12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
実家に居候中の身でありながら「無理せずボチボチと」がモットーの超マイペース人間。

宝塚歌劇が好きでちょこちょこ観に行ってます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

過去記事への拍手やコメントも大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです♪

うちのわんにゃん


★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 8歳
2009年11月16日うまれ
気ままで頑固、ドジでグータラ、ヘタレでビビリなツンデレ柴。
おいしいものを食べて静かにまったり寝れたらご機嫌さん。
好きなもの:お肉、おやつ(固いものは苦手)、安納芋ときれいなおねえさん
嫌いなもの:大きな音(雨風・雷・花火)と大きなもの、溝のアミアミ、吠える犬と獣医さん
永遠の課題:ダイエット



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂ 4歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中。
猫とは思えないほどどんくさい、おっとりマイペースな甘えたさん。
ときどき「かぶりもの」をさせられるが満更でもない様子。
特技:変顔
好きなもの:シーバのカリカリ
嫌いなもの:コロコロ

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。年齢なんて何のその、とにかくパワフルで好奇心旺盛、ひたすら我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。もはや部屋の片づけとダイエットが永遠の課題になっている。ふくのことが大好き。いまだにいったい何の仕事をしているのかよくわからない。
◆にーちゃん
次兄。運転手兼むらまさの添い寝係。むらまさに甘々なので母ちゃんや女王さまによく怒られる。自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会

ブルむら

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カッコイイ柴犬

気まぐれなむらまさが
昼過ぎに「おさんぽ~!」と言ってきたので
いつもの散歩コースの路地を歩いていたら

ふみあむ 1
ふみあむは至福のひとときらしく

通りすがりの知らないおばちゃんがむらまさを見て
「あら、カッコイイお顔ね~❤」
と笑顔で声をかけてくれたんだけど

ふみあむ 2
たとえ毛布の抜け毛で咳きこんだりしても

茶の間の長座布団の上においている
この青いダブルのお気に入り毛布を
いまだにふみあむするのが大好きな7歳柴犬なので

ふみあむ 3
何ごともなかったような満ち足りた表情である

「ちょwwカッコイイwwwってwwどこのww犬wwがwww」と
笑いをこらえるのに必死だった女王さまを
わかってくれる人はきっといるはず(笑)

スポンサーサイト

同じ公演でも違うんです

またまた更新サボってしまいました…<(_ _)>スミマセン
写真も用意しているのに文章がさっぱり思いつかず
少し書いては消して結局全削除、という形です
コンスタントに投稿しているブロガーさんが羨ましいです(^▽^;)



ブログを通してお友だちになったMさま
そんなMさまが昔、タカラヅカがお好きだったことを耳にした私が
「久しぶりにタカラヅカとかどないですか~(´∀`σ)σ」と
悪魔のささやき(笑)をし続けていたところ
1月2日から公演中の花組東京公演を観劇されるとのこと!
厚かましくも東京宝塚劇場の公演プログラムをお願いしたところ
快諾してくださって先週末にわが家へ届きました

花組公演プログラム@宝塚大劇場
(C)宝塚歌劇団 公演プログラム表紙(宝塚大劇場)

↑は私が昨年11月に宝塚大劇場(ムラ)で観劇した際
購入した公演プログラムです
そのときの記事はこちら→花組公演「雪華抄/金色の砂漠」
ちょっぴり哀愁ただようみりお(明日海りお:トップスター)が表紙を飾っています

花組公演プログラム@東京宝塚劇場
(C)宝塚歌劇団 公演プログラム表紙(東京宝塚劇場)

そして↑が送っていただいた東京宝塚劇場のプログラム
表紙写真が違うんですね~♪
キリッとした眼光の表情が❤です
(ちなみに「王女様つきの奴隷」という設定です)

プログラムの内容はほぼ同じですが
大劇場の方はインタビューやリハーサル写真が大きく載っていて
東京の方は(大劇場の)舞台写真が掲載されていたりと
「ムラと東京の両方に行くファンを意識している」感じです
普段はムラしか行かない(というか行けない)私なので
こうして見比べてみるとおもしろいものですね
送ってくださったMさま、本当にありがとうございました!

私の次回の観劇は3月の星組公演「スカーレット・ピンパーネル」です
トトロ兄のルートで若干お安く買えたため久しぶりにS席での観劇♪
仕事もせずこんなことしてていいのかと思いながらも
「更年期でウツウツするぐらいなら気分転換❤」ということにしています

「妖怪のせい」にしておこう。

14、15日のセンター試験は大雪になりましたね。
宝塚も昨日から小雪が舞っています。今朝はうっすら積もっていました。

今朝の新聞に「国語」の問題が載っていたので解いてみようと思ったものの、年々老眼が進んでいるのか今年は問題文(の文字が小さすぎて)読めず、ざっと目を通しただけでした。
だって目が辛いんだもの。痛くなるんだもの。(泣)
昨日の時点で「おっぱい、おっぱい」の表記があったとネットで盛り上がっておりましたが(たしかにあったけど)
前後の文をちゃんと読もうぜ!
その一文が書かれているのにはちゃんと理由があるはずなんだからさ…
と思いたいのだが今回は何かよくわからんww

毎年「国語」が何かしらやらかしてくれるのですが、今年は「日本史A」もしでかしたようです。
うちでとってる毎日新聞朝刊には載ってなかったので、「東進ハイスクール」のサイトより「日本史A 第1問」を引用しますね。
(GIF画像に縮小かけてるので非常に見づらいです)

【問題文】
下線部Cに関連して、次の漫画・アニメの画像I~IVに描かれた妖怪が登場する背景とされているそれぞれの事象に関して述べた次のページの文 a~d について、正しいものの組合わせを、その下の1~4のうちから一つ選べ。

【図の説明文を書き起こし】
Ⅰ 新ぬりかべ
  「冷蔵庫」が妖怪化。食品をどんどん詰め込み、手荒く扱うものだから、器物の霊の怒りが爆発」
Ⅱ 新ぬらりひょん
  「冷房のスイッチを入れると現れ、電気を吸い取ってしまう。部屋はいつまでたっても涼しくならない」
Ⅲ ムダヅカイ
  「バブル時代に無駄遣いしまくった人々の欲望が妖怪に」
Ⅳ ロボニャン
  「妖怪がロボットになった!便利機能満載で頼れる存在」
※Ⅰ、Ⅱは「水木しげる『図説日本妖怪大観』」
 Ⅲ、Ⅳは「妖怪ウォッチ全妖怪大百科」


2017センター試験 日本史A 1
「バブル時代」は「日本史」か…(女王さまはリアルタイム世代)

a:Ⅰの妖怪のもととされている家庭電化製品が普及していく時期には、スーパーマーケットが各地に広がり、消費や生活の変化が進んだ。
b:Ⅱの妖怪が登場する条件とされている電化製品が普及しはじめた頃、日本の国内産業は空洞化に悩まされていた。
c:Ⅲの妖怪が発生した背景とされているバブル経済の時期には、株価が高騰した。
d:Ⅳの妖怪はロボットとされているが、企業が減量経営につとめた高度成長期には、ロボットの技術の導入が進められた。

① a・c  ② a・d  ③ b・c  ④ b・d


2017センター試験 日本史A 2
正解は①です

センター試験の問題作成者が何を考えているのかよくわかりませんが、
とりあえず図はなくてもいいと思う。(笑)
「a」に出てくる「スーパーマーケット」は大阪・千林にあった「主婦の店」(後の「ダイエー」)だし。

外野があーだこーだとツッコミを入れてネットで盛り上がる中、大変なのは予備校です。
どんなにツッコミ満載の問題であったとしても、その概観や分析をしないといけません。
ちなみに上の「日本史A」の問題についても

(前略)…図版では『妖怪ウォッチ全妖怪大百科』を出典として、妖怪ウォッチのキャラクターで人気のムダヅカイとロボニャンや、代表作「ゲゲゲの鬼太郎」を世に出した、2015年11月に亡くなったマンガ家水木しげるの『図説妖怪大図鑑』を出典として「新ぬりかべ」と「新ぬらりひょん」が登場した。社会的に大きな話題になった出来事を題材としていることから、流動的な社会において出題者が、常にアンテナを立てて社会に関心をもつ重要性を受験生に訴えかけているといっていいだろう。…(後略)
(出典:東進ハイスクール)


という分析になるんですからすごいですよね(論理的なツッコミとでも言うべきなのか?)
あ、明日の朝刊に載る「理数」の問題は文字通り「見るだけ」です。
読みません。読んでも問題文そのものが理解できないので何を問われているのかまったくわかりません。
私ってホント、完全な文系頭だわ。
しかも腐ってるし。妄想と変態全開だし。←言われる前に言っておく

ちなみに「灘中学」の算数の入試問題も、私にはさっぱり解けません。わかりません。
(変に覚えている数式を使おうとするからか?)
どこまでも「理数系」がダメダメな女王さまです。
まあ私の人生にそこまでひねくれた算数や数学やらは決して必要ないので別にいいんですけどね。
ただ、「小説のネタ」で妙な理系じみた知識があるあたりが自分でもわからないのです。何でなんやろ。(爆

ふく、3歳になっていた。

遅ればせながら
1月3日でふくさん3歳になりました❤

ふくさん3歳♪
ガチャガチャの「かわいい かわいい ねこひつじちゃん 親ひつじ(しろ)」着用

うちにきて間もないころのふくさん
こんなにちっちゃかったアンモニャイトも
今ではすっかり…(お察しください)

ちびふく 1
アホ毛(笑)でフワフワなふくさん❤

ベッドの上をちんまり占領
「このころからちょっと足短めだった?」とか思っても
それは口にしてはいけません
ふくさんの「カジカジ&ケリケリ」が飛んできます(笑)

ちびふく 2
なぜかこのころは後姿ばかり…

さらに1か月たつとちょっぴり成長して
顔つきもちょっとしっかりしてきました
丸顔と長いしっぽ(とやや短足)はこのころからですね
あと女王さまの手をカジカジするのも(ry

ちびふく 3
肉球はプニプニでピンクのままです

昨年は予防注射以外に獣医さんにかかることもなく
先日むらまさを連れて行ったときに副院長先生(きれいなおねえさん❤)から
「ふくじゅちゃんに会いたいけど会わない方がいいんですよね~」
などと言われて萌え死ぬかと思った女王さまです(爆

ふくうさぎ
同じくガチャガチャの「かわいいかわいいねこうさぎちゃん ホワイト」着用

ほどよくエアコンが効いたお部屋でまったり寝てばかりのふくさん
キャットタワー兼ケージの3段めが一番あったかいからでしょうね
少々ポーっとしてどんくさくてものんびりまったりマイペースで
いつまでも元気でいてくれたらそれで十分です

Happy Birthday ふくさん

寝る前に「モフモフさせてあげましゅよ」の許可がないと
いくらモフモフしてあげても催促して寝かせてくれないふくさん
トイレのあとは必ず「みゃあ」と鳴いて掃除を命じるふくさん
しばらくおいといた方が固まりもいいし臭いもとれるんですが
女王さまなのか下僕なのかよくわかりませんが
いつもボヤキをきいてくれたりするので
これからも日々癒されお仕えさせていただきますのでよしなに❤

月組公演「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」

昨日から急に冷え込みました(というかこれが普通?)
さらにはふくさん愛用のピュアクリスタル(循環式水飲み)が突然壊れ
近所のペットショップへ買いに行ってくじ引きを引いたら
2等?だとかで2000ポイント(2000円分)が当たり
ちょっと得をした気分になりました
むらまさも注射と絶食のおかげで元気になり
量控えめのフードに茹でささみをトッピングしてやってます
電化製品が突然壊れるのは勘弁してほしいけど
(ホントにうんもすんも言わなくなるんだよねww)
やはり何だかんだ言っても「日常」が一番でございます(笑)



さていつの間にかお正月恒例となった宝塚観劇
今年もにーちゃんと2日の11時公演に行ってきました
今回は月組で新トップ・珠城りょう(たまき りょう)のお披露目公演です
例の如くあらすじなどは公式HPへ丸投げっと→

ロビーの生け花
開場時にここでオケの人?数名が演奏してました

~ネタバレ避けてサクッとあくまで個人的感想~

「グランドホテル」は元々ブロードウェイミュージカルです
昨年夏に梅田芸術劇場で「CHICAGO」を観たときにも思ったのですが
ブロードウェイミュージカルとタカラヅカって全然違うんですよね
タカラヅカは舞台セットも豪華でせり上がりや場面転換もハッキリしていて
役者もセットも含めて「動」のイメージです
ですがブロードウェイの場合は舞台セットはいたってシンプルなので
役者はそこそこ「動」があるけどセットなどは「静」という感じですね
(セットは舞台上の柱?と両袖の梯子、椅子ぐらいじゃないかな)
この「グランドホテル」も「ホテル内」が舞台なので動きがほとんどありません
「派手なセットがあってこそが宝塚!」という方には少々物足りないかも…
黄色いモップを持った女性が登場する度「楽屋にあるダ○キンやん」と思ったアホは私ですww

月組公演プログラム表紙
公演プログラム表紙 Ⓒ宝塚歌劇団

レビューの「カルーセル輪舞曲(ロンド)」は一転して宝塚らしい仕上がりでした
私が観に行った2日にでっかいカメラが入っていましたが
3日にBSプレミアムで放送されたのはこの分だったのかな?
スカステよりNHKの方が画質がいいのはカメラの性能ゆえか?
構成はよかったんです、楽しかったんです
カルーセル(回転木馬)がセットで出てきて
「(宝塚)ファミリーランドの使いまわしやな」とか
「カルーセル麻紀っていたよね」とか思ってもいいんです(おい
ただね…
ミュージカルの方もそうだったんですけどね…
初日から2回めということを大きく差し引いてもね…

音程外しっぱなし

途中で声が途切れる

声がまったく出ていない!

という「トップお披露目公演」というのは如何なものか?!
トップはもちろん他の男役ソロなどがもうひどすぎました(あくまで個人の感想です)
娘役トップのちゃぴもかなり微妙…
コーラスは声も出てたしうまかったのになぁ~
一番上手だったのは娘役の影ソロかもしれない(笑)

入口でもらったポストカード
誰が誰だかわからない私はヅカファンと呼べるのか(笑)

お芝居もショーも演技やダンスはよかっただけに歌だけが非常に残念でした
前トップの龍 真咲(まさお)が観劇してましたよ
(みんなが騒いでたので隣の人にきいたらそうだった)
まさお、あの舞台の出来をどんな思いで観てたんだろう…

帰るときににーちゃんがぼそっと言った

「楽屋は風邪が流行ってんのか?」

このひと言で今回の公演の感想は〆たいと思います
ホント、あの歌だけは何とかしてください…(;・∀・)