ」とか「教師自ら法を犯しているのを自慢するんか」やら「そんなに嫌やったら国に帰れよ」と思ったほどだ。
生徒指導の先生が「あの先生ねえ…ちょっとあれはねえ…」と渋い顔をしていた。
そりゃそうだろ。
生徒指導の教師からすれば、生徒に勉強を教える立場の教師が「私は日本の法律を守っていません。逮捕されるかもしれません(ドヤ顔)」ではマズイだろ。
今思えば何でそんなややこしい奴を雇っていたのか(だから「非常勤講師」だったわけか?)、わけのわからない高校だったとも言える。
すべてとは言わないし言いたくないが、一部のキリスト教信者はとにかくどこかオカシイ。
世間一般常識とずれているのはなぜなんだろう。

あとは…覚えている限りでは。
その高校のある駅前で「中核派」のヘルメットをかぶってマスク姿の異様な感じの男の人が「おはようございます。中核派です」とビラを配っていたことかな。
ビラは受け取らなかったけど、中核派が女子高生にビラ配ってどないすんねん。
いまだに「何だったんだあれは?」としか思えない。

え?いったい女王さまってどこの高校に通ってたのよ、って?
駅は違うけど、某M友学園の小学校云々でもめたT市だよ。(爆
ここまで書いたら特定されそうだけど、まあそこはスルー推奨ww



追記はさらなる毒吐きなので、「ちょっとそれは…」という方はここまでにしておいてくだされ。
-- Read More --

category: つれづれ雑記

Comment : 0 | Trackback : --   

▲Top