2015. 06. 29  
先週の金曜日に乳腺外科の診察予約を入れていたんですが、女の子ウィークの2日めでしんどくてたまらず寝込んでしまいました。
もうなくなってもいいんですけどね。いつまであるんですかね(笑)
で、予約をキャンセルして土曜日に消毒に行ったんです。
そしたら担当医が乳腺外科の先生でして…(これは以前からきいていたけどたまに先生が休むこともあるらしい)
せっかく治りかけてた傷口をまた切開されました

前回同様モスキートで傷口の中を切った後は(全然痛くないのでよかった)ゾンデを入れてゴソゴソいじくる先生。
そうするとまだたまっていた膿がじわ~っと出てくるんですね。
先生「(めっちゃ嬉しそうに)ほら、膿がまだこんなに出てくるよ~!」
膿はわかりますでも傷口に何か刺さってますよ先生!
(刺さっているゾンデがメガネ外していてもはっきり見える)
乳腺というか乳管?にまだ膿が残っていたようでそれを出してもらったようです。
そしたらしこりというかちょっと盛り上がってた感じのところが凹んだのはわかりました。
後は生理食塩水が入ったシリンジにそこそこ太いチューブの先をゾンデで開いた傷口に入れてジュワ~っと洗浄。
これが痛くないどころか冷たくて気持ちいいんです(笑)
血だか膿だかわかんないのがあふれてきましたけどね(ガーゼでせき止めてくれたので服は汚れずにすみました)
空いた傷口の穴に鼻歌を歌いながらガーゼを詰める先生…

私「先生鼻歌歌ってるし~!ww」
看護師「ホンマやね…ww」
先生「だって今日は土曜日だもーんww」
ちなみにこの乳腺外科の先生はハイキング(山歩き)が趣味のようです。
私が不眠で薬を飲んでると言ったら
「六甲山上ったらええよ~!気持ちいいで~!いい具合に疲れてぐっすり寝れんで~!」
いや先生いきなり六甲山は無理ですせめて中山奥の院ぐらいにしてください。
「中山でもいいで~せやけど上まで行きや~!やっぱり歩くんが一番やで~!」
夏やしとりあえず傷口の消毒とかあるんでまた考えときます。

翌日の日曜日朝一に消毒に行きました(10時からむぅさんのお洗濯~♪)
いつもの外科の先生が消毒してくれたんですが
先生「あれ?また切開したん?」
私「はい、昨日やられましたww」
先生「ホンマ切るん好きやなぁ~結構デカイで。治す気ないんかいなww」
私「鼻歌歌いながらガーゼ詰められるし、今日は土曜日やも~んってめっちゃ嬉しそうでしたよww」
先生「鼻歌に土曜日やも~んって…とうとうおかしなったか…ww
乳腺外科の先生はいったい何なんだ。
そんなわけでまた傷口にガーゼを入れたのでしばらくは毎日消毒に通います。
今日の診察では(別の先生から膿も出てるということで)抗生物質を処方されました。
もう1か月過ぎてるんですけど、治りかけたと思ったらまた切開されて、本当にいつになったら治るんでしょう?

頑張ってる(何を?)自分へのご褒美にブリショーの子猫をお迎えしてもいいですか。
ペットショップで見かけてからもうずっと気になって仕方ないです…
お値段は交渉できるそうです…
でも支払いどうすんだという現実がありますです…
スポンサーサイト
2015. 06. 23  
しばらくサボってました(笑)
また通り雨でもあるんでしょうか、朝から頭が痛いです。

あいかわらず1日おきに外科へ消毒に通って
金曜日は乳腺外来の日なのでそちらで診察を受けています。
先週も診察に行ったんですが(雨だったせいか空いてた)
せっかく治りはじめた傷口を「モスキート」でまたもいじくる先生…(´・ω・`)
あのね先生ちょっと痛いんですけど。何気に傷口の中を切ってませんか先生?
まだ小さなしこりが残っているようですがあとは日にち薬だそうです。

で、今日も朝一に消毒に行ったんです。
今日の外科の先生曰く
「(皮膚が引っ張られるので)できるだけ左腕は上にあげたりせんといてな~。
あなたは痩せてるし皮下脂肪が少ないからね~」
その「皮下脂肪」とはどこのことですか?
暗に「貧乳」と言いたいんですか先生?(笑)
貧乳はこんなところでもつらいのか(違
ちなみに別の外科の先生と「豊胸手術」の話をしたことがあるんですが
「豊胸手術はゆーても体内に異物を入れるからね~。
乳がんとかの病気になっても見つけにくいんよ。
レントゲンにも写りにくいから自然が一番ええで~」とのことです。
外科で何の話してんだ私。
それよりだんだん大きくなるあごのほくろの除去をどうしたらいいかきいとけ。
(皮膚科か形成外科なんだろうけどネットで見る限り痛そうなんだよなぁ)



近所のペットショップにブリティッシュショートヘアの子猫♂がいます。
毛色はブルー(灰色)ですがブリショーの中でも珍しい「ロングヘア」っぽい感じ。
(ググってみたらブリショーにも長毛種がある)
もふもふぽやぽやでとってもかわいい子なんです。
「ふくさんの遊び相手にお迎えしたい!」という気持ちを抑えているのが
「お金がない」
「無職なのでローン組めない」
という至極当然な理由もさることながら

あきれるふくさん。
おちごとがしゃきでしゅ。

「クレカのリボ払いがよくわからない」
というのが一番の理由だったりします(+_+)
1か月の支払額が一定なのはわかるんですが
その支払額の設定が残高によって違うとかそのあたりが何かよくわからん…
習い事もスクールを変えて週1で頑張ってます。
子猫を迎えるなら時間のある今なんだけどなぁ…ってそこじゃない。(爆
2015. 06. 15  
蒸し暑い関西です。
切開した左胸の傷も落ち着いてきて
消毒&ガーゼ交換も「2日に1度でいいよ」と言われるまでになりました。
乳腺外科の先生の診察をそれとなく避けているのは
週1で待ち時間が長いからというのもあるのですが
「またどこか切られるんじゃないか」という心配があるからです(笑)
そのことを外科の先生に言ったらやたらウケてたあたりが何ともはや。

そんな蒸し暑い日にエアコンを除湿にしてふくさんがまったりと床で昼寝する中
PCを叩いてニコニコ動画で知った「なんだこれ(;・∀・)」な歌。
原曲を探したらようつべにありました。
この曲の歌詞ね、最初はいいんですよ。まだ許せます。
それがだんだんと…内容がその…ww

※閲覧注意(♥お察しください♥)
「ピエールとカトリーヌ」→
歌詞はこちら→

元々は「ミリオンナイツ」というラジオ番組(TOKYO FMやJFN系列)の中で
「うさんくさいポップス」というコーナーにて紹介されていた曲のようです。

80~90年代ってラジオもテレビドラマもかなりフリーダムだったと思います。
もう一度見たいけど(大人の事情で)再放送どころか
DVDさえ発売されていないドラマも多数ありますし。
90年代後半の読売テレビ(日本テレビ)の土曜9時枠のドラマが好きで
「金田一少年の事件簿(初期&第2シリーズ)」や「銀狼怪奇ファイル」やら
ジャニーズ系(笑)が主演をしているドラマをよく見てました。
当時の私はKinki Kidsが好きだったらしい。剛くんより光一くんがすk(ry
それに比べて今のテレビ番組はドラマにせよバラエティにせよ
何であんなにしょーもないんだろうか。。。
全然見る気しないんだよなぁ。
2015. 06. 13  
今から20年ほど前、造園設計事務所に勤めていたとき
数日間だけ現場の測量?だかを手伝ってくれていた女子高生が
「飼っているハムスターのもらい手を探している」と言ってきた
彼女はかなりの数のハムスターを飼っていて
大学進学が決まって下宿先には連れて行けないし
実家でも面倒見てもらえないので友人たちにあげたりしているとのこと
いったいどんだけ飼ってるんだと思いながらも
「2匹ぐらいなら飼えるけど?」と言ったら「ぜひもらってやってください!」と
ケージをはじめ飼育セット一式とオスのハムスター2匹を引き取った

実は小学生のころにハムスターをオス・メスのつがいで飼っていた
文字通り「ネズミ算」式に子どもを産んでは増えていくハムスター
子どもが生まれたら同級生にあげたりしていたのだが
最終的には飼いきれなくなって親ごと誰かにあげてしまったような気がする
さすがにいい年の大人になればその辺のこともわかっているので
「飼いやすい」というオス同士にしてもらった

アベリア・エドワードゴーチャ
緑葉に少し大きめなピンクの花

折しもハムスターがブームだったころのような気がする
引き取ったのはオーソドックスな白茶と白のゴールデンハムスター
当時の設計事務所の仕事の関係から
白茶に「エドワード・ゴーチャ」
白に「フランシス・メイソン」と名付けた
ちなみに街路樹や公園によく使われている「アベリア」の品種名である(笑)

アベリア・フランシスメイソン
明るいライムグリーンの葉に白い花で冬は葉が黄色になる

とは言うもののこの女王さまがそんな長ったらしい名前で呼ぶはずもなく
もっぱら白茶を「ハムハム」、白を「スタスタ」と呼んでいた
一度、「スタスタ」の頬が腫れたことがあって獣医さんに連れて行ったところ
「え?これハムスター?モルモットやろ!?」と言われるほどの
手のひらサイズの大きめハムスターだったが
1年たたずに「ハムハム」と「スタスタ」は虹の橋を渡ってしまった

スコティッシュフォールド・フクジュ

それから生き物を飼うこともなく年月が過ぎ…
ひょんなことから縁あってむらまさとふくが家族に加わり
今は人間ともども気ままな生活を送っている
むらまさは「柴犬だから」和風の名前にすると決めていたが
スコのふくに無駄にカッコイイ横文字の名前をつけなかったのは
このハムスターたちから得た教訓だということにしておく(笑)
2015. 06. 08  
先週金曜日に左乳房のエコー検査を受けた女王さまです。
膿瘍(膿の塊みたいなもの)は前回のCT検査より小さくなってました。
でもそこは「切るのが大好き♪」な外科医です。
乳腺だろうが外科医は外科医です。
「穿刺(せんし)しよっか~♪ちょっと痛いけど我慢してね~」
そう言って膿瘍のあるあたり(傷口ではなかったはず)に注射器を刺して吸い出そうとするもできず。
これであきらめてくれればいいのに「ちょっと切開するね~♥」と今度は局部麻酔を打って傷口の中を切開する先生。
切開は麻酔打ってるから痛くないんですよ。
ただその後で何かゴソゴソと器具を突っ込んでる方が痛くて(汗
「うん、ちゃんとドレーン(「排出」ぐらいの意味?)してるわ」
「膿が出たとこが空洞になってるからガーゼ詰めとくね」
ちょーーーー!!!
前回のCT画像に比べて今回のエコーでは膿瘍が小さくなってたんでしょ?
それってちゃんと膿が出てるってことじゃないんですか。
なのにわざわざ切って確認しなきゃならんのですか。
まあそんなこんなで今ある直径2cmほどの傷口(穴)の中にまた新たな直径1cmほどの横穴があきました.
(私には見えないので先生の話です)
ガーゼを入れている間は傷口は塞がりませんがそのうちに膿も出尽くすでしょう。
傷跡が残ろうが別にもう他人の前で裸になることもないので好きにしてください。
梅雨時期だし頑張ってしばらく消毒に通います。

この切開の前に消毒だけで2時間ほど待たされた日がありました(待合室でうたた寝してた私^^;)
すっかり顔なじみになった外科の先生が処置してくれたときのアホな会話。

(「長いこと待たせて申し訳ない」と謝る先生に)
私「寝てたから大丈夫ですよ」
先生「今度から布団か毛布貸そか?」
私「ご休憩ありですか?部屋代タダ?」
先生「この病院やからなぁ~金とりよるかもしれんで~ww」
(ガーゼをとって消毒しながら)
私「何か中からみよ~んと出て来るんですよね~ww」
先生「みよ~んってかww」
(傷口に軟膏を入れながら)
先生「むよ~んっと入れとくなww」
私「ちょww先生むよ~んてww」

