01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
実家に居候中の身でありながら「無理せずボチボチと」がモットーの超マイペース人間。

宝塚歌劇が好きでちょこちょこ観に行ってます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

過去記事への拍手やコメントも大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです♪

うちのわんにゃん


★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 8歳
2009年11月16日うまれ
気ままで頑固、ドジでグータラ、ヘタレでビビリなツンデレ柴。
おいしいものを食べて静かにまったり寝れたらご機嫌さん。
好きなもの:お肉、おやつ(固いものは苦手)、安納芋ときれいなおねえさん
嫌いなもの:大きな音(雨風・雷・花火)と大きなもの、溝のアミアミ、吠える犬と獣医さん
永遠の課題:ダイエット



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂ 4歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中。
猫とは思えないほどどんくさい、おっとりマイペースな甘えたさん。
ときどき「かぶりもの」をさせられるが満更でもない様子。
特技:変顔
好きなもの:シーバのカリカリ
嫌いなもの:コロコロ

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。年齢なんて何のその、とにかくパワフルで好奇心旺盛、ひたすら我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。もはや部屋の片づけとダイエットが永遠の課題になっている。ふくのことが大好き。いまだにいったい何の仕事をしているのかよくわからない。
◆にーちゃん
次兄。運転手兼むらまさの添い寝係。むらまさに甘々なので母ちゃんや女王さまによく怒られる。自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会

ブルむら

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

一般向け火炎放射器

2階の物置部屋(旧自室)で
昔の写真が入ったダンボールをゴソついていたら
結婚式の衣装合わせと和装の前撮り写真が出てきた

アルバム開いて吃驚Σ(゚Д゚)ナンジャコレー!

何年か前にすべて断捨離したつもりなのに
ダンボールの中に埋もれていて免れたらしい

20180118-1.jpg
こんなシチュエーションでどこが「一般向け」なのだろう(写真は下記リンク先サイトより)

ケッタクソ悪い(=気分が悪い、いまいましい)ので
写真は「燃やせるゴミ」で処分するが

この「一般向け火炎放射器」で
「汚物は消毒だ~!!(ヒャッハー!」
と言いながら
あのクソ野郎を家ごと焼き払えないのが
どうにも残念で仕方がない(・д・)チッ

客席で夢を見る

生まれも育ちもずっとムラの私だが、初めてタカラヅカを観たのは中3のころだった。
たしか私立高校入試のときだったと思う。

当時、私立受験組はほとんどが2日間の日程(1日目:学科、2日目:面接)だった。
公立専願組は1日目だけ学校に顔を出し(なぜかは知らない)、2日目は休みだったような気がする。
私は私立専願で、1日で学科と面接を終える予定になっていた。
それを知った友人が「みんなには内緒で(2日目の休みのときに)歌劇観に行かへん?」と誘ってくれたのだ。
「観たことないけど面白そうやから観たい」と承諾し、チケットは友人が手配してくれた。

お芝居のタイトルが「哀しみのコルドバ」だったのは覚えているが、ショーのタイトルは忘れた。トップが誰だったのかは言わずもがな。
博識なウィキさんによると、星組公演でお芝居が「哀しみのコルドバ」とショーが「ルミエール」だそうだ。
トップは峰さを理。日向薫や紫苑ゆう(どちらも後のトップ)も出演していたらしい。

初観劇の感想はというと、「闘牛士が出てきて、主人公とヒロインが実は異母兄妹で、最後に主人公が闘牛に刺されて死ぬ話」としか覚えていない。
あとは「やたら綺麗で豪華な世界」にびっくりしたぐらいだろうか。
当時は月1回土曜日に「タカラヅカ花の指定席」という関西テレビ(フジテレビ系列)の宝塚舞台中継があって、そこで再度観たような気もする。
滅多にTVなんて見なかった私なので、「宝塚ってちょっといいかも」ぐらいには思ったのかもしれない。

二度めが高3のとき。同級生に誘われた。
お芝居が「サマルカンドの赤いばら」だったと思う。ショーとトップは(ry
ウィキさん曰く、雪組公演のショーが「宝塚をどり賛歌」でお芝居が「サマルカンドの赤いばら」。
トップが平みち。杜けあきや一路真輝(どちらも後のry)が出演(ry

この公演は「73期生」の初舞台だったようだ。
「そういえば口上述べてたな」とうっすら思い出すところもあるが、その中にあの天海祐希や姿月あさとがいたとは知らなかった。
さらにショーが和物ということで、春日野八千代先生と松本悠理さんが出演していたらしい。
お芝居は「アラビア風のものだったなー」というぐらいで、これまたさっぱり思い出せない。
なのになぜタイトルだけ覚えていたのだろう。不思議だ。

その後は1990年か91年にベルばらを観たと思う。
涼風真世が出ていた気もするから91年の月組公演だろうか。
ゴールデンウィーク中で、貸切公演でもないのに終演後に突然挨拶があって、「○○(生徒の名前)は下級生ながら云々」と言ってたと思う。
ウィキさんで調べるも、記憶が曖昧すぎたのとベルばらの公演が多すぎてよくわからなかった。
ベルばらの功罪は大きい。(違

建て替え前の旧大劇場で観たのはこの3公演だけだ。
当時はファミリーランドの入園料+歌劇の座席券が必要だったと思う。
入園料がいくらだったのかまったく記憶にないのは、「ファミリーランドは新聞屋からタダ券をもらって行くもの」だったからだ。
ファミリーランド内の動物園は小学校のときに徒歩で遠足や写生大会に行ったぐらい、昔のムラの子どもたちと縁があった。
歌劇は「ああ、そんなんあるねえ~。せやけど別にねえ~高いしねえ…」という立ち位置だった。
「ヘルスセンター」という大浴場(温泉施設)もあって(通称「ヘルス」。違う場所のようにきこえてもそれは大人になったせいだから気にスンナ)、ここへは祖父母に連れられてよく風呂へ入りに行ったものだ。
もちろんタダ券で行っていた。どこまでもムラの人間はタダに拘る。(笑)

それからは1996年の花組「ハウ・トゥー・サクシード」まで観ていない。
96年から2001年ぐらいまでは前の職場の先輩がチケットを予約してくれていた(一般前売が駅のプレイガイドで買えた)こともあって、毎回のように観に行っていた。
真矢みきや真琴つばさ、檀れいとかの現役時代で、多分、退団公演も行ってたと思う。
(当時の初舞台生や下級生がここ最近のトップになるのかな?)
2001年以降は(プレイガイドがなくなったこともあって)ごくたまに観に行くぐらいになってしまった。
2階の物置部屋にはプログラムが残っているが、旧大劇場分はどこへ行ったのやら。

特に贔屓がいたわけでもない。
1階後方(A席)がガラガラな公演もあったし、駄作にも出会っている。
それでも、今も昔も、客席で3時間の「夢」を観るのはとても楽しい。



…などと飲みながらにーちゃんと母ちゃんにそんな話をしていたのだが

にーちゃん「そこで宝塚を受けようとは思わんかってんな」
女王さま「音痴、大根のこの家系から絶対無理やし」
母ちゃん「いや、もしかしたらもしかしたかもやで?」
女王さま「何でやねん!あるわけない!ぜーーーったい無理!!

「かぶりもの」が好きなのは歌劇関係ないと思うんだ。きっと。(笑)

ふく、4歳になっていた。

年明けから時系列的にいくと必然的に最後になるので
いつも申し訳ないと思っているんだが

1月3日でふくさん4歳になりました+゚。*(*´∀`*)*。゚+
あいかわらずヒゲ長くて丸顔だけどな!(笑)



年末にケージの屋根から落っこちて
年明けにも女王さまのベッドから落っこちて
どんくささ爆裂なふくさん

新年&お誕生日のお祝いのお高い猫缶も
開けたてだけ食べてあとはそっぽ向くふくさん

20180108-2.jpg

Happy Birthday ふくさん
これからも元気で長生きできるよう
女王さまは喜んでお仕えさせていただきます

だからお願いです
トイレに行きたい女王さまの胸の上で香箱を組んだり
おしりの穴と中身のないふぐりを見せつけてこないでください
あと下腹に乗るのもやめてください漏れ…る…っ!(笑)

花組公演「ポーの一族」

いつの間にか新春2日の恒例になった宝塚観劇
今年は花組の「ポーの一族」です
公式HPより博識で親切なウィキさんはこちら→
チケットは即日完売だったようですが
私は「え?もう予約?」という早い時期に何とか確保できました(´ω`人)
たしか昨年9月か10月ぐらいだったかと
 
ロビーのこのお花とお鏡といい
開演アナウンスの「あけましておめでとうございます」といい
入口でもらったポストカードといい
これは3が日だけなのでしょうか?


開演前にここでオケの人が演奏していました

明日海りお(みりお)と仙名彩世(ゆきちゃん)の花組トップコンビ
お披露目公演を観ていないので
私がこのコンビで観るのは初めてです

はじまったばかりなのでさらっと書き流し
(そもそも私はうまくまとめられないし的外れ多し)
「バンパネラ研究家」の4人がストーリーテラーとなって話が展開していきます

20180106-2.jpg
今年のポストカードはこんなの

何をさしおいてもとにかくみりおエドガーがきれい!カッコイイ!
原作のエドガーがそのまんま3次元(2.5次元?)になった感じで
1輪の紅いバラを片手に登場するシーンなんて
「これって絶対タカラヅカでないと無理だよな」って思いました

ゆきちゃん(シーラ・ポーツネル男爵夫人)は
演技や歌もお上手だと思います
でもあのアニメ声?がどうにも気になって仕方がない…
ほぼ後半から登場の柚香光(れいちゃん:アラン)もビジュアルは完璧
複雑な家庭環境からのちょっと拗ねた性格もいい感じ
なのにあまりにもお歌がヘタすぎます_| ̄|○

20180106-3.jpg
チラシとプログラム表紙

原作と異なる設定は「宝塚の事情」で仕方ないにせよ
エドガーとシーラを絡ませるのは少々無理があったような気がします
個人的にはエドガーとアランの絡みをもっと見たかったですね

それでもエドガーとアランの並びは耽美な美少年テイスト
(決して今の「腐女子向けBL」ではないサラリとしたもの)
「きみはどうする…? きみもおいでよ。一人では寂しすぎる…」と
エドガーがアランを窓から誘う名セリフ&シーン
ラストのクレーン(ゴンドラ)での2ショットも
(一瞬焦ったけど)ごく自然に黒背景に溶け込んでいたので
「ベルばらのペガ子再来」とならずほっとしました(^▽^;)

20180106-4.jpg
2階A席(センター右端)からだとこんな感じ

原作を知っていても知らなくても
妖しく美しい世界を堪能できると思います

ちなみに両袖の点滅するバラを
にーちゃん「リンゴ?」&女王さま「水玉?」と思っていたあたり
杭を打ち込まれてきた方がよさそうです┐(´∀`)┌ヤレヤレ

Happy New Year★2018

あけましておめでとうございます


「きれいなジャイアン」ならぬ「きれいなむらまさ」

最近あまりごはんを食べないのに
まったく痩せないどころか
むしろまた一段とボリューミーになったむらまさ
31日に洗濯したせいではない

20180104-2.jpg
「ポムポムプリン」をかぶせたのはにーちゃんです

年末にケージの屋根から落っこちたのに
トトロ兄やにーちゃんに心配されるどころか
「キャット空中3回転」と突っ込まれたふくさん
床の座布団の上だったので無事でした

20180104-3.jpg
年明けてさらに丸さ増量中

仕事探しもブログもボチボチと
「みんなが健康でいてくれたら儲けモン♪」ぐらいの気構えで
この1年もゆる~く過ごしたいと思います

今年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

続きを読む >>