食う寝るところ 住むところ

柴犬「むらまさ」&スコティッシュフォールド「ふくじゅ」と飼い主「女王さま」の気ままな日々徒然

外科医は切るのがお好き 

 

先週の金曜日に乳腺外科の診察予約を入れていたんですが、女の子ウィークの2日めでしんどくてたまらず寝込んでしまいました。
もうなくなってもいいんですけどね。いつまであるんですかね(笑)
で、予約をキャンセルして土曜日に消毒に行ったんです。
そしたら担当医が乳腺外科の先生でして…(これは以前からきいていたけどたまに先生が休むこともあるらしい)
せっかく治りかけてた傷口をまた切開されました

前回同様モスキートで傷口の中を切った後は(全然痛くないのでよかった)ゾンデを入れてゴソゴソいじくる先生。
そうするとまだたまっていた膿がじわ~っと出てくるんですね。
先生「(めっちゃ嬉しそうに)ほら、膿がまだこんなに出てくるよ~!」
膿はわかりますでも傷口に何か刺さってますよ先生!
(刺さっているゾンデがメガネ外していてもはっきり見える)
乳腺というか乳管?にまだ膿が残っていたようでそれを出してもらったようです。
そしたらしこりというかちょっと盛り上がってた感じのところが凹んだのはわかりました。
後は生理食塩水が入ったシリンジにそこそこ太いチューブの先をゾンデで開いた傷口に入れてジュワ~っと洗浄。
これが痛くないどころか冷たくて気持ちいいんです(笑)
血だか膿だかわかんないのがあふれてきましたけどね(ガーゼでせき止めてくれたので服は汚れずにすみました)
空いた傷口の穴に鼻歌を歌いながらガーゼを詰める先生…

私「先生鼻歌歌ってるし~!ww」
看護師「ホンマやね…ww」
先生「だって今日は土曜日だもーんww」
ちなみにこの乳腺外科の先生はハイキング(山歩き)が趣味のようです。
私が不眠で薬を飲んでると言ったら
「六甲山上ったらええよ~!気持ちいいで~!いい具合に疲れてぐっすり寝れんで~!」
いや先生いきなり六甲山は無理ですせめて中山奥の院ぐらいにしてください。
「中山でもいいで~せやけど上まで行きや~!やっぱり歩くんが一番やで~!」
夏やしとりあえず傷口の消毒とかあるんでまた考えときます。

翌日の日曜日朝一に消毒に行きました(10時からむぅさんのお洗濯~♪)
いつもの外科の先生が消毒してくれたんですが
先生「あれ?また切開したん?」
私「はい、昨日やられましたww」
先生「ホンマ切るん好きやなぁ~結構デカイで。治す気ないんかいなww」
私「鼻歌歌いながらガーゼ詰められるし、今日は土曜日やも~んってめっちゃ嬉しそうでしたよww」
先生「鼻歌に土曜日やも~んって…とうとうおかしなったか…ww
乳腺外科の先生はいったい何なんだ。
そんなわけでまた傷口にガーゼを入れたのでしばらくは毎日消毒に通います。
今日の診察では(別の先生から膿も出てるということで)抗生物質を処方されました。
もう1か月過ぎてるんですけど、治りかけたと思ったらまた切開されて、本当にいつになったら治るんでしょう?

頑張ってる(何を?)自分へのご褒美にブリショーの子猫をお迎えしてもいいですか。
ペットショップで見かけてからもうずっと気になって仕方ないです…
お値段は交渉できるそうです…
でも支払いどうすんだという現実がありますです…
スポンサーサイト

category: 乳腺症

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top