食う寝るところ 住むところ

柴犬「むらまさ」&スコティッシュフォールド「ふくじゅ」と飼い主「女王さま」の気ままな日々徒然

大相撲宝塚場所 #2 

 

さて前回に引き続き「大相撲宝塚場所」ネタです
ここからは「三役の土俵入」になります
前に写っているのは恐らく琴奨菊?(曖昧でスマン

大相撲宝塚場所 9
花道から土俵上へ

どっちが東西の三役かわかんなくなってしまいました(滝汗
多分、上が東で下が西だと思います^^;
ブログネタにするなら撮影時にメモ必須ですね
わかんなくなると言えば行司も同じです
行司にも格付けのようなものがあるのはわかるんですが
ひとつの取組が終わったらすぐに行司も交代したり
かと思えば2~3の取組を同じ行司がしていたりします
行司の足元も「序二段~幕下」までは素足で
「十両~幕内」は白足袋で
「三役~立行司」は白足袋に草履を履いていますよね
軍配も違うとかいろいろ細かいところまでわかって楽しいです

大相撲宝塚場所 10
東:御嶽海、琴奨菊、鶴竜 / 西:正代、高安、玉鷲(順不同)

三役の取組を頑張って撮影してみましたが
前にいたオッサンの腕が邪魔になるわ(終始邪魔だった)
そのさらに前のオッサンの禿げた後頭部がテカってるわ(やたら写りこんで見苦しい)
何より力士の動きが早くてまともに撮れたのがほとんどありません
琴奨菊の「コトバウアー」も健在で場内大歓声❤

大相撲宝塚場所 11
ブレてるので三役の誰の取組なんだか←御嶽海(奥)と正代(手前)の取組でした

そうこうしているうちに鶴竜と玉鷲の「結びの一番」になりました
鶴竜の横綱の貫禄がもうすごいの何の!
土俵にあがっただけで空気もオーラも全然違うあたりはさすがです
立行司は「式守伊之助」でした(こちらも全然違う)
取組も鶴竜・玉鷲ともにちゃんと見せ場を作ってくれて
お客さんも大声援を送って大満足の一番になりましたww

大相撲宝塚場所 12
私が撮ると全然迫力のない鶴竜と玉鷲の取組になってしまふ(汗

結びの一番が終わると弓取式です
初めて一部始終を見ましたがあの長い弓をそれは見事に捌きます
これだけでも「一見の価値あり!」なのに
本場所の中継で解説者にカメラが向いてしまうのが残念なぐらいです
(そしてそのまま放送が終わるという…)
中継では見れないものを生でじっくり最後まで見ることができて
本当にいい経験になりましたよん♪

大相撲宝塚場所 13
弓取式(聡ノ富士)

初めて知ったのですが巡業でも懸賞が出ます
「もち吉」はおせんべいやおかきなどのお店です
撮りそびれたのですが「キリン一番絞り」もありました
懸賞幕を持って土俵上を回るときに
「大相撲観戦のお供に キリン一番絞り」(写真がないからせめて文字でww)
という紹介があったんですがこれって巡業中だけなんでしょうか?
本場所はNHKだから大人の事情で音声が入らないだけかな?
「振り込め詐欺にご用心!」には場内が笑いに包まれていました
初めて見たよあんな懸賞(笑)

大相撲宝塚場所 14
今回の巡業ではこの3つとキリンビールがありました

本場所だと懸賞の数だけ「ご祝儀袋」が渡されますが
私が見た限りでは「ご祝儀袋」は懸賞の数に関わらず1つだけで
「土俵上で行司さんから受け取る→土俵下にいる人に渡す」
という「ご祝儀袋使いまわし技」でした
力士の手の汗や土などで汚れないようにするためか
「会場近くのコンビニで買ってきたご祝儀袋を袋から出さずそのまま使用」
という感じだったのは見なかったことにしておきます(笑)
取組前に力士が撒く塩も土俵下にいる係の人が適時補充しています
それも土俵下に置いた「米袋30kg」のような大袋から
ボウルですくって入れてるんですよ(゚д゚)!

大相撲宝塚場所 15
宝塚場所参加の幕内力士一覧?(ホワイトボードに貼るなww)

予約しておいたお弁当はこんな感じ♪
プラスチックの仕切りも上品な色合いで春らしいですね
家から持参したプレモルを片手に食べましたが
味付けもちょうどよくておなかいっぱいになりました❤
「お土産付き」のお弁当セットは早々に予約終了でしたけど
引き換えに行ったときに見たら「お土産付き」とはこのお弁当が違いました
まあ値段が違うから当たり前なんですけどねww
(お土産は湯のみや手ぬぐいなどです)

大相撲宝塚場所 16
ビールのアテによし、ごはんのおかずによし(笑)

宝塚市の「スポーツ振興公社創立30周年事業」で開催されたようですが
何はともあれミーハーな母ちゃんのおかげで
初体験の大相撲春巡業観戦ができたのはとてもよかったです
ご近所さんや母ちゃんの知り合いにもたくさん会いました
次があるかどうかはわかりませんが
「次に観に行くなら事前に!前売り発売前に!!言ってよ!!!」と
母ちゃんに念押ししておいた女王さまです(爆

(終わったけど)公式HPはこちら→
スポンサーサイト

category: ちょっとおでかけ

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top