2013. 07. 31  
パソコンを叩いてたら居間の電気(輪っかのアレ)が突然、切れました。
今、テレビと隣の部屋の灯りの中で(薄暗がりの中で)このPC叩いてます。
兄貴がまだ帰ってきてないけど晩飯どうするんだろう。


おとといに壊れたパソコンですが昨日、修理部門の方に電話しました。
オペレータのおねーさんの話では「基盤に問題がありそうです」とのこと。
マザーボードですかね?
買って半年なんですがそんな期間でマザーボードやられますか?(笑)

メーカーの方から(日通航空が)うちに集荷にきてくれるとのことだったのでそちらでお願いしました。
暑い中、販売店まで持ち込むのはしんどいしめんどくさい。
(近いんだけどね)
今日のお昼前におっちゃんがとりにきてくれました。
パッキングも目の前でやってくれて、なおかつ往復の送料も無料。
ありがたや~です。


んなわけでパソコン君、現在入院中。
無事に帰ってきてね~特にHDD無事でありますように。



ちなみに修理部門のおねーさんに

「パソコンを立ち上げるときパスワード入力の設定をされてますか?
 こちらで点検する際に必要になりますので
 そのパスワードを教えていただけますか?」










・・・何の羞恥プレイですか。
個人PCのパスワードなんてそんなもんよね?(笑)
スポンサーサイト
2013. 07. 29  
ちょっと間があきました。
ばあちゃん、ちょっと落ち着いてます。
母ちゃん、今日から1泊2日で近所のお友達と有馬温泉へ行ってます。
むらまさ、私の横で行き倒れてます(笑)


でもって今日、

私のノートパソコンが壊れました。


ここ最近、どうもPCの調子が悪かったんです。
突然何の前触れもなく勝手に電源が落ちるし
電源を入れなおしてもなかなか立ち上がらないし
立ち上がってもまたすぐに電源が落ちるし…の繰り返し。

しばらく放置しておけばそれでも何とかなったのですが
今日になってまたもいきなり電源が落ちて
何度か電源入れなおしてるとあの青い画面が出てきやがりました。
(ブルースクリーンってやつですね)


「PCのリフレッシュ」というのを選択してやってみたら
その途中でまたまた電源が勝手に落ちて
それ以降、電源は入るもののWindows8が立ち上がらないありさま。


取説を引っ張り出して「困ったときには」なんていうのを見ながら
とりあえずは全部試してはみましたがまったくダメ。
(あれってそもそも役に立つんですかね)
仕方ないのでサポートセンターに電話して
オペレータのねーちゃんの言うとおりにやってもみたけど
(基本的には取説のそれとあんま変わんない)
パソコンはうんもすんも言わない。
となるとどうも「物理的な故障」らしい…


いやそれってサポート受けるまでもなく
私でもわかるんですけど。

…HDDあたりが臭うんだよな。


ここんとこ動作不安定なので以前買った外付けHDDに
データのバックアップとろうと思ってた矢先のことでした。


デジカメのデータとかブログの写真データとか
内蔵HDDに入れたまんまなんで
クラッシュだったら目も当てられないことになります(T_T)
今年に入ってからのデータ、全部飛んじゃうよぉ~!
(去年までの分はたぶん、DVDに落としてたはず)


ええ、もちろん、
北上紀行の写真もすっ飛ぶことに(ー_ー)モウーッ!!
 ↑ こういうときに限って内蔵HDDに全部移してたという…(T_T)


データを温存したまま復旧できるのか
そこんとこがさっぱりわかんないのですが
とりあえずは使えないことには不便で仕方ないので修理(点検)に出します。
買ってからまだ1年たってないんで保証期間中だし。



そんなわけでしばらくは北上紀行もお休みです。
ブログそのものはipadか母ちゃんのPCから読み書きできますけど。
(これも母ちゃんのPCから書き込んでます)


皆さんもデータのバックアップはこまめにとっておいてくださいね♪





泣いてもいいですか。
2013. 07. 26  
昨日、約1年ぶりに美容院に行って髪を切って染めてきました。
(むらまさは月1~2回行ってるのにねぇ)
スッキリ軽くなったのはうれしいけど、次はまた来年夏か?(笑)






北上紀行もぼちぼち終盤です。たぶん。
「18世紀イタリアの淑女」から小樽運河へやってきました。
とにかく暑い!観光客がうじゃくじゃ!!どっから湧いてくるんだろう。


小樽運河 1


定番写真スポットの「浅草橋」から。
知らない間に船で「運河遊覧」なんてできるようになってました。
どうせならイタリアのあのゴンドラ浮かべたい(笑)
運河を撮ってたら友人が外国人観光客(欧米人?)に写真撮ってくれと頼まれてました。
スマホだったんで私が撮りましたが私のカタコト英語は相変わらず噛みまくり。
(友人が「スマホわかんないから」と振ってきたのです)
それでもどうにかなります。はい。なるもんです。世界共通カタコト万歳(笑)


小樽運河 2


ぶらぶらと運河沿いの遊歩道を歩きながら適当にシャッターを切る私。
雲ひとつない青空です。
街灯にカモメがとまってることを教えてくれたのは友人ですが
私は倉庫の屋根から飛び出ている十字架にばかり気をとられてました。
てかどこに教会あるの?
(カモメにピントあわせたのに何でこんなに甘いんだ)


小樽運河 3


「澁澤倉庫」と書いてあります。
壁の蔦(?)がさらにレトロな雰囲気です。
でもやっぱり屋根の上に見える白い十字架が気になる(笑)


小樽運河 4


赤レンガの倉庫。
夏の青空もいいですが雪景色の中だとまた違った感じで映えるんですよね~。
(私の記憶では屋根に雪が積もった倉庫と雪捨て場みたいになった運河しかない)
運河側はたぶん倉庫の裏側になるんだと思います。
表側は道沿いかなと思いつつ確認する気にはなれませんでした。
だって暑いんだもん(笑)


小樽運河 5


ここまできてやっとこさ遊歩道に人がいなくなりました(笑)
「中央橋」あたりだったと思います。
道路側の建物(小樽運河プラザ周辺)を撮ってみました。
空が白飛びしてますね。
それよりこんなところにもタワーマンションが…。


小樽運河 6


運河側の倉庫街。
もっといいアングルがあると思うんですが私の腕ではこの程度。
本当はこの先の「北運河」へ行きたかったのですが
さすがに歩き疲れたのと暑さでもう限界です。
ではぼちぼち駅へ戻りましょう。


小樽運河 7


このあと友人と少し早めの晩御飯を食べるために小樽築港で途中下車。
その前に「スーパービバホーム」をウロウロして
むらまさのドッグフード用スプーンを買いました。
(ここで買う必要があったのか?!)
小さめのオムライスを食べて友人とはお別れです。
1日つきあってくれて本当にどうもありがとう!!
暑かったけどとっても楽しかったです!
また会えたらいいなぁ♪






スマホの歩数計は13000を超えてました。
あの暑い中よく歩いたなぁ。
ホテルの部屋に戻ってゆったり風呂に入ったあとはやっぱコレでしょ!(笑)


今宵のお供(笑)


ベッドの上であぐらをかいて新聞読みながら冷えたビールを飲む。
もう最高、至福のひとときです♥
ひとり旅ならではの楽しみ、誰に気兼ねすることもなし!
(別に誰かいても気兼ねするような女王さまではない)


明日は最終日。
小雪さん&母ちゃん、らざーろさんが加わってプチオフ会です。
楽しみにしつつこのほろ酔いのいい気持ちのまま寝ましょうかね。



んなわけで、つづく<(_ _)>スミマセン
2013. 07. 23  
ばあちゃん、いまだ健在。
お年寄りって「危ない」と言われてからが長かったりするんですよね。
まあそういうこともひっくるめて「神様の思し召し」ということで。





前回からの続きです。
ぶらぶらと堺町通り(一番人通りが多いとこ?)を歩いていたら
店の前にあれこれどっかで見覚えのあるキャラたちが。


雑貨店の前で


アンパンマンとバイキンマンは石細工のお店の前だったかな?
うちの近所にはこんな感じのピカチュウがいます(笑)
(盗難防止のため夜は家に撤収されます)
ラブラドールは雑貨店の看板犬。
奥にいたのにいつの間にかこんな暑い入口のど真ん中でごろ~ん。
写真撮られてましたがまったく意に介さず。
でもねラブ君そこ邪魔だと思うんだ(笑)





で、見つけたのが北一ヴェネツィア美術館
カフェとかの店先にあるような看板(笑)に
「ヴェネツィアン・ドレス体験」とかなんとか書いて写真が貼ってあり
気が付いたら被り物コスプレ大好きな私は友人を誘っていました。
友人も「何かおもしろそう♡」と快諾(ということにしておく)
んじゃ中へ入りましょ!


被り物ドレス体験には先に入館料が別途必要になります(大人700円)
衣装代(1890円)と写真代(ポラロイドで500円、キャビネ版1050円)です。
自分のカメラで撮影もOK。
18世紀イタリアの貴族の衣装だそうです。
(男性、子ども用もあります。女装する男性もいるとか…)
衣装はスタッフのおねえさんが着せてくれるし、小物は自由に選べます。
帽子をかぶって、友人は扇子を、私は仮面にしました。
ジュリ扇(羽根扇)もありました←バブル世代しかわからんって。



まあこんな感じです(顔にモザイクは許してね)
左が友人、右が私。
ちなみに友人は背が高いので(ドレス丈の関係で)足元はスリッパです。
私はハイヒールのミュール、しかもメガネなし!
おねえさんが撮ってくれるカメラのレンズはぼやけて見えないし
それより何回裾を踏みかけたことか!(笑)


淑女たち 1


同じ部屋でしか撮れませんが
調度品がいろいろあってアングルを変えればまた雰囲気が変わります。
柵は気にしな~い!(笑)


淑女たち 2


上2枚の写真の反対側になります。
ベッドの横にピンクの蝋燭がありますね~。
あ、妄想スイッチ入った(笑)

窓のカーテンを赤のベルベットに。
ベッドサイドの蝋燭も赤に。


たったそれだけの妄想想像であら不思議、一気に妖しい世界へ…(笑)


淑女?娼婦?


  空に青い月が見える夜。
  ベルベットの赤いカーテンに閉ざされた部屋で
  赤い蝋燭に火を灯してゆくひとりの女。
  さて今宵のお仕置きはどうしたものか…


えーとまだビール飲んでませんが何か。


やっぱり女王様♪


妄想はさておき。
私がドレスを着ると「貴婦人」や「淑女」というよりは
「売れない場末の娼婦」かせいぜい「娼館のマダム」にしか見えません(笑)
ああせめて「高級娼婦」ぐらいになりたいもんだ(爆
そりゃ「女王様」がいいけどね。「Queen」か「Mistress」かどっちなのか日本語って難しいね(笑)



今回のブログタイトルはイタリア語で「イタリアの淑女達」という意味です(もちろん翻訳ソフト使用)

追記に関してましてはどうぞ「自己責任」でご覧あそばせ(笑)
2013. 07. 21  
今朝、目覚ましを見たら「7:30」になってました。
「え?もうそんな時間?!」と焦ったのですが
にしてはむぅさんも鳴いてないし、母ちゃんも静かだし…
で、壁の時計を見ると「5:30」でした。
目覚ましの時刻が狂っていたようで「PM7:30」だったし
そもそも電波時計なのに時刻が狂うってどういうことなんでしょ??
ちなみにそのままむぅさんのお散歩。
昨日は涼しかったせいか朝4時にお散歩をねだられました。
まだ暗かったけど気持ちよかったな~。



さて、いつまで続くか女王さまにもわからない北上奇行紀行。
今回から「小樽編」です。



7月13日(土)


ホテルの朝ごはん、メインはベーグルとサンドイッチのどちらかをチョイス。
私はベーグルを選びました。
スモークサーモンとクリームチーズ、オニオンにレタスがはさんであって
ボリューム満点でとってもおいしかった♪
他にもクロワッサンやバターロール、サラダやスープ、飲み物などがあり
それらはバイキング形式です。
朝からいっぱい食べて、小樽駅へ。
ホテルを出たのは朝9時過ぎ、もうすでに暑いんですけどここホントに北海道ですか。



小樽案内をしてくれるのは、高校時代に文通で知り合った女の子です。
過去に何度も会ってますがここ数年はなかなか会うことができず
年賀状やメールのつきあいだけでした。
彼女の事情で会えるかどうか微妙でしたが無事に会うことができました♪

久方ぶりの小樽駅。
リニューアルしたとかでとってもきれいになってました(笑)
改札を出た正面上がこんな感じでランプがきれいに並んでます。


小樽駅


朝10時に待ち合わせ。
久々の再会でしたが友人はまったく変わっていませんでした(笑)
そのまましゃべりながら歩いてまずは手宮線跡地へ。
右奥のマンションがなかったらもっと風情あったかもしれません。
(画像処理で消したろかと思った^^;;)


