2015. 11. 29  
数日前にガラケーからスマホに買いかえました
同じスマホでもドコモだと料金がやたら高くつくので
(もともと携帯から電話をかけないのでかけ放題とかいらない)
解約手数料などが全額キャッシュバックされるということで
にーちゃんと母ちゃんが入っているソフトバンクに実質0円で乗りかえです
iphone6sにしようか迷ったのですが
「今ならキャンペーン中ですよ」ということでXperia Z5にしました
MNPでいちいち解約理由をきくことに何の意味があるんですかね

こたつから出てきて
身体半分もぐっていたこたつから出てきました

3年ほど前にスマホ(富士通のArrows)を使っていましたが
これがまたやたら重たいし使い勝手も悪くて途中でガラケーに戻したんです
お店の人にきいてみるとあのモデルは評判最悪だったようですね
別にガラケーで何ら不便はないのですがカメラにちょっと不満があって
「デジカメ買いかえるぐらいならスマホにしようかな」と思い切りました
「今のスマホはとても便利で使いやすくなってますよ」とのことですが
実際にあれだけの機能を使いこなせてる人はどれだけいるんでしょうか
使いこなせない自信200%以上だよーんww

あんもにゃいとになって
アンモニャイトが頻繁に見かけられるようになると寒さも本番です

基本設定はお店のおねーさんに丸投げ(^^♪
操作性は以前より格段にいいけどまだまだ使い方がよくわかっていなくて
「メアド変更」のメールを送るのも四苦八苦でした(笑)
カメラも初期設定のままふくさんでテストしています
楽天のポイントが貯まっていたので手帳型の猫柄カバーを買ってみたり
意外とアクセサリー類では楽しめそうです
カバーつけるとメールや着信がわからないことに気づいたww

カメラをにらむふくさん。
だからなしてそんなお顔をするの

メインはむぅさん散歩のときの歩数計がわりと
ふくさんやむぅさんの写真を撮るぐらいかなぁ
スマホ持ってる友人が非常に少ないのでラインもできないのですが
それ以前に女王さま自身がラインの使い方がわかりません
メールで事足りる女王さまの交友関係ww

いったい何のために買いかえたんでしょうか

わからないことがあればネットからマニュアルを見ればいいし
お店に持ち込んできいたって構わないし(結構そういう人は多いようです)
まずはカメラメインでゆる~く慣れていこうと思ってます
あの使いづらかったスマホも下取りしてもらえるのはありがたいです(´▽`*)
スポンサーサイト
2015. 11. 24  
3連休初日(そうじゃなかった方ごめんなさい)の21日に
友人が「宝塚市民貸切公演」に当選したということで
今年最後の見納めの宝塚歌劇を観に行ってきました
ホンマに今年はよく観たなぁ…
2階B席15列目やや右よりの席でしたが全体が見渡せたし
何より通常3500円のところを1500円で観れたのはよかったです♪

月組公演(龍真咲:まさお&愛希れいか:ちゃぴのトップコンビ)で
お芝居が「舞音-MANON-」、ショーが「GOLDEN JAZZ」
あらすじなどは例の如く公式HPに丸投げしますね→こちら
普通は11時開演なのですがそこは「市民貸切公演」なので10時45分開演です
冒頭にどこにでも顔を出すオバチャン市長のどうでもよい挨拶がありました
(舞台袖にはけるときにドタドタとみっともなく走るでない!ww)
その後の月組組長の飛鳥裕さんのご挨拶だけでよかったんじゃないか(笑)

市民貸切公演チラシ
こんなチラシをもらいましたww

~あくまで個人の感想をさらっと書き流しますね~

お芝居の「舞音」は「マノン・レスコー」をベースにしたものです
ずーっと昔にバレエの「マノン」を観に行ったことはありますが
原作をまったく知らないまま観ているので的外れだったらごめんなさい
でもひと言でいうなら退屈でした
主人公・シャルルとマノンの恋愛が主軸だとは思うんですが
そのシャルルの「内面(もうひとりのシャルル)」が登場するもんだから
頭の中が混乱すること多々あり…(これは私の認識不足もあると思う)
さらには前作「1789」で強烈なドSキャラを演じた
美弥るりかさん(もうひとりのシャルル役)があまりにもったいない!!
いくつかのエピソードを持ってきてそれらを伏線にするという手法はわかります
物書きの王道なので私もよく使います←んなこたぁどうでもよいww
でもその個々のエピソードが唐突に出てくるような気がして
「セリフのひと言でいいからそれとなくにおわせてくれればいいのになぁ~」とか
全体的に盛り上がりがあるようなないような中途半端さに退屈と感じたんでしょうね
反政府運動はインドシナの歴史から何となくわかるんですが
そこからいきなり「収容所の囚われている革命家」の存在が出てきて
「その人物を救出する」流れになるくだりで私はもう置いてけぼりです
よい意味で「そうきたか!」ではなく悪い意味で「何でそうなんの…(´・ω・`)」でした
ちなみに今回の舞台装置には布がたくさん使われています
シンプルだけどとってもきれいでそこはよかったですね
衣装もベトナムのアオザイが本当に美しくて素敵でした
アオザイってスタイルよくないと着こなせないですね

「芝居がイマイチならショーで取り返せ!」と思っていたら
このショーが期待通りノリノリですごく楽しかったです(笑)
実はお芝居の開演前に何度もアナウンスがあって
「タンバリンをお持ちのお客様は1部では鳴ることのないようにご注意ください」
「ショーではお客様とご一緒に盛り上がるシーンがございます
その際も立ちあがったりなさらず着席のままでお願いいたします」
などなど「何のこっちゃ?」と思ってきいていたのですが
ショーが始まって意味がわかりましたww
とにかく舞台も客席もタンバリン叩いてノリノリ!
「カラオケか!」というツッコミはなしの方向で(笑)
さすがに「市民」の貸切公演だったので立ちあがったりする人はいなかったようですが
2階席でも「マイタンバリン持参」の方はいらっしゃいました
ショーの随所で手拍子のかわりにタンバリン叩く人もいたんですけど
タンバリンの音って意外に目立つんですよ
リズムにあってないとなるとさらに目立つ目立つ…素直に手拍子にしとけ(笑)
プロローグでは客席降りもありました(いつもあるのかな?)
私にも聞き覚えのあるジャズの名曲が多く
中詰め?の「Sing Sing Sing」が とにかくゴージャスで最高!
珍しくオケがうまかったというのもあr(ry
パレードのシャンシャンにもご注目あれ♪(あれはありなんだろうか?)
最後にまさおの舞台挨拶がありました
「これからも、特に月組を、よろしくお願いいたします」には笑ったww
ちなみに抽選で「まさおの直筆サイン色紙」か
「武田尾(たけだお)温泉の宿泊券」が当たるそうです
どういうセレクトだよこれ!(笑)
武田尾温泉:宝塚の外れにあるひなびた小さな温泉で、武庫川が増水すると真っ先に避難の対象になる

ざっとこんな感じでしょうか
私は辛口気味になってしまいましたが観る人によって違いはあると思います
まだはじまったばかりですのでもしかするとちょっと手が加えられるかもしれません
観劇予定の方は「あなただけの楽しみ方」を見つけて楽しんできてくださいませ
自宅にタンバリンのある方はぜひお持ちくださいね(^^♪

…で、パレードの銀橋でのまさおを見て思ったんですけど
背負った羽根に「ナイアガラ」がついてるんですが
そのナイアガラがオケの人(指揮者?)に当たってるような気がしたんですよ
まさおに限らず羽根のデザインやボリュームによっては
毎回ナイアガラで頭を撫でられてるかもしれない…
そう思うとオペラグラスを持つ手が妙に震えます…( ̄д ̄;)アホカ!
2015. 11. 16  
連投申し訳ない。
まとめサイト見てたらおもしろいものを見つけました。
ニッポンの外務省…何やってるんですか。
ちなみにこんなの(まとめサイトに載っていたURLから内容をコピペ)