ホントに痛かったらこんなアホな会話はしません。というかできません。はい。



そんなこんなで傷口を切開されたこの土日はやはり気分が悪くて、むらまさの朝散歩はにーちゃんに任せました。
だって朝5時半前に起きてくるんですよ?何でやねん!
かと思えばふくさんが朝5時過ぎにトイレの砂をがっさがっさしておちっこじょんじょろり~ん。
その後でケージの床をカリカリカリカリカリ…でう○ち。
ふくさーん、う○ちもケージ床じゃなくてトイレでしてくれよぉ~!!
(寝ぼけながらふくさんのう○ちをトイレットペーパーで受けました)

で、土曜日の昼からむぅさんのフードやふくさんのねこ缶をにーちゃんの車で買い出しに出かけました。
ところがこの6日土曜日に限って宝塚市役所方面に抜ける道が大渋滞!
そのときは「阪神競馬の開催やからかなー」と思ってたんですけどね。
(市役所前の道路を行くと阪神競馬場があります)
まあ抜け道はいろいろあるのでどうにでもなるんですが、久しぶりに右翼の街宣車を見かけました。
別に大音量で音楽を流してるわけでもなかったです。
ただ市役所方面に抜ける道とは別の県道(?)の反対車線を街宣車がノロノロと走っていたので渋滞してたりとか。
徐行ではなく恐らく「制限速度40km」で走っていただけだと思う。←宝塚市内は制限速度40kmですww
ネットで調べて見たら、6日の昼から宝塚西公民館(最寄り駅は阪急今津線・小林駅)で元朝日新聞記者の植村隆(慰安婦捏造記事書いた張本人)の講演(従軍慰安婦やヘイトスピーチがらみ)があって、その関係で左翼・右翼が集まってたようです。
そういえば5月ぐらいに何かチラシ入ってたな。
何で今更こんな奴呼んで講演会なんかすんねんとか思ったな。
案の定、大混乱だったようで、宝塚市役所前や最寄り駅の小林(おばやし)駅前、西公民館前にも機動隊が出動する騒ぎにまで発展した模様です。
だから市役所方面への道が大渋滞したり右翼の街宣車が走ってたんですね。
元がついても一般市民に迷惑かけまくる朝日新聞なんざとっとと潰れてしまえ!
とマジで思ふ。うん。というかむしろ何で潰れないのか不思議。
この元記者を呼んだ主催者団体はもちろんバリバリの左翼系とか半島系です。
私は行ってないのでネットの情報でしかわかりませんが、顔ぶれや所属団体を見るとロクでもない組合系だとかそんな「やっぱりね~(ーー;)」な連中ばかり。
もちろんこの元記者は「バッシングは不当だ」とか何とか言って己を正当化するような話ばかりしてたようですが、懲りない人間ですなまったく。
宝塚市は「会場を貸しただけ」ということになってますが、こんな連中に会場を貸すなよ。
迷惑極まりないんだよ。

宝塚市はいまだ組合の力が強い市なんです。
同和地区とか在日とかホントいろいろややこしくて厄介なところがあるんです。はい。地元民は辟易してますです。
市議会も左翼(社民党とか旧社会党とかそのあたり)が与党という珍しいところですし。
現市長も元社会党だったかな。「土井チルドレン」の名残ですよ。いつの時代だよホント。
この市長、どこにでも顔を出して何でも安請け合いするんですが口だけで実行力が皆無なのでまったくもって役立たずとして有名ですww
まあ3代続けて金がらみで辞職してる市長のいる市なんでどうしようもないといえばそれまでかなぁ。
何だかねぇ…もうトホホでしかないですわ…。
プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
「無理せずボチボチと」がモットーの超マイペース人間。
宝塚歌劇が好きでちょこちょこ観に行ってます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

過去記事への拍手やコメントも大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです♪

カレンダー
« 05 | 2015/06 | 07 »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
うちのわんにゃん

★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 8歳
2009年11月16日うまれ
気ままにGoing Shiba Way
永遠の課題:偏食とダイエット



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂  4歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中
特技:変顔

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。
ひたすらパワフルに我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。ふくのことが大好き。
部屋の片づけとダイエットが永遠の課題。
◆にーちゃん
次兄。むらまさに甘々。
自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会
ブルむら
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム