12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
実家に居候中の身でありながら「無理せずボチボチと」がモットーの超マイペース人間。

宝塚歌劇が好きでちょこちょこ観に行ってます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

過去記事への拍手やコメントも大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです♪

うちのわんにゃん


★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 8歳
2009年11月16日うまれ
気ままで頑固、ドジでグータラ、ヘタレでビビリなツンデレ柴。
おいしいものを食べて静かにまったり寝れたらご機嫌さん。
好きなもの:お肉、おやつ(固いものは苦手)、安納芋ときれいなおねえさん
嫌いなもの:大きな音(雨風・雷・花火)と大きなもの、溝のアミアミ、吠える犬と獣医さん
永遠の課題:ダイエット



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂ 4歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中。
猫とは思えないほどどんくさい、おっとりマイペースな甘えたさん。
ときどき「かぶりもの」をさせられるが満更でもない様子。
特技:変顔
好きなもの:シーバのカリカリ
嫌いなもの:コロコロ

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。年齢なんて何のその、とにかくパワフルで好奇心旺盛、ひたすら我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。もはや部屋の片づけとダイエットが永遠の課題になっている。ふくのことが大好き。いまだにいったい何の仕事をしているのかよくわからない。
◆にーちゃん
次兄。運転手兼むらまさの添い寝係。むらまさに甘々なので母ちゃんや女王さまによく怒られる。自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会

ブルむら

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

華麗なる鞭さばき(笑)

何とか首と肩の痛みもやわらいできた女王さまです
接骨院に一度行ってあとは日にち薬で何とかなるだけマシでしょうかね…

テレビを見ずにネットでニコ動やようつべを見ることが多い私ですが
UPされている昔の宝塚歌劇の中で個人的に好きなものがいろいろあります
(無料だけど会員登録しないとダメな)ニコ動にしかないので紹介しなかったのですが
つべで検索してみたら最近UPされたのがありました

2008年・花組・全国ツアー「エンター・ザ・レビュー」より「猛獣使い」
壮 一帆(そう かずほ:えりたん)×桜 一花(さくら いちか:いちか)



どこがどう女王さまの好みなのかはご覧いただければおわかr(ry
だって「猛獣使い」に扮したえりたんの鞭さばきが見事すぎて(違
あの長い鞭を使い慣れてるあたりプロの女王様も顔負けです(え?
いちかや他の子猫ちゃん(猛獣?)も可愛くて大好きなシーンなのですが
これをニコ動で見て「えりたんってドS…♥」とファンになったのはナイショです
あの子猫ちゃんの「ハイレグ&網タイツ&ねこ耳&しっぽ」の衣装を私が着ると
「垂れ尻・はみ尻・ボンレスハム」で見苦しいだけですなww
どうせなら「猛獣使い」で子猫ちゃんのかわりに…いや何でもない

でも私は「エンター・ザ・レビュー」をリアルタイムで見たことがなくて
スカイステージで「2005年・宝塚大劇場Ver.」を見たぐらいかな
そのときの「猛獣使い」は樹里咲穂(じゅりさきほ:じゅりぴょん)×遠野あすかでした
何度も再演されてまして

初 代(2005年・宝塚/東宝):樹里咲穂×遠野あすか
2代目(2005年・博多座)  :桐生園加(きりゅうそのか)×鈴懸三由岐(すずかけみゆき)
3代目(2006年・全国ツアー):彩吹真央(あやぶきまお)×桜 一花
4代目(2008年・全国ツアー):壮 一帆×桜 一花

のメンバーになっているようです
全国ツアーはアドリブでご当地ネタとかが入ってるのが面白いですww

たぶん鞭は他の公演でも使われていると思うんですよ
昨年12月に宝塚観に行ったとき併設のミュージアムに展示されていた
月組公演「1789」で使われた小道具の「鞭」はかなりの長さがありました
黒い皮?を三つ編みっぽく編み込んだ結構本格的なものでしたよ
何でそんな細かいとこに目が行くのか自分でもわからん

さらにどうでもいい知識なんですが…
長さのある鞭は扱いが非常に難しくなります
その中でも「1本鞭」を使いこなせる人は長さや重さもあって「上級者」と言われます
ライオンですら痛がって怖がるそうです
きいた話によると(誰からやねん)
1本鞭を振りかぶろうとするだけで(鞭で身体を後ろに持って行かれるので)
バランスを崩して女王様自身が後ろに倒れてしまうぐらいなんだとか
だから初心者は「バラ鞭」とか短い鞭かr(ry

何か話がアレな方向に向かいそうなのでビール飲んできます
飲んだら追加で書かない(と思う)のでご安心を♪
スポンサーサイト

続きを読む >>

ビア・テイスティングセット

おひさしぶりです
何となくネタも書く気もなくて放置してました(^▽^;)
一気に寒くなって体調がおかしくなったのもあるんですが
それが少しマシになってきたなと思ったら
今度はまた右肩~左首筋~左肩が痛くてたまらない…(´;ω;`)
湿布貼っても痛みがおさまらないので接骨院へ行きました
電気当ててマッサージしてもらったらそのときだけは楽になったけど
まだ首に痛みが残って動きがぎこちないです
去年も同じように痛んだしやっぱり年ですな…(遠い目



昨年、サントリーに応募していたらしい全員プレゼントが届きました
プレミアムモルツについていたシールを集めて送ったのですが
わが家はビールをほぼ毎日のように消費しているので
箱買いして2か月少々で貯めたと思います
最低でも1日2本は飲んでる…

プレミアムモルツとなぜかワイングラス
「84点コース」でビール2本とワイングラス2個

母ちゃんに見せたら
「こんなんビール足らへんやん」
と至極ごもっともな意見を言われました┐(´∀`)┌ヤレヤレ
「ワイングラスにビールを半分ほど入れて香りを楽しむ」
というメーカーのコンセプトも飲兵衛にはどうでもよいのです(爆
とりあえず箱ごと自室のスチールラックに収納しておきました
飲み終えたこのグラスはどこにおいとけと(-_-;)

女王さまに指導を入れるふくさん
適量は守ってるつもりですよ by女王さま

むぅさんの「おやつタイム」が人間の「ビールタイム」にかわりはありません
ただこのときにウィスキーや日本酒、ワインなどを飲んでしまうと
晩ごはんのときに「やっぱりビール飲もか」ということになり
結果的に若干ですが飲酒量が増えるわけですね
女王さまの背中や顔のニキビ吹き出物がなかなか治らないのは
この冬の乾燥と(わが家には珍しく)油ものが続いたからであって
飲酒が肝臓だか膵臓だかに負担をかけているからではないと思います
アル中ではない(まだ手は震えてない)けど一度健康診断受けるべきか?

センター試験「国語」の暴走

16、17日とセンター試験でしたね。
受験生の皆さん、お疲れさまでした。
私はいつものように1日遅れで新聞に掲載されていた問題を見ていました。

母ちゃん「それ(=センター試験の問題)わかる?」
女王さま「今見てるとこ(浪人して頑張って勉強してセンター受けてたら人生変わってたかなー)」
母ちゃん「何でそんな小さい字なん?全然読まれへんわ」
女王さま「これ問題の縮刷やで(そっちかい!)」


母ちゃんは問題文そのものが(老眼で)読めなかったようです。
ちなみに私も近眼用メガネを外して新聞を離さないと見えなかったけどね(笑)

1日目の文系:
試しに「国語」を解いてみました。
現代文(評論・小説)はまあまあ何とか(評論の注釈に変な笑いがww)
古文は流し読み(意味はざっくりと何となく)
漢文はさらっと(昔から漢文と中国史は苦手^^;)
英語は…そういえば昔はアメリカ留学とか、外国で働きたいとかそういう夢持ってたなー(遠い目)
大人になってからよく誤解されるんだけどテロリストや傭兵になるとかじゃないですよ
その他の科目はざっと文字を追うので精いっぱいでした。
というか国語の文章読むだけで目が限界…老眼はツライよ。

2日目の理系:
「文字の認識ができませんでした」
「女王さまの脳みそは動作を停止しました」

かろうじて問題が読めたもの→生物基礎(のごく一部)
今更ながらホンマに理系はアカンなと再認識しました( ̄д ̄;)ヤレヤレ

で、今回の国語の「評論文」なんですが…
リカちゃん人形にポストペット、二次創作、やおい、メイドカフェなどが出てきてました。
しかも注釈までついてんの。
「注釈なんてなくても全部わかるよー」の女王さまですけどね。うん。
そんな自分を小一時間ほど問い詰めたいよ。
多方面で話題?になってたようで、こんな感じでまとめられてました。→こちら
リカちゃんのツイッター(公式アカウント)があらぬとばっちりを受けて気の毒です…(;´∀`)

★問題文注釈の一例
「やおい」などの二次創作:
既存の作品を原作として派生的な物語を作り出すものを「二次創作」と呼ぶ。
原作における男性同士の絆に注目し、その関係性を読みかえたり置きかえたりしたものなどを「やおい」と呼ぶことがある。

男性同士の…絆…?
その関係性を読みかえたり置きかえたり…??
実際は男性キャラ同士を「アーッ!」な関係にする(させる)ことなのだがなぜそこに触れないのだ?!

「やおい」って、そもそもは「ほとんどが直接的な性描写のみによって構成されることから、まなし、ちなし、みなし」とされるんだけどね。
今でいうところの「BL」との違いがイマイチよくわからん。
それがセンター試験の問題の注釈になると、そういう淫らな内容が一切排除されてそりゃもうまあビックリ「え?こんな書き方できるの?」になるあたりがさすがですww(違

メイドカフェって「給仕などのサービスを行う喫茶空間」らしいけど、「給仕など」には、横に座ってくれるとか、おさわりOKとか、リフレとか、逆4の字固めしてくれるとかは含まれないんですかってあれはまた違う空間か(この頭何とかならんかね)
あと(私はやってなかったけど)「ポストペット」に懐かしさを感じ、「リカちゃん人形」が「少女の姿形をモチーフにした着せ替え人形」だということを改めて知った。(爆
女王さまって人形遊びしなかった女の子だったのでリカちゃん人形持ってなかったのよ。(笑)

とまあ外野はいろいろ妄想が捗って楽しめたセンター国語でしたが、当の受験生はどうだったのでしょうか。
こんな注釈がつくのも時代の流れなのかなぁ…と思うと、昭和生まれの腐ったオタク(今は脱却しているがたまにとんでもないところで妄想スイッチが入る)にはしみじみと感じるものがあるのでした。(違



どうでもいいことなんですが…
東京で積雪(大雪)があると、全国ネットのワイドショーやニュースで延々と垂れ流す大騒ぎをするのはいい加減やめてもらえませんか。
毎年「雪に対する備えが必要だ」とか言いつつ同じこと繰り返してますよね?
雪になれてない人間は「雪が降る」とわかっている日にわざわざ車を出すな!
ノーマルタイヤで走るな!運転するな!どうしても走るならチェーンぐらい用意しろ!
自転車で走るな!傘さして片手をポケットに入れて歩くな!
…滅多に雪の積もらない関西(人)ですらこう思うんですが間違ってますか(*`皿´*)ノ

ふく、2歳になっていた。

今日9日から11日まで関西地方では「えべっさん」です
「商売繁盛」なので東京でいう「酉の市」といったところでしょうか
何ともあったかい「えべっさん」ですが…( ̄д ̄;)コンナノアリ?



さてはて遅ればせながら
1月3日でふくさん2歳になりました♪
あいかわらずのタイミングでごめんよふくさん<(_ _)>

変顔ふくさん 1
気がつけば女王さまのベッドを占拠しています

1月3日にはちゃんと「ねこ缶」でお祝いしました
ただブログに載せるのが更新の関係上遅れてしまうだけなんです
誕生日がクリスマスやお正月に近い人だと
誕生日ケーキがクリスマスケーキになったり
誕生日プレゼントがクリスマスプレゼントや
お年玉といっしょくたになるようなものです

変顔ふくさん 2
がっつきすぎてそのねこ缶を盛大に吐いたふくさん

寝る前の「もふもふしよっか~」の言葉で女王さまのベッドにあがり
もふり足りないとケージの中から「もっと~!」と催促するふくさん
朝に女王さまが二度寝しようとすると
「もふもふさせてあげましゅよ」とあざとく誘ってくるふくさん
別にいいんですよいくらでもモフモフさせていただきますよ
ただ女王さまにも都合というか…あ、そんなことは関係なしですかそうですか(笑)

変顔ふくさん 3
寝顔を撮ろうとするとこんなお顔

ただスマホを向けるとなしてそんな変顔になるですか
もう少し可愛いお顔をしてください
そりゃ「変顔王子」での称号をいただいてますから
アンモニャイトはもちろん変顔もとーっても可愛いんですけどね(親バカ)

これからもよろしく
何だかんだいっても実は丸顔のふくさんである

トトロ兄の抱っこが大好きで
すぐにしっぽを引っ張りたがるにーちゃんにも甘えて
母ちゃんに「ふく!」と呼ばれるとちゃんとしっぽでお返事できて
ヘタレむらまさにも絶対に「シャー!」しないふくさん
気ままで甘えたでどんくさいけど女王さまはいっぱい癒されてます
これからもずーっと元気で一緒に暮らそうね(^^♪
できればう○ち前にやたらハイになって
ケージの中~部屋中をドタバタ走り回るのはやめてくださる方向でよろしくです(^▽^;)


宙組公演「Shakespeare/HOT EYES!!」

去年からお正月2日に観に行くようになった宝塚歌劇ですが
珍しくチケットぴあでチケットがとれてるだけなんだけど
今年は宙組公演で幕開けです
朝夏まなと(あさかまなと:まぁ様)&実咲凜音(みさきれおん:みりおん)で
お芝居が「Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~」
ショーが「HOT EYES!!」でした
宙組創設のころ(ずんこさん、たかこさん、女帝(笑))は大好きで
チケット難の中も友人がうまくチケットをとってくれて観に行ってたのですが
いつのころからかあまりトップに魅力を感じなくなって疎遠になってました
今回も「正月公演がシェイクスピア?何か地味やなー」と
あまり期待していなかったんです(率直な感想です)が
それが意外にもおもしろくて何よりも
トップコンビの歌が安心して聴けた!(爆
今の宝塚ではこれはとーっても重要かつ貴重なんです!!(笑)

あらすじなどはいつものように公式HPに丸投げ→こちら

お正月の宝塚大劇場
ロビーのお正月花と鏡餅(関西は昆布と干し柿と橙です)

ざっくり感想~あくまでさらりと個人的に~

「シェイクスピア没後400年」ということで
シェイクスピア自身を主人公としたオリジナル作品です
どうでもいいけど宝塚って「何周年」的なネタが好きだよね
「劇中劇」の形もとりつつ展開していくので
元ネタがわかっているとおもしろいかな?
(これから観劇予定の方は)パンフなどでざっくり予習しておくと
より深く楽しんでいただけると思います♪
私はシェイクスピアは食わず嫌いもあってよく知らないので
パンフの解説を読んでも「ふーん」と思ったぐらいです^^;

「ロミオとジュリエット」、「夏の夜の夢」、「ハムレット」
「ジュリアス・シーザー」、「マクベス」、「リチャード二世」、「冬物語」
この7つの作品(順番違うかも)が「劇中劇」に登場します
「女王さまわかってるやん」と思われた方、もちろんカンペ(パンフ)見て書いてますわよww
「自分の書きたいことを書く」というスタンスだったシェイクスピアが
人気の劇作家となり当時のエリザベス1世からも功績を認められるようになります
それと同時に貴族たちの思惑にも翻弄されはじめ
「民衆にウケる作品を書く」ようにならざるを得なくなるあたりは
現代の売れっ子作家にも共通するかもしれませんね
ラストは元ネタがわかっていれば「なるほど」と納得できるかと思います♪
まぁ様とみりおんの安定した歌と演技、ダンスは終始安心できたし
美穂姐さんのエリザベス1世はさすがの貫禄でした
衣装のカラーが気に入ってふくさんに作ってやりたくなったww
2番手・真風のジョージ(シェイクスピアのパトロン役)もよかったのですが
お歌がビミョーなのは仕方ないんですかねぇ(あくまで個人的感想です)
次作のエリザが不安になるんですけど

宙組公演チラシ
(C)宝塚歌劇団 チラシのスキャンです

ショーは全場「大階段」を使って「瞳」をイメージした構成です
大階段がとりどりの照明と少しのベニヤ板セットに彩られて
「こんな使い方もできるのね」とビックリため息モノでした(笑)
こういうところが他の舞台では絶対に観られない宝塚ならではの醍醐味!
「黒い瞳」のタンゴアレンジもカッコよかったし
ジゴロに扮したまぁ様と真風のダンスで「ちょwww」な場面に苦笑したあとは
(宝塚はときどき「これって薔薇?百合?」ってシーンが出てくるww)
中詰めの80年代洋楽&邦楽がまあ懐かしいこと!リアルタイムなもんで(;´∀`)
「君の瞳に恋してる」や「Eye of the Tiger」(「ロッキー3」の主題歌)
「め組のひと」、「キッスは目にして」、「天使のウィンク」などなど
客席も手拍子でコンサート会場のようなノリでしたよ
「天使のウィンク」は聖子ちゃんよりうまかったような気がする
まぁ様のショパン「ノクターン(遺作)」でのダンスソロにうっとりしてたら
フィナーレに氷川きよしの「満天の瞳(ほし)」があったりとか
ショーはとにかく楽しかったです!!
真風のソロはもうちょい頑張ってくれ~!

ポストカード2016年Ver.
入口でもらった今年のポストカード

昨年あたりから宝塚も演目が充実してきているような気がします
今年は「るろうに剣心(雪組)」や「エリザベート(宙組)」など
話題作もあるので楽しみです( *´艸`)

続きを読む >>