引用ここから ---> 

非常勤職員の募集(専門分析員(アル・カーイダ,ISIL,中東,アフリカ,東南アジア等のテロ情勢))
平成27年11月13日

 外務省国際情報統括官組織では,外部有識者の知見の積極的な活用及びネットワークの拡大を通じた情報・分析機能の強化・拡充の観点から,国際情勢や国際問題等に精通する外務省外の専門家を「専門分析員」として採用し,各種専門分野に関する調査業務に従事していただく制度があります。
 今回は,「アル・カーイダ,ISIL,中東,アフリカ,東南アジア等のテロ情勢」に関する調査業務を担当する専門家を募集します。募集に当たっての詳細は下記のとおりです。御関心のある方の御応募をお待ちしております。

1 応募資格
 以下(1)~(4)のすべてにあてはまる方
(1)アル・カーイダ,ISIL,中東,アフリカ,東南アジア等のテロ情勢についての専門的知識・経験をお持ちの方
(2)国内外の大学研究機関へのアクセスがあり,外国語による調査業務が可能(英語の読解力は必須。加えて,その他の言語力(特にアラビア語,仏語,インドネシア語等)もあればなお望ましい。)で,大学院レベル以上(在学中も含む)の方
(3)週3日,東京都内(千代田区霞が関)に通勤可能な地域にお住まいの方
(4)日本国籍を有し,かつ外国籍を有しない方
 ただし,次のいずれかに該当する方は,今回の募集に応募できません。
(ア)成年被後見人,被保佐人。
(イ)禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者。
(ウ)一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者。
(エ)日本国憲法施行の日以後において,日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し,またはこれに加入した者。

2 募集人数
 1名

3 契約期間
(1)採用日(平成28年1月4日(予定))から平成28年3月31日までとし,期間満了後は双方の合意により更新する。(契約開始日については柔軟に対応可能。)
(2)最長2年

4 採用形態
 非常勤の国家公務員として採用

5 待遇
(1)基本給
 職歴や研究実績を含む経歴等を勘案の上,日額単価を決定し,出勤日数に応じて支給。
(2)交通費
 規定により支給。
(3)健康保険・厚生年金保険加入しない。(加入基準に満たないため。)
(4)雇用保険
 週3日以上勤務し,1年以上勤務できる者を対象とする。
 ただし,学生の場合は加入不可。

6 業務内容
 専門分野に関する調査及び各種調書・分析ペーパーの作成。

7 勤務条件
(1)勤務日 :週3日(祝祭日,土・日曜日を除く。勤務日(曜日)は相談の上決定。)
(2)勤務時間:原則として9時30分から18時15分まで。(昼休み12時30分から13時30分の計7時間45分/日。)

8 採用方法
 書類選考の上,小論文(数ページ程度)及び面接。(小論文のテーマ及び面接の日時は,後日対象者に連絡します。)

9 応募方法
 下記のとおり,申込期限までに必要書類(下記10(1))を郵送してください。
(1)申込期限:12月11日(金曜日)必着
(2)郵送先 :〒100-8919
       東京都千代田区霞が関2-2-1
       外務省国際情報統括官組織第二国際情報官室
      (注)封筒に「専門分析員公募(アル・カーイダ,ISIL,中東,アフリカ,東南アジア等のテロ情勢)」と朱書きしてください。

10 応募に必要な書類
(1)上記申込期限までに郵送
(ア)履歴書(写真付) 1通
(イ)応募分野におけるこれまでの研究歴,具体的研究テーマ等をまとめた文書(A4版1頁以内) 1部
(ウ)応募者本人著作による過去の関係学術論文 1部
(エ)推薦状 1部
(2)面接対象者のみ当日に持参するもの
(ア)最終学歴卒業(修了)証明書・在学証明書 1通
(イ)戸籍謄本(戸籍全部事項証明書):発行から3か月以内のもの 1通
(3)備考
(ア)応募書類はお返ししませんので,予め御了承ください。
(イ)本件において知り得た個人情報は,第三者に開示・提供することはありません。

11 問い合わせ先
 外務省国際情報統括官組織 第二国際情報官室 (担当:xx)
 TEL:03-5501-8000(代表) (内線xxxx)


<--- 引用ここまで

ツッコミどころが多すぎてどこから突っ込んだらいいのかわからない(笑)

「テロ情勢についての知識」はわかるんだ。
地域や組織などについても現在のホットゾーンだからわかる。
でも「経験」って何?調査・分析の経験ってこと?
それとも実戦経験ってこと?
(素直に読めば前者ですよねww)
何より封筒の表の朱書を書くのにかなりの勇気がいると思ふ(違

個人的にはね、関心はあるよ(物書きのネタレベルで)
古い知識でよければ多少は持ってるよ(物書きの参考資料レベルで)
かねてからよく私自身が「あんたはテロリストか!」とか言われてたよ?(上記の理由から)

仕事として給与が発生すれば「専門家」。
知識と趣味の範囲内ならただの「オタク」。
…「有識者」っていったい何なんだろう…?(笑)

外務省HPの当該ページはこちら→
「スパイ(情報部員)」ではなく「アナライザー(情報分析官)」の募集のようですね。

パリの同時多発テロのようなことが起きたらこの日本はどうなるんだろうと、別の意味で不安になります。
だって警察(機動隊?)の「テロ対策訓練」で「カレーライスののぼり」で応戦する「テロリスト」を制圧しようとするような国ですよ?
見たときに何のコントかと思ったよ┐(´∀`)┌ヤレヤレ
2015. 11. 16  
とーってもおひさしぶりです。むらまさです。
ぼくも今日で6歳になりました。
「むぅさんしばらく見ないうちにお顔が白くなったね」はいいけど
「まるくなったね」とか「ふくらんだね」とか言うのはやめてください。
ただでさえ女王さまが「むらまさデカイ!痩せれ!!」ってうるさいんです。

6歳のむぅさん 1
8月末の撮影。今も変わらずまるまるころころなむらまさであるww

女王さまが先に(2日前だけど)年をとったので
昨日は女王さまとぼくのお誕生日祝いということですき焼きでした。
ぼくは晩ごはんにすき焼きのお肉をたっぷり混ぜてもらいましたよ。
夜食はにーちゃんが買ってくれたケーキ1/3にヨーグルト添えでした。
今朝も昨夜のお肉たっぷり&フード控えめで完食&ご機嫌のぼくです♪

6歳のむぅさん 2
いつもフード控えめなのにまったく痩せない柴犬であるww

最近は獣医さんの指導もあって大好きなお肉のトッピングもなくなってたんです。
もともとごはんを残しがちで朝から女王さまに怒られてるんだけど
焼いたお肉のトッピングがあるなら今日みたいにちゃんと完食しますよ?
なのでこれからも焼肉のトッピングを検討してもらえませんか。
あと2種類のフードを混ぜるのはいいんですけど
大小あると食べづらいので粒の大きさはどちらかに揃えてください。

調子こいてんじゃねえむらまさヽ(`ω´*)ノ彡☆

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

早いもので気がつけばむらまさも6歳です。
今のところ病気やケガもなく元気でいてくれてますが
年々ビビリでヘタレになっているのはいかがなものか…(笑)
食べる量も少ないけど運動量も比例して減っているので
「1.5kg減量」は永遠の課題になりそうな予感です。
女王さまの気まぐれや忘れたころにブログネタで登場すると思いますので
これからも気ままでグータラ、ツンデレなむらまさをどうぞよろしくお願いします♪
関西のすき焼きは先に肉を焼くのでそれをむらまさに少々取り分けてやりましたww
やはり適度な脂身があるのがおいしいようです。
…いつかしばかれるぞむらまさ。(笑)

2015. 11. 04  
私が中学生だったころは1学年11クラスで1クラス40人ほどだった。
校舎が足りなくてプレハブの仮設校舎が松の木の合間の「こんなとこに建てるんか」という場所に建っていた時代だ。
たしか中学2年のときに修学旅行に行って、私のときは九州だった。
行きは神戸港?から別府までフェリー、帰りはたぶん博多から新幹線だったと思う。
九州のどの辺を回ったかは覚えていない。
やまなみハイウェイで車酔いしてしまい、バスの中をゲロのにおいが充満してさらに気分悪くなって最悪だったとか、長崎の原爆記念館??だかに行ったような気もする。
行きのフェリーの部屋割が、女子はちゃんとした部屋(8人部屋?)だったにもかかわらず、男子は船底で雑魚寝だったとか。
クラスの女子が男子を交えて「ハンカチ落とし」をやろうと計画し、途中でハンカチを女子のショーツに変えて男子の反応を見ようとか、今思えば実にほのぼのとしたことを考えていたものだ。
実際にやったかどうかは知らない。
ただ、別府航路の船旅は瀬戸内海を通るためまったく揺れず快適だったのでまた乗船したいと思ったのだけど、30年以上たった今も叶っていない。
世界遺産になった長崎の端島(軍艦島)に行きたいんだけどね。
長崎に住むイトコにも会いたいし。でもいつになったら行けるんだろか。

修学旅行の後、長崎へはハタチそこそこのころに、このブログにもよく出てくる中学時代の友人のひとり(Aとする)と一緒に行って母ちゃんの2番目の弟宅へ泊めてもらったけど(この叔父はふぐもさばける調理師なんだが…)、帰りの飛行機が台風接近の影響で少し揺れたんだよね。
台風が日本に近づいてきて風が少し強くなってきているというレベルで、飛行機が飛ぶにはまったく差支えない。
が、Aは飛行機が初めてだったこともあり、隣でもうそれはキャーキャーと今にも墜落するとばかりにうるさいうるさい。
「女王さま、揺れてるよ~!」(台風の余波で気流が悪いから揺れるってアナウンスあったやん)
「ねえ、落ちない?落ちないよね?」(この程度の揺れで落ちるかアホ)
そんな私は飛行機に乗るのは2回め(初めて乗ったのが高校の修学旅行での千歳-大阪便)だったが、横でこれだけキャーキャーと騒がれると逆に冷静になって呆れてため息つくしかなかった。
昔からひねくれた性格の持ち主だったのねってほっといて頂戴。

さて、中学の修学旅行の話に戻そう。
体育館で学年全員が集まって、先生のどうでもいいありがたーい話などを聞かされたり、長崎の原爆関連の映画?を見させられたりといろいろあったのだけど、そんなあるときに先生が言った。
ちなみに男の先生だ。

「女子の下着の検査をします」

・・・・・・(。´・ω・)ハイ???
騒然とする体育館内。まして男性教師が、男子生徒もいる前でこんなことを平然とほざいたのだ。
今なら完全なセクハラだ。でも当時はそんな概念など皆無だった。
もちろん「何でやねん」とか「何やねん」という疑念はあった。男子女子関係なく全員が思ったに違いない。
先生は続ける。

「女子から『紐つきのパンツを持って行っていいか』ときかれました。
そんなものは禁止です。なので他にも持って行こうとしている人がいないか検査します」


紐つきのパンツって何だよ(´゚д゚`)
今なら「サイドが紐になってるちょっとセクシーなショーツね」とわかるんだけど、当時はほら、私も含めてみんなウブな中学生だからね。
あと「なので」の使い方が間違ってると思うんだけどww
そこで「女王さまがウブだってー?信じられなーい!」とか思った人はお仕置きよ!
当時の中学生がどんなショーツをはいていたかなんて知らん。
はきこみ深くて丈が長めでブルマからはみ出ることが多かったグ○ゼのパンツだったかもしれないし、ちょっとかわいい感じのショーツだったかもしれない。
少なくとも当時の私は…なんて知りたくもないだろうからやめとこう。
そもそもショーツだと下着(インナー)の意味になるけど、パンツだとアウターの意味にもなるんだよね。ズボンとかそっちね。
というかいちいちそんなことを先生にきくあたりがやっぱり中学生だと思う。

さて当時は「マジメな中学生」で通っていた女王さまである。
まあ実際は家庭事情やらいろいろあって「マジメな中学生」を演じざるを得なかったわけなんだがそんなことはどうでもいい。
現在は関東在住で世間からかなりズレた感覚の持ち主たる友人(Bとする)と「パンツどうする?」と相談しあった。
こういうアホな相談はこのBとしかできなかったあたりが何なんだか。
どうせなら何か買いに行こうかとダ○エーに行ったような気がする。
ちなみにBはどこからか「パンツは白でサイドは5cmぐらいないとダメみたい」との情報をつかんでいた。
「白しかあかんって言ってたよねー」
「白に水玉ぐらいやったらええかなー」
「これくらい?こっちはあかん?」
「そっちは3cmほどやからあかんやろー」
いろんなパンツの入ったワゴンの前であーでもないこーでもないと引っ掻きまわしてよりまわす中坊2名。
ただのアホである。

今は中学生の修学旅行でも小型のコロコロ(スーツケース)なんだよね。
前の道路を引きずって歩く音が(舗装の関係で)うるさいからすぐにわかる。
荷物検査当日は大きめの旅行かばんに入れて学校に持って行った。
厳密には学年集会か何かのついでだったと思う。
相変わらず体育館には学年生徒全員が集められた。
そうだよ。隣の列には同じクラスの男子もいたんだよ!
(当時はクラスの男女に分かれて列を作っていたんだけど今は違うのだろうか?)
どうせなら学年の女子だけを別に固めりゃいいものを、まったくこの中学の教師どもは何を考えていたんだか。
さすがに男の先生は検査しなかった。そりゃそうだろう。校務と称した単なる変態。犯罪だ。昔の話といえどさすがに教育委員会に通報される。
女の先生がかばんの中でこっそりパンツをチェックしていく。
何を基準に○か×かはわからないが(Bの情報通りなら色とサイドが5cmあるかないかだろうか)、とりあえず「これはダメ」という指導はなかったような気がする。
しかしながらいったいこの事前下着検査に何の意味があったのか。
あとで「検査用」に用意した「普通のショーツ」を「紐パン」に変えておいてもわからないわけだし…ね?

こうして「下着検査」は終わったわけだが、のちにBが公立高校(市内で一番の新設校、それが今は一番の進学校という謎)に入学したとき、他の中学からきた同級生にこう言われたそうだ。

「修学旅行の荷物検査で女の子の下着検査した学校があるんだって!」
「えー!それどこの中学?!そんなんありー?!」
「信じられないよねー!」


Bは思わず「それ、私の○○中学…」と言ってしまったそうだがそんなこと言わんでええっちゅーねん。
他の中学校の卒業生が至極まっとうな反応をしていたのが救いだろうか。
やっぱり同じ中学生から見てもおかしかったんだねうちの学校。
いくらなんでも女子のパンツ検査なんてしない。当たり前だ。

こうして書いていてふと思う。
「紐パン」は「例えば」の話であって、別に持って行こうとかそんなつもりはなかったのではないか。
先生をからかってみただけじゃないのか。
それを先生が真に受けて話がややこしくなったとか?
あるいは本当に「紐パン」を持って行こうとしたのだろうか。
それは生徒自身の持ち物だったのだろうか。
お母ちゃんの「勝負パンツ」だったような気がしないでもない。
中学生の子どもがいるお母ちゃんならまだ若いだろうし、以前から持っていたとか、夜の営みの刺激にセクシーなショーツの1枚や2枚持っていてもおかしくはないだろう。
それを年ごろの娘が「偶然」見つけて「貸して♥」と言って、お母ちゃんが「先生にきいてみなさい」とでも言ったのか…

考えると変に酔いが回りそうだ。
むぅさんのおやつタイムのついでに母ちゃんと女王さまもビールタイムを楽しんできたからね。

ちなみにブラとかそっちの方はどうなんだったって?
それは何もなかった。検査もなかった。そこまでは頭が回らなかったのが中学生ゆえなのかどうなのか知らんが。
男子の下着検査がなかったのはきっとグ○ゼのブリーフ派が多かったからかなとも思う。
黒のビキニとかトランクスとか…とにもかくにも野郎の下着になど別に今も興味はない。
いまだに「あれはいったい何だったんだ?」というおぼろげな記憶。
今は昔の話だから笑い飛ばせるけど、今ならこれって大問題だろうなというオチでいいですか。(笑)
プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
「無理せずボチボチと」がモットーの超マイペース人間。
宝塚歌劇が好きでちょこちょこ観に行ってます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

過去記事への拍手やコメントも大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです♪

カレンダー
« 10 | 2015/11 | 12 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
うちのわんにゃん

★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 8歳
2009年11月16日うまれ
気ままにGoing Shiba Way
永遠の課題:偏食とダイエット



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂  4歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中
特技:変顔

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。
ひたすらパワフルに我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。ふくのことが大好き。
部屋の片づけとダイエットが永遠の課題。
◆にーちゃん
次兄。むらまさに甘々。
自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会
ブルむら
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム