食う寝るところ 住むところ

柴犬「むらまさ」&スコティッシュフォールド「ふくじゅ」と飼い主「女王さま」の気ままな日々徒然

月組公演「All for One~ダルタニアンと太陽王~」 

 

ノロノロと迷走中の台風5号の進路が気になりますね。
こちらは昨日の日中は雨風ともたいしたことなく、逆に夜になってからの方が雨が強くなりました。
台風の進路にあたる地域の皆さまはどうぞお気を付けくださいませ。



さてそんな7日、夏休み中のにーちゃんと宝塚歌劇を観てきました。
珠城りょう(たまきち)&愛希れいか(ちゃぴ)の月組公演「All for One」です。
「三銃士」をベースにした小池修一郎先生のオリジナル作品で、あらすじなどはいつものように公式サイトへ丸投げっと→こちら

月組公演 All for One パンフ&チラシ
Ⓒ宝塚歌劇団 公演パンフレット(左)と公演チラシ(右)です

「浪漫活劇(アクションロマネスク)」とあるんですが、コメディの要素もあってとにかく明るくて面白かったです。
「そんなんあり?!」なんて野暮なツッコミはなし!
歴史も難しいこともどーでもよくなる楽しいお話でした(何だそれww
セリと盆を使った大がかりなセットと演出は宝塚ならではなので、やっぱりこれがないと物足りないんですよね。
さらにクライマックスでのレイピア(剣)を使った立ち回りのシーンは迫力満点!クォリティ高い!
外部から擬闘の先生を呼んで指導してもらったそうですが、激しい立ち回りをして、舞台を走り回っても、息切れせず普通に演技ができるジェンヌは同じ女とは思えません(笑)

幕はこんな感じ
2階席から見るとこんな感じです

実はお正月に観劇した「お披露目公演」のお歌があまりにもアレだったので…正直言ってあんまり期待してなかったんです。
でも今回は皆さんしっかりとお歌をきかせてくれました!
やっぱりあのとき楽屋では風邪が流行っていたに違いない
たまきちは純粋でまっすぐな性格のダルタニアンを自然体で演じていたと思います。
「壁ドン」のシーンがあるんですが効果音が大きく入るので客席に笑いが起こってましたww
いやあんなに大きく壁をどついたら大劇場の壁壊れるって。(爆
男役から娘役に転向してトップ娘役になったちゃぴが、今回の役にも生きてきます。 
歌もうまいし、「バレエ好きで自らも踊る」というルイ14世の設定にはピッタリでした。
バレエのシーンはさすがダンサー・ちゃぴです。ずっと見ていたい。(笑)

三銃士(アラミス、アトス、ポルトス)もそれぞれにいい味を出していました。
アラミス(美弥るりか)はイケメンで女好き。
みやるりちゃんって、妖しくて美しい役柄が多いような気がするんですけど(笑)
オリジナルキャラのベルナルド(月城かなと:れいこ)は敵役ですがどこか憎めない性格に思えました。
れいこちゃんは雪組からの組替えです。
ちゃぴに「壁ドン」をしたものの「それは柱よ!」と言われてみたりww
最後はダルタニアンに向かって「壁はおまえだったんだ!」みたいなことを言って客席の笑いをとっていました。
 


今回はにーちゃんが職場の斡旋でとってくれたB席(14列左センターより)でした。
A席も残っていたけど端席でB席の方が安くていい席だったとのこと。
2階後方でしたけど舞台全体が見えてよかったです。
ちなみに3500円が2000円でゲットできました。
今回と次回の公演の一部期間が夏休みの「学割」でA席とB席がお安く手に入るそうなんですが、そのチケットが回ってきたようです…(^▽^;)
次は9月半ばごろに宙組公演を観劇します。
B席ですがA席に近いのでラッキーかな?
ほぼ毎回公演行ってたら、座席のランク落とさないとお金がいくらあっても足りません。
とか何とか言いつつ、11月の雪組公演は「自分への誕生日プレゼント」でS席なんだよなーww
トトロ兄の職場からの斡旋で、座席番号の決定は9月末らしいです。
その間にある星組公演、どうしようか…(;・∀・)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

【タイトルの「All for One」におけるにーちゃんと女王さまの大ボケ】

にーちゃん「ラグビーの話かと思った」
「スクール・ウォーズ」みたいな話を想像したらしい。どんな話になんねん(・_・;)
これをきいてラグビーを想像するのは日本だけだそうです。
元々は「三銃士」で剣を合わせ誓う言葉「All for One , One for All」です。
今回の舞台でもちゃんと使われていましたよ。
 
女王さま「コープさんかと思った」
コープこうべの「一人は万人のために 万人は一人のために(One for All , All for One)」から。
調べてみたけど同じ「コープ」でも「コープこうべ」だけらしい…(。´・ω・)?

にーちゃん「(舞台中に出てきた)"反撃の巨人"を見たかったな」
女王さま「え?そっち?!」

女王さま「三銃士?あれ?ダルタニアン入れたら4人にならへん?」
にーちゃん「ダルタニアン三銃士」
女王さま「あ、そーゆーこと」←三銃士を読んでいないのがバレバレww

…民進党の「All for All(みんながみんなのために)」は論外です。
そんなの無理です。不可能です。
だから党そのものが分裂するんだよ。そのうち消滅するだろ。というか消滅してくれ。(爆

毒はさておき、14日までの公演ですがチケットをお持ちの方は楽しんできてくださいね♪
スポンサーサイト

category: 宝塚歌劇

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top

コメント

 

こんばんは

おお、ダルタニアンですか。
三銃士も宝塚にはピッタリですね。
やっぱりアラミスがイケメン枠なのね。
昔、子供と一緒に見た三銃士の頃から、アラミスはイケメンだったもの。
おまけに女だったもの。
って、これはオリジナル脚本だったんだけどね。
それにしても、毎回宝塚を観られるなんて本当に恵まれてること!

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2017/08/09 20:39 | edit

万見仙千代さまへ

仙千代さまのご覧になった「三銃士」は
男装したアラミスだったんですね。
それも何だか宝塚チック?!(笑)
ダルタニアンはもちろんイケメンなのですが
アラミスもさらにイケメンで妖しい美しさでしたよww

今回のお話は「三銃士」をベースにしたオリジナル作品なので
ルイ14世は実は「女性」だったという設定です。
この辺がトップ娘役のいる宝塚ならではの役どころですね。
男女の双子で生まれたので女の子を森に捨てたつもりが
取り違えて男の子を捨ててしまって
残った女の子を「男」として育てたけど…というくだりには
「そこはちゃんと確認しとけよ!」とツッコミたくなりますが
そうなるとこの作品そのものが成り立ちません(笑)
演出家の先生には「リボンの騎士」のオマージュもあったようです。

宝塚も土日より平日の方が割ととりやすいかな?(無職万歳^^;)
チケットぴあから予約入れると手数料が高いのが難点です(´;ω;`)

女王さま #mQop/nM. | URL | 2017/08/10 13:56 | edit

▲Top

コメントの投稿

 

Secret

▲Top