10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
実家に居候中の身でありながら「無理せずボチボチと」がモットーの超マイペース人間。

宝塚歌劇が好きでちょこちょこ観に行ってます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

過去記事への拍手やコメントも大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです♪

うちのわんにゃん


★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 8歳
2009年11月16日うまれ
気ままで頑固、ドジでグータラ、ヘタレでビビリなツンデレ柴。
おいしいものを食べて静かにまったり寝れたらご機嫌さん。
好きなもの:お肉、おやつ(固いものは苦手)、安納芋ときれいなおねえさん
嫌いなもの:大きな音(雨風・雷・花火)と大きなもの、溝のアミアミ、吠える犬と獣医さん
永遠の課題:ダイエット



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂ 4歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中。
猫とは思えないほどどんくさい、おっとりマイペースな甘えたさん。
ときどき「かぶりもの」をさせられるが満更でもない様子。
特技:変顔
好きなもの:シーバのカリカリ
嫌いなもの:コロコロ

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。年齢なんて何のその、とにかくパワフルで好奇心旺盛、ひたすら我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。もはや部屋の片づけとダイエットが永遠の課題になっている。ふくのことが大好き。いまだにいったい何の仕事をしているのかよくわからない。
◆にーちゃん
次兄。運転手兼むらまさの添い寝係。むらまさに甘々なので母ちゃんや女王さまによく怒られる。自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会

ブルむら

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

巴里の中国人~宴は続くよいつまでも

ぼちぼち復活してきました。
それでも午前中が眠くてたまりません。むしろ寝ないともちません。
ヘタすると昼飯も食べずに3時ごろまで寝ていることもあって
自分が「むらまさ化」しているような気がします。
・・・今度医者に行ったらまた相談してみよう。
(きっと夜が熟睡できてないんだろうな)



さて。
お待たせいたしました!
追記で吐いてた毒を本文に持ってきました!!(爆
チャイニーズネタがこれからちょっと続きます。
パリで働く日本人の本音もきけたのでそれもまじえて随時お送りしまーす!



で、今回文章ばっかりで長いけどいい?(笑)





到着したのは連泊するパリ郊外のホテル。
地下鉄(メトロ)の駅からほど近いところです。
パリ市内へ出るにもホテルのある駅が終点なのでわかりやすいから安心。
部屋もそこそこ広く、シンプルなホテルでした。


朝食会場にもなる中華&フレンチレストランと宴会場がある中華資本のホテルでして
私たちが着いた日の夜はレストランは「貸切」になってました。
時間的には8時近かったと思います。


レストランと宴会場で中国系のスタッフが何やら飾りつけをしていました。
中でも目をひいたのが「白がほとんどでピンクが少々あとイルカの形をしたのが2つ3つ」の
よくスーパーの開店の粗品でもらえるような風船です(笑)
それで「ゲート」のようなものを作ってました。
「バルーンアート」と呼ぶにはほど遠い(失礼すぎる)シロモノです。


「何やってんねんやろ?」と思って見ていたら
レストランと宴会場である2組の「結婚披露宴」のための準備でした。
日本人からすれば「え?もう夜の8時近いで?」の感覚ですが
どうもそういうのは関係なさそうです。


もちろん、そこが中国人です。
日本人の感覚で物事を考えてはいけません。


レストランは外から丸見えだし何かおもしろかったので
ツアーの人たちやおばと「どれどれ?」とちょっと観察。



日本でいう「高砂」にあたる新郎新婦の席の両側には
恥ずかしげもなくラブラブバカップル当人たちの巨大ポスターが貼られていました。
(日本人だったら絶対やらない演出)
しかもその写真、引き伸ばしすぎてかなりピンボケな上に
白とピンクとイルカの風船で飾られて時代遅れな演出感満載。
まあ実物(本人)を見てないから知らないけど
写真がピンボケで十分だったのは確かです(爆
(一目で「中国人」とわかる顔立ちだったし^^;)


中国人って何で赤と緑(それもどぎついやつ)が大好きなんでしょうね。
めでたい席では特になのかその辺の事情はまったく知りませんが
高砂周辺はもちろん受付のテーブルクロスまでもが
ド派手な赤と緑だったのには「・・・・・・」でした。
(各テーブルはクロスなし)
「クリスマスかいっ!」と突っ込む気にもならない。


宴会場を遠目にのぞいてみると
こちらも入口には白とピンクとイルカの風船がお出迎えです。
(中国ではそういうデコレーションが流行りなのか?)
白いクロスのかかった円卓と椅子が並んでいるのは
まあ日本でもおなじみの光景ではあるんですけど

その円卓におかれた数本のペットボトルに
目が点になりました。


・・・しかも冷やしてない(周りに水滴がついてない)


オレンジジュース、ファンタやウーロン茶といったソフトドリンク(2Lサイズ)だったんですけどね~。
「その辺のスーパーで安売りしてたのをそのまま出した」というか
「え?もうおいとくの?まだ披露宴はじまってないけど?」
とかそういうツッコミもどうでもよくなるほど。
「席に誰もいない今のうちにさっさとおいとけ」って感丸出しです。
「サービス」って意味わかってんのかこのホテルの宴会スタッフ。


そうこうしてるうちに招待客もやってきてロビーやらがごちゃごちゃしてきました。
さすがは中国人です。
招待客の服装もすごいです。


ショッキングピンクのスーツのおばちゃん。

真っ赤なラメ入りのジャケットに黒のスカートというスーツのおばちゃん。


どこの場末の飲み屋ですかまったく。


あ、「クタクタのポロシャツにシワシワのスラックスのおっちゃん」とかもいました。
事前に「ドレスコード」ってやつを誰かこのおっさんに教えとけ。


日本だとゲストの服装はどっちかというと地味目で
花嫁より目立たないようにと配慮するもんですが
(パーティドレスを着るにしても色はおとなしめですよね)
さすが中国人の感性(慣習?)は違います。
「花嫁より目立ってナンボ」の世界のように思えます。


中でも私たちの間で「嘲笑ネタ」になってたのが
「ベールガール」にしては「籐がたちすぎている年齢」の女の子が
白いドレス風の服を着ているにも関わらず
足元はなぜか(かなりごつい感じの)茶色いカジュアルな靴を履いていたこと!!
それがちょろちょろ歩き回ったり床に座り込んだりしてまったく落ち着きないうえに
ドレスの裾からその靴が丸見えでもう・・・(ー_ー)ヤメテクレ!!


「あれ、何とかならない?」
「親も恥ずかしくないのかしら?」
「見えないからとかわからないとでも思ってる?」


だから羞恥心を中国人に求めるのは無駄だってば。



その後2階の部屋へ戻って風呂入ってからベッドの中でおばとあれこれ話が盛り上がって
「ぼちぼち寝よか」と電気を消したのがたぶん12時すぎごろだったと思います。
おばは気づかなかったようですが私の耳にはきこえてきました。


下からヘタクソな歌声がきこえてくるのが。

あの中国人め、こんな時間までまだ宴会やってんのかーーーっ!!!
今何時やと思てんねんっ!夜中やぞ!!
他の宿泊客のこと考え・・・

考えられへんわな、あいつらは。


2階の部屋でもそれなりにきこえてきてたんです。
1階にも部屋があってそこに泊った方(翌日のフリータイムをご一緒した方)は
「ヘタクソな歌やらジャーン!とかいう鳴り物の音がずっとうるさくてもう寝れなかった~!!」
とブツブツぼやいていました。
いったい何時までやってたんだあれ(というかあいつら)



この中国人たち、観光バスを貸し切ってやってきてるんですよ。
ホントの「金持ち」ではなく「にわか成金」なのが丸わかりでして
「フランス(海外)で結婚式(披露宴)をした」というのがステータスとでも思ってる類の中国人。


中国でやっとけっつーねん、フランスまできて中国人身内の恥さらすなボケっ(怒)
それか海外に連れてきても恥ずかしくないようなマナーを持った人間だけ招待せぃっ!!



とか思った日本人の私は間違ってますか。
(マナーに関してはあまりどうこう言えるほどでもないが)



パリの夜はこうして更けていきました。
翌日はいよいよ自力で「パリ・オペラ座地区ショッピング♪」です。
ここでもいろいろありました。うん。
ありすぎてうんざりするほどです。
んなわけで、またまた次回に続く。


長文におつきあい感謝です。
またよろしくお願いします<(_ _)>
スポンサーサイト

ウワサの真相

うちの長兄がきいてきたウソかホントかわかんない話。
だからさらっと読み流してね♪



来月12月の衆議院選挙で


橋下さんが告示日直前に立候補する


のではないかというウワサ。


「日本維新の会」から送り込まれる、まさしく最強(最凶?)の刺客。
そうなれば政治は変わる・・・かもしれない。たぶん。




で、空席となった大阪市長には


平松元市長が返り咲く


であろうというウワサ。


まあ「反橋下票(組合関係)」をとりこめばあながち夢物語でもないだろ。





長兄は大阪にある某大学の大学院に聴講生で忍び込んでます。
(来年4月からは正式にその大学の大学院生になります)
聴講しているゼミで何かこんな話が盛り上がってたそうなんですけどね。


なぜこんな話がゼミで飛び交うんだ兄貴。

・・・だって「社会福祉」畑のゼミなんだもん・・・(爆

めくってみれば、あら熟女。

「フランス旅行記」の続きで「中国人ネタ」の毒を吐こうかと思ったのですが


しんどくて毒吐くどころじゃない


のでまた調子戻ってきてからにしますね。
(毒を吐くのも勢いが必要なのだ^^;)



かわりに、今日のヤフーのヘッドラインで見つけた妙な事件。


---> 引用ここから


女性店員サンタのスカートめくる 29歳男を現行犯逮捕
産経新聞 11月26日(月)17時58分配信

 サンタクロースのコスチュームを着た女性店員のスカート内をのぞいたとして、
 神奈川県警高津署は25日、県迷惑行為防止条例違反(のぞき見)の疑いで
 住所不詳、自称会社員の****容疑者(29)を現行犯逮捕した。
 同署によると、「やっていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は25日午後11時半ごろ、川崎市高津区溝口の商業施設内で、
 同市の契約社員の女性(38)のスカートを後ろからめくり、
 スカート内をのぞき見たとしている。

 同署によると、女性がスカートを引っ張られているような違和感を覚え、
 後ろを見たところ、比嘉容疑者がスカートをめくっていた。
 女性が「痴漢」と叫び、通行人の男性と挟み撃ちにして取り押さえたという。


<--- 引用ここまで(容疑者の名前は私の方で伏せています)





こういうわけのわからん事件がおきるのもこの時期ならでは(はぁ?
さあ、あなたならまずどこにツッコミを入れますか?


まだ11月なのにもうサンタのコスプレしてんのかって?
(どこの店ももうクリスマス一色ですけどね)

30前の男がサンタのコスプレしたねーちゃんのスカートめくるなって?
(自称会社員って何だよ)



でも何より私ならここにツッコミたい。


サンタのコスプレした女性店員の年齢が
38歳というのはいかがなものか。



そりゃーね。
後ろからだから年齢わかんなかっただろうけどさ。
スカートの中に妄想が集中してたとも思うけどね。
正直この男もほんの少しの勇気を出して(出すとこ違うが)
前を確認してからめくろうとしたらこんな事件沙汰にはならなかったと思う。
見たらきっと「※☆@×!!」って思ったと思うよ。
そのままそそくさとやりすごしたと思うんだ。



38歳の女性にサンタのコスプレをさせる商業施設も施設だと思うのだが
そこは突っ込んではいけなのだろうか。
(もっと若い子かせめて20代後半にさせろよ)





熟女なサンタのスカートめくりをしたかったら
違う店に行っとけば捕まることもなかっただろうになぁ・・・(笑)

きょうは、ヴェルサイユはたいへんな人ですこと。

さてそろそろ終盤です。
このあたりから写真の数が減ります。
というかほとんどなくなってきます。
んじゃいってみよー!!(笑)



10月14日(日)


モンサンミッシェルを出発してパリへ戻ります。
8:15の少し早い出発でしたが朝食のレストランも6:30から開いており
食後のお散歩がてらにまだ夜明け前のモンサンミッシェルを撮影してきました。
ツアーでよくお話させてもらっていた女性がカメラに詳しい方で
たまたま(機種は違うけど)同じニコンのカメラを持っていたため
マニュアル撮影の方法を教えてもらって撮ってみたんです。
手すりにカメラをおいて望遠レンズなどはかなりアバウト(笑)
(だって暗くてファインダーから見えないんだもん)
「絞りF3.5/シャッタースピード20秒」で撮影しました。
ちょこっと色補正かけてます。
ライトアップもいいけど自然光もまたよろしおました(笑)
工事中のユンボが邪魔だけどね。


夜明け前のモンサンミッシェル


午前中、ひた走るバスの中で爆睡の後ヴェルサイユに到着。
昼食は中華でした。
店は狭いし、円卓に10人詰め込みで身動きとれない!
写真はもちろん撮れませんでした。
(料理が大皿でテーブルいっぱいだったのもある)
何となく大皿も取り皿も油の(ついた指紋の?)ギトギト感が残っていたんですが
そこは見なかったことにして食べました。
あ、それを除けば久々の中華料理はおいしかったですよ、うん。



さて本日メインのヴェルサイユ宮殿です。
小雨がぱらつくあいにくの天気でしたが日曜日ということもあってすごい人!
ツアー(団体)だと入場時間の予約がとれるのですが
「この予約もアテにならないのよね~」と
ガイドのおばちゃん(日本人)が確認しに行ってました。

・・・アテにならない予約って意味ないやん。

個人で入るには当日券で長蛇の列に並ばなければならないのです。
ライフル片手の軍人さんをここでも見かけました。
何でもアフリカのどこかの国でフランス人が人質になっていて
その解放交渉などのからみから人が多く集まるところでのテロを警戒しているとのこと。
別に違和感ないから不思議です。なぜ。


ヴェルサイユ宮殿 外観


中へ入ってみます。
えーと、とにかく人・人・人!!!
人しか見えません。
人が多くて私は早々に人ごみに酔ってしまいました。
疲れ果てて一眼レフなんて出せません、構えられません。
それ以前に写真撮るのさえ(人が多くて)無理なんです。
コンデジで数枚撮るのがやっとでした<(_ _)>


これは「鏡の回廊」の天井画です。
(人が多いから天井を撮ったという・・・^^;)
儀式の場というより外交のレセプションや舞踏会とか開かれてたようです。


ヴェルサイユ宮殿 鏡の回廊1


第一次世界大戦の「ヴェルサイユ条約」の署名もここで行われたんですって。
(世界史でやったよねー?みんな覚えてるかなー?)
今も代々のフランス大統領はフランスの国賓をここで迎えているそうです。


ヴェルサイユ宮殿 鏡の回廊2


天井のシャンデリアや壁の灯りもとってもゴージャスでオシャレ。
クリスタルかな?きらきら光ってさぞきれいだったでしょうね。
ちなみにろうそくのかわりに今は電気のライトになってます。


ヴェルサイユ宮殿 鏡の回廊3


「私って寝室ばっか撮ってるなー」とか思いながらもこれだけは撮っておきたかった(笑)
アントワネット王妃の寝室です。
個人的にここまで派手豪華だと逆に寝れません。
むらまさやぽちと一緒でも無理かもなー(笑)
ハンドルネームは「女王さま」でも所詮は平民です。ただの庶民だよ(爆


アントワネット王妃の寝室


人に酔って気分が悪くなったので早々に外へ出ました。
庭園のエリアに入るのも時期によって無料のときと
有料(日本円で1000円前後)のときがあります。
このときは有料でした(ツアー代金に入ってるから自分で払ったわけではない)
何が違うかというと「有料だと噴水を出す。音楽を流す」らしいのですが
ガイドのおばちゃんに言わせると「そう言いながらあった試しがない」。
このおばちゃんにかかればボロクソです。
もっと中へ入ることもできましたがしんどくなってしまい
この距離から撮るのが精いっぱいです。


ヴェルサイユ宮殿 庭園


パリで食べた夕食です。
肉のテリーヌは赤ワインにとってもよくあったのですが
何せ脂っこい!味がくどい!(笑)
ピクルスを乗せて食べるとまだマシでした。
おかげでポークソテーの味がさっぱり思い出せません。
(テリーヌで胸やけしそうになったのは覚えてる)
デザートのエクレアはおいしかった~!
見た目甘そうですが意外にあっさりしてましたよん♪
ホテルに帰ってから胃薬飲んだのは言うまでもないけどね。


夕食メニュー


夕食を食べたこのレストランから今日泊まるホテルへ向かう途中
バスの運ちゃんが近道をしようとして細い一方通行の道を抜けようとしたんです。
が、前のトラックが後ろに三角コーンをおいて勝手に通行止めにし
荷物を積み込んでいたため十字路で立ち往生するはめに。
クラクション鳴らそうが運ちゃんが怒鳴ろうが文句言いに行こうが
前のトラックはまったく無視してどかそうともしない!
さすが自己主張の強いフランス人です。すごい根性!!
後ろには車がきてるし十字路で方向転換したくとも駐車車両があるので無理。
通りがかった男性2人が交通整理を買って出てくれて
後続の車をバックで下がらせて道をあけてくれたりで助かったのですが。。。
(どうもよくあることらしい)
最後はパトカーがやってきて婦警さんの誘導でバスもバックで元の道に戻って帰りました。



さて翌日はパリのフリータイムです。
さあメインで毒吐きまくるぞー!
チャイニーズネタだぞーー!!(笑)
どうぞお楽しみに♪(ぇ?





タイトルの「きょうは、ヴェルサイユはたいへんな人ですこと」は
アントワネットがルイ15世の愛妾デュ・バリー夫人に言った言葉です。
アントワネットはこのデュ・バリー夫人をとことん嫌っていたのですが
この言葉をかけたことでフランスとオーストリアとの戦争が回避されたとか・・・
昔はたとえ年上でも相手より身分が下だと
身分が上の者へ声をかけることはできなかったんですよね。

株主優待券♪

3時前にむらまさのお昼のしっこ兼夕方のお散歩に出かけたら
お散歩コースの土手でキャバリアを連れた女性に出会いました。
思わず「あのー、そのわんちゃんキャバリアですか?」って声をかけてしまったほど。
お散歩コースでキャバリアに出会うのは本当に珍しいんです。
(初めてだったと思う)
耳が黒かったけど「ブラック&タン」か「トライカラー」のどっちだったんだろ。
とっても人懐っこくてしっぽふりふり、むらまさと遊びたそうでした。
でもむらまさが何しでかすかわからなかったため
距離をおいてしばし顔あわせの後、先に行かせてもらいました。
またいつか会えたらお話させてもらいたいな~。



帰ってきたら全日空から郵便が届いてました。
「ANAが何じゃいな」と思って開けてみたら
あらま、株主優待券が入ってるじゃあ~りませんか(古いな)
っつーか、もうもらえるの?!(笑)


(会社によって違いますが)ANAの株主優待は2期にわかれてます。
中のパンフを読んでみたところ

発行基準日が3月31日だと
上期分(6/1~翌年5/31)の株主優待券(国内線搭乗優待)と
ANAグループ優待券(6/1~11/30)

同じく9月30日だと
下期分(12/1~翌年11/30)の株主特別優待券と
同じくグループ優待券(12/1~翌年5/31)

が送られてくるようです。
(要は3月31日か9月30日かの時点で株を持ってるともらえるらしいっす)


今回の私の場合は9月30日現在の下期分になります。
ということは上期分もまたもらえるんだろうか?
また証券会社のおねえさんにきいておこう。
(それより「特別」ってわざわざついてる意味は何だ?)


ちなみにこんな感じのものが入ってました。
意外に普通です。はい。
普通郵便でくるぐらいだもんね。


株主優待券


どこ行こうかな~♪
ツアー代金も若干割引があるので
ずっと行きそびれている札幌の雪まつりに行ってみようかな~。
旅行会社でパンフもらってこよう。


ということで、北海道の小雪さんへ。
2泊3日ぐらいの予定で札幌に行きたいんですが
神戸肉を手土産に持って行くんで一緒に遊んでもらえませんか。
あと、母ちゃんには雪まつり会場での写真撮影の穴場を案内してください。


・・・って、雪まつりって来年2月だよね?!
一緒に行ってくれる人はいないかなー。
(同行者も割引OKだったと思います)


むらまさくんはお留守番の方向で(笑)