手宮線跡地


坂を海の方へ降りていくと、日本銀行旧小樽支店の建物が見えてきました。
坂道に建っているので写真を撮るとどうしても斜めになってしまいます(笑)
今は「金融資料館」になっていて入場は無料。
暑いし中に入ってみますかね。


日本銀行旧小樽支店 1


ほどよくエアコンの効いた室内。
ここは「窓口(カウンター)」の内側になります。
木製のカウンターは趣あってすっごくいい感じ♪
こういうの大好きです。
(写りこんでるオッサンは無視してください)


日本銀行旧小樽支店 2


壁をアップにして撮ってみました。
これ何だと思います?
友人は「カメだよね♪」って言ってましたが
実はアイヌの守神「シマフクロウ」をモチーフにしたものだそうです。
もらったパンフには「内壁に12体、外壁に18体あります」と書いてありました。
でもやっぱり私にもカメにしか見えない。


日本銀行旧小樽支店 3


カウンターなどがあるロビーの天井です。
吹き抜けになっていて、すごく開放感があります。
照明は回りませんが(笑)、天井扇?は回転していました。
金融は未経験だけどこんなところで金勘定の事務仕事してみたい(笑)
(経理経験のある女王さまです)


日本銀行旧小樽支店 4


他にも日本の歴代のお札が展示してあったり
(500円札が懐かしい~!)
お札の芸の印刷の細かさを実感できたり
金庫室に入れたりと無料だけどなかなかおもしろい資料館です。
(金融の仕組みとかもわかりやすく説明してあります)
「1億円」の重さは10kg、むらまさより2kg弱軽いゾ!(笑)
金庫室内でパレットにビニールで包装したお札(もちろん模擬紙幣)が
山積みにされてるのを見るとどうにもお金の有難味が薄れます(;´・ω・)ウーン…



ウロウロしているうちにおなかも空いてきました。
とりあえず、何かかる~くいただけるものを…あ、そば屋があった!
「冷やしたぬきそば」がある!!これ食べたい!
…という私のワガママで、「志ん家そば店」というお店に入ることに。


冷やしたぬきそば


ふたりとも「冷やしたぬきそば」を、友人はそこへ「そば餅」を注文。
「そば餅」だったか「そば団子」だったか曖昧です。ごめんなさい。
どれどれ、これが「冷やしたぬきそば」というものですか。
関西ではお目にかかれない代物です。
上に乗ってる具材は
 
 天かす(揚げ玉)、きざみのり、きざみあげ、キュウリ、ハム

…ハム?!冷やし中華かいな!!(笑)

別添のねぎとわさびを入れていただきます。
うん、なかなかいける。おいしいです。

「そば餅」はちょっと硬めのお団子といった感じでした。
餡子は入ってなくて、きな粉(奥)とごま(手前)がまぶしてありました。
左奥にあるのは「大根おろし」です(茶色いのは何だったんだろう?)
おなかいっぱいになりました。



では腹ごなしにまたちょっと歩きましょうか。
恐らくこのとき、外気温は30度超えてたと思います。
日差しはきついし暑い!人も多い!どっからわいてくるんだ観光客!
…あ、何か面白そうなものがある!!(笑)


ということで、長くなるので今回はここまで。
次回、女王さまの被り物コスプレに乞うご期待?!(笑)








  *** 追伸 ***

ここにきて母方のばあちゃん(103歳)の容態が非常に微妙です。
もしかすると不測の事態もありえるのでそのときは少しお休みをいただくかと思います。
「北上編」を楽しみにしてくださってる方には大変申し訳ありませんがどうぞお許しくださいませ。
プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
「無理せずボチボチと」がモットーの超マイペース人間。
宝塚歌劇が好きでちょこちょこ観に行ってます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

過去記事への拍手やコメントも大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです♪

カレンダー
« 06 | 2013/07 | 08 »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
うちのわんにゃん

★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 8歳
2009年11月16日うまれ
気ままにGoing Shiba Way
永遠の課題:偏食とダイエット



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂  4歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中
特技:変顔

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。
ひたすらパワフルに我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。ふくのことが大好き。
部屋の片づけとダイエットが永遠の課題。
◆にーちゃん
次兄。むらまさに甘々。
自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会
ブルむら
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム