食う寝るところ 住むところ

柴犬「むらまさ」&スコティッシュフォールド「ふくじゅ」と飼い主「女王さま」の気ままな日々徒然

ふく、落ちて爪を折る 

 

先日4日のこと
エアコンの修理のために朝からふくさんのケージを少しずらしていたら
いつものように窓際からケージの屋根に飛び乗ろうとして目測を誤り
パソコンを打っているこたつの上に落っこちたふくさん
その後は特に何ごともなく部屋でまったりしていたのだが
翌朝になってケージの中においたベッドにわずかながら血がついているのを発見した

ふくさんの四肢を見たところどうも右前足のつま先あたりから出血していたらしい
かと言って右前足を引きずっているわけでもないのでしばらく様子見しつつも
やはり飼い主としてはどうなっているのか非常に気になる
しかし右前足に触れようとするだけで嫌がって逃げるので
心配になって昨日(10日)に獣医さんで診てもらうことにした

ふくさんの午睡 1
猫のくせにどんくさいふくさんである(写真は落ちる前に撮影)

診察の結果、右前脚の爪の1本が根元から折れて取れてしまっていた
血も止まっていたが化膿するといけないので
イソジンで消毒後にその折れた爪の周辺をバリカンでカットし
万が一にも化膿して腫れたりするとすぐにわかるようにしてもらった

最近のふくさんはウェットフードを食べないので
化膿止めのお薬を混ぜて飲ませることができないため
「2週間効果が持続する」という化膿止めと
普通の痛み止めを注射してもらって処置は終了

ふくさんの午睡 2
先生曰く「何かに引っかかって落ちたときに爪が出たままだったのかもしれませんね」

ふくさんに限らず猫にとってつま先を触られるのは嫌がるので
カラーをつけて看護助手のおねーさんと一緒にふくさんを保定しながら
つま先のバリカンと注射のついでに他の足の爪切りと耳掃除もしてもらった

猫は興奮すると肉球から汗が出たり抜け毛がひどくなるらしい
だから診察台の上はふくさんの汗で湿るし
私の手や体はふくさんの抜け毛だらけ
それでもじっと我慢してくれたふくさんは本当にいい子である(親バカ

ふくさんの午睡 3
スコティッシュは関節の弱い子が多いそうな

病院疲れか帰宅後はカリカリと水で栄養補給し
その後はベッドの上でまったりと休養
今日にはいつものように元気に部屋中をゴソゴソ走り回っていたが
それまでおとなしく寝ていることが多かったのは
やはり右前足に違和感と痛みがあったからだろうか

それにしても「2週間効果のある抗生剤」があるとは知らなかった
動物用医薬品の世界も日進月歩なのだろう

ふくさんの午睡 4
とれた爪が生えてくるかどうかはわからないとのこと(´;ω;`)ウゥゥ

ちなみに自室のエアコン君の不調だが
「外の排水管の先が土に埋もれて排水できていなかった」というのが原因だった
念のために排水管を洗浄してもらって
出張費のみの後日請求でお帰り頂いたが忙しいところ本当に申し訳ない

修理にきたおにーさんの話では
ペットのアンモニア臭で配管が腐食するとのこと
おにーさんも職業上の知識として知ってはいたものの
「そんなんありえへんわ」と思っていたそうだが
かつて犬を4匹飼っていたときに何度か配管が腐食し交換してもらって
初めてそういうことが起こるのだとわかったそうだ

シ○ャープのプラズマクラスターはアンモニア臭もとるはずなんだけどな…(。´・ω・)???

category: ふくじゅのにっき

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top

月組公演「All for One~ダルタニアンと太陽王~」 

 

ノロノロと迷走中の台風5号の進路が気になりますね。
こちらは昨日の日中は雨風ともたいしたことなく、逆に夜になってからの方が雨が強くなりました。
台風の進路にあたる地域の皆さまはどうぞお気を付けくださいませ。



さてそんな7日、夏休み中のにーちゃんと宝塚歌劇を観てきました。
珠城りょう(たまきち)&愛希れいか(ちゃぴ)の月組公演「All for One」です。
「三銃士」をベースにした小池修一郎先生のオリジナル作品で、あらすじなどはいつものように公式サイトへ丸投げっと→こちら

月組公演 All for One パンフ&チラシ
Ⓒ宝塚歌劇団 公演パンフレット(左)と公演チラシ(右)です

「浪漫活劇(アクションロマネスク)」とあるんですが、コメディの要素もあってとにかく明るくて面白かったです。
「そんなんあり?!」なんて野暮なツッコミはなし!
歴史も難しいこともどーでもよくなる楽しいお話でした(何だそれww
セリと盆を使った大がかりなセットと演出は宝塚ならではなので、やっぱりこれがないと物足りないんですよね。
さらにクライマックスでのレイピア(剣)を使った立ち回りのシーンは迫力満点!クォリティ高い!
外部から擬闘の先生を呼んで指導してもらったそうですが、激しい立ち回りをして、舞台を走り回っても、息切れせず普通に演技ができるジェンヌは同じ女とは思えません(笑)

幕はこんな感じ
2階席から見るとこんな感じです

実はお正月に観劇した「お披露目公演」のお歌があまりにもアレだったので…正直言ってあんまり期待してなかったんです。
でも今回は皆さんしっかりとお歌をきかせてくれました!
やっぱりあのとき楽屋では風邪が流行っていたに違いない
たまきちは純粋でまっすぐな性格のダルタニアンを自然体で演じていたと思います。
「壁ドン」のシーンがあるんですが効果音が大きく入るので客席に笑いが起こってましたww
いやあんなに大きく壁をどついたら大劇場の壁壊れるって。(爆
男役から娘役に転向してトップ娘役になったちゃぴが、今回の役にも生きてきます。 
歌もうまいし、「バレエ好きで自らも踊る」というルイ14世の設定にはピッタリでした。
バレエのシーンはさすがダンサー・ちゃぴです。ずっと見ていたい。(笑)

三銃士(アラミス、アトス、ポルトス)もそれぞれにいい味を出していました。
アラミス(美弥るりか)はイケメンで女好き。
みやるりちゃんって、妖しくて美しい役柄が多いような気がするんですけど(笑)
オリジナルキャラのベルナルド(月城かなと:れいこ)は敵役ですがどこか憎めない性格に思えました。
れいこちゃんは雪組からの組替えです。
ちゃぴに「壁ドン」をしたものの「それは柱よ!」と言われてみたりww
最後はダルタニアンに向かって「壁はおまえだったんだ!」みたいなことを言って客席の笑いをとっていました。
 


今回はにーちゃんが職場の斡旋でとってくれたB席(14列左センターより)でした。
A席も残っていたけど端席でB席の方が安くていい席だったとのこと。
2階後方でしたけど舞台全体が見えてよかったです。
ちなみに3500円が2000円でゲットできました。
今回と次回の公演の一部期間が夏休みの「学割」でA席とB席がお安く手に入るそうなんですが、そのチケットが回ってきたようです…(^▽^;)
次は9月半ばごろに宙組公演を観劇します。
B席ですがA席に近いのでラッキーかな?
ほぼ毎回公演行ってたら、座席のランク落とさないとお金がいくらあっても足りません。
とか何とか言いつつ、11月の雪組公演は「自分への誕生日プレゼント」でS席なんだよなーww
トトロ兄の職場からの斡旋で、座席番号の決定は9月末らしいです。
その間にある星組公演、どうしようか…(;・∀・)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

【タイトルの「All for One」におけるにーちゃんと女王さまの大ボケ】

にーちゃん「ラグビーの話かと思った」
「スクール・ウォーズ」みたいな話を想像したらしい。どんな話になんねん(・_・;)
これをきいてラグビーを想像するのは日本だけだそうです。
元々は「三銃士」で剣を合わせ誓う言葉「All for One , One for All」です。
今回の舞台でもちゃんと使われていましたよ。
 
女王さま「コープさんかと思った」
コープこうべの「一人は万人のために 万人は一人のために(One for All , All for One)」から。
調べてみたけど同じ「コープ」でも「コープこうべ」だけらしい…(。´・ω・)?

にーちゃん「(舞台中に出てきた)"反撃の巨人"を見たかったな」
女王さま「え?そっち?!」

女王さま「三銃士?あれ?ダルタニアン入れたら4人にならへん?」
にーちゃん「ダルタニアン三銃士」
女王さま「あ、そーゆーこと」←三銃士を読んでいないのがバレバレww

…民進党の「All for All(みんながみんなのために)」は論外です。
そんなの無理です。不可能です。
だから党そのものが分裂するんだよ。そのうち消滅するだろ。というか消滅してくれ。(爆

毒はさておき、14日までの公演ですがチケットをお持ちの方は楽しんできてくださいね♪

category: 宝塚歌劇

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top

エアコン君の不調 

 

「除湿」で毎日フル稼働中の自室のエアコンと
在庫処分品のサーキュレーターがないと
女王さまはもちろんふくさんも熱中症で倒れてしまう関西の夏

そんな蒸し暑い昨日の朝のこと
突然どこからか奇妙な音がしたかと思うと
ふくさんがいそいそとケージの屋根にのぼって
しきりにエアコン周辺でゴソつきはじめた

まいにちあちゅいでしゅ…
ここもぼくのおきにいり♪

ケージの屋根にはダンボールとマットを敷いて
ふくさんが寝転べるようにしてあるのだが
ふと嫌な予感がして見てみると
エアコンの吹出口から水滴がしたたり落ちて
マットもダンボールもビショビショになっているではないか

下ろしたマットはついでに玄関マットと一緒に洗濯機に放り込み
ダンボールの濡れた部分をペットシーツで吸い取ってから
吹出口の下にペットシーツを敷いて様子見するも
水漏れはまったくおさまる気配がない

エアコンからおみずがでてましゅよ?
じょーおーしゃま、エアコンがおもらししてましゅよ

すぐにシ○ープの修理相談センターに電話したが
これがどうにもこうにもまったく繋がらない!

ガイダンスで「サイトからも修理依頼が可能」と言われたので
早速アクセスするとサクッと修理依頼ができたのだが
修理予約は最短でも8月4日からしか選択できず
しかもその当日に電話がかかってきて初めて訪問時間がわかるという

はやくしゅうりしてくだしゃいニャ
はやくしゅうりしてくだしゃいニャ

自室のエアコンは今年で6年め(2011年取付)
エアコン内部の排水管の不具合なら素人には手が出せないし
「除湿」だと吹出口から水がダダ漏れだが
「冷房」にするとそれが抑えられるので
念のためにペットシーツを敷いて
「冷房/26~27度」に設定して4日までしのぐつもりだ

電化製品はある日突然動かなくなるので要注意
今回の唯一の救いは「冷房」が使えることだろうか

皆さまもどうぞお気をつけくださいませ(。´・(ェ)・)

category: つれづれ雑記

Comment : 0 | Trackback : --   

▲Top

似て非なるもの 

 

ふくさんの「お股ぱっかーん」の写真を見ていたら
ふと既視感のようなものに襲われたので

ふくのお股ぱっかーんと
はしたないふくさんだが可愛い。(親バカ

「何やったかなあ…」と画像をググってみると
「犬神家の一族」に出てくる「波立つ水面から突き出た足」だった

犬神家の一族
「犬神家の一族」は見たかなあ…(出典:ミドルエッジ

「ふくさんでこの雑コラ作ってみよう」と思いついたものの
私がやると「雑コラ」どころか「クソコラ」以下になるので

似てませんかそうですか。
何かと女王さまに冷たいふくさん(´;ω;`)

立ち上げていたフォトショップをさっさと閉じた今日は
相変わらず蒸し暑い7月最終日である…(´-∀-`;)

category: 女王さまのにっき

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top

Close Encounters of the “G” 

 

それは23日に起こった
その日のふくさんは朝早くからお部屋フリーで
ほどよくエアコンの冷気が届くお気に入りのこたつの下にいた…

お昼前に何の気なしにケージの中をのぞくと
床に置いてあるミニキャットタワーの台座部分に
黒く細長い「ヘ」の字型の物体が2本落ちているのを見つけた

ふく 1
じょーおーしゃまのベッドもぼくのもの♪

キャットタワーの布の一部かと思って拾いあげたのだが
その感触は硬く「ヘ」の長い方の両側に
短い毛のようなものが生えており
何気なく隣のトイレに目をやると
猫砂の上にも似たような物体が4本落ちているではないか

ここで「“G”の脚」であると気づいたものの
「本体」にあたる部分がどこにも見当たらないのである

ふく 2
エアコンがきもちいいでしゅ…

すぐに“G”の脚をティッシュに包んでゴミ箱に捨て
ふくさんの様子を見ていたが特に何の変わりもなく
お昼からは女王さまのベッドを占拠して爆睡していた

「狩りにあまり興味を示さない」と言われる
スコティッシュ・フォールドのふくさんが
まさか“G”を捕食するとは思いもしなかった

ふく 3
おひるねしましゅニャ

今日になってラグにコロコロをかけていたら
偶然ケージの前の部分がめくりあがったその下に
頭部と本体の一部とおぼしき物体を発見したので
即ティッシュで掴んでゴミ箱に捨てたのは言うまでもない

風呂場や台所のシンクに出没した“G”に
シャンプーや中性洗剤をぶっかけて動けなくし
クシャっとしたティッシュ2~3枚の上にラップを重ねたもので
ひねり潰してとどめを刺す女王さまである
たかが“G”の残骸ごときに怯んだり悲鳴をあげたりすることはない

ふく 4
じょーおーしゃまうるしゃい…💤

捕食したとおぼしき23日以降
ふくさんには嘔吐や下痢もまったく見られず
いつもどおり食欲もあるのはいいのだが
もし本当に一部でも“G”を食べてしまったのなら
条虫が寄生していないかそれだけが心配である

しかしながらあのどんくさいふくさん如きに
捕食される“G”(=ゴキブリ)もいかがなものかと思うのは
飼い主である女王さまだけであろうか?
「“G”は“ゴジラ”の略やろ」と思う女王さまもいかがなものかt(ry

記事タイトルは某映画の原題をもじってみました
個人的にはいまだに「ヤ○ギワのシャンデリアが出てくる映画」という認識ですww

category: ふくじゅのにっき

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top