食う寝るところ 住むところ

柴犬「むらまさ」&スコティッシュフォールド「ふくじゅ」と飼い主「女王さま」の気ままな日々徒然

華麗なる鞭さばき(笑) 

 

何とか首と肩の痛みもやわらいできた女王さまです
接骨院に一度行ってあとは日にち薬で何とかなるだけマシでしょうかね…

テレビを見ずにネットでニコ動やようつべを見ることが多い私ですが
UPされている昔の宝塚歌劇の中で個人的に好きなものがいろいろあります
(無料だけど会員登録しないとダメな)ニコ動にしかないので紹介しなかったのですが
つべで検索してみたら最近UPされたのがありました

2008年・花組・全国ツアー「エンター・ザ・レビュー」より「猛獣使い」
壮 一帆(そう かずほ:えりたん)×桜 一花(さくら いちか:いちか)



どこがどう女王さまの好みなのかはご覧いただければおわかr(ry
だって「猛獣使い」に扮したえりたんの鞭さばきが見事すぎて(違
あの長い鞭を使い慣れてるあたりプロの女王様も顔負けです(え?
いちかや他の子猫ちゃん(猛獣?)も可愛くて大好きなシーンなのですが
これをニコ動で見て「えりたんってドS…♥」とファンになったのはナイショです
あの子猫ちゃんの「ハイレグ&網タイツ&ねこ耳&しっぽ」の衣装を私が着ると
「垂れ尻・はみ尻・ボンレスハム」で見苦しいだけですなww
どうせなら「猛獣使い」で子猫ちゃんのかわりに…いや何でもない

でも私は「エンター・ザ・レビュー」をリアルタイムで見たことがなくて
スカイステージで「2005年・宝塚大劇場Ver.」を見たぐらいかな
そのときの「猛獣使い」は樹里咲穂(じゅりさきほ:じゅりぴょん)×遠野あすかでした
何度も再演されてまして

初 代(2005年・宝塚/東宝):樹里咲穂×遠野あすか
2代目(2005年・博多座)  :桐生園加(きりゅうそのか)×鈴懸三由岐(すずかけみゆき)
3代目(2006年・全国ツアー):彩吹真央(あやぶきまお)×桜 一花
4代目(2008年・全国ツアー):壮 一帆×桜 一花

のメンバーになっているようです
全国ツアーはアドリブでご当地ネタとかが入ってるのが面白いですww

たぶん鞭は他の公演でも使われていると思うんですよ
昨年12月に宝塚観に行ったとき併設のミュージアムに展示されていた
月組公演「1789」で使われた小道具の「鞭」はかなりの長さがありました
黒い皮?を三つ編みっぽく編み込んだ結構本格的なものでしたよ
何でそんな細かいとこに目が行くのか自分でもわからん

さらにどうでもいい知識なんですが…
長さのある鞭は扱いが非常に難しくなります
その中でも「1本鞭」を使いこなせる人は長さや重さもあって「上級者」と言われます
ライオンですら痛がって怖がるそうです
きいた話によると(誰からやねん)
1本鞭を振りかぶろうとするだけで(鞭で身体を後ろに持って行かれるので)
バランスを崩して女王様自身が後ろに倒れてしまうぐらいなんだとか
だから初心者は「バラ鞭」とか短い鞭かr(ry

何か話がアレな方向に向かいそうなのでビール飲んできます
飲んだら追加で書かない(と思う)のでご安心を♪
スポンサーサイト
-- Read More --

category: 懐かしヅカ動画

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top