09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
実家に居候中の身でありながら「無理せずボチボチと」がモットーの超マイペース人間。

宝塚歌劇が好きでちょこちょこ観に行ってます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

過去記事への拍手やコメントも大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです♪

うちのわんにゃん


★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 8歳
2009年11月16日うまれ
気ままで頑固、ドジでグータラ、ヘタレでビビリなツンデレ柴。
おいしいものを食べて静かにまったり寝れたらご機嫌さん。
好きなもの:お肉、おやつ(固いものは苦手)、安納芋ときれいなおねえさん
嫌いなもの:大きな音(雨風・雷・花火)と大きなもの、溝のアミアミ、吠える犬と獣医さん
永遠の課題:ダイエット



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂ 4歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中。
猫とは思えないほどどんくさい、おっとりマイペースな甘えたさん。
ときどき「かぶりもの」をさせられるが満更でもない様子。
特技:変顔
好きなもの:シーバのカリカリ
嫌いなもの:コロコロ

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。年齢なんて何のその、とにかくパワフルで好奇心旺盛、ひたすら我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。もはや部屋の片づけとダイエットが永遠の課題になっている。ふくのことが大好き。いまだにいったい何の仕事をしているのかよくわからない。
◆にーちゃん
次兄。運転手兼むらまさの添い寝係。むらまさに甘々なので母ちゃんや女王さまによく怒られる。自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会

ブルむら

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ここは南仏リゾート

続きです♪
枚数は多いけどマトモな写真がほとんどないというありさまでして
「こんな写真しかないんか!」というお叱りはどうぞご容赦ください<(_ _)>


10月10日(水)

フランス観光初日。
まずはニース旧市街の観光です。
カフェは開店準備中でした。


ニース旧市街 1


教会です(名前忘れた)
カトリック教会って何でこういう建築様式なんでしょうか。
旅も後半になると名前まで似通ってくるので頭が混乱しまくってました。


ニース旧市街 2


花市が開かれてました。
これはケイトウでしょうか(とりあえずこれだけ撮れた)
バラをはじめいろんな種類の切り花があってとにかくとても安くてきれい!
おしゃれなアレンジメントなども大きなものが日本円で1000円足らずで買えます。
(日本なら5000円は下らないかと)
だから外国人って普通にお花とか彼女や奥様に送るんだと思う。


ニース市内(花市)


海岸の遊歩道から海を撮ってみました。
イマイチの写りですが、南仏リゾートの雰囲気は感じてもらえるかなー(笑)
10月の午前中、日射しはそこそこありますが泳ぐほど暑くはないと思います。。。
海岸は砂ではなく石でとっても歩きにくいです。
シャワーはあるけど着替える場所はなし(海の家なんてないですよー^^;)
でも皆さん普通に海岸で(タオルでうまく隠して)着替えてました。


プロムナード・デ・サングレ 1


反対側を撮ってみましたが見事に逆光^^;;
こちらは高級ホテルやセレブな方々の別荘などが建ち並ぶところです。
こういうところでのんびりまったりヴァカンスとかいいですねー(一生無理だよ)


プロムナード・デ・サングレ 2


散策を終えたら旧市街からバスで少し走ってシャガール美術館へ。
シャガールの絵は旧約聖書をモチーフにしているそうですが
抽象画っぽくて説明きいてもイマイチよくわかりません。
(旧約聖書の内容は多少かじったからわかるんだけど)
館内は撮影OKでした(フラッシュは禁止)
しかしこのシャガール美術館、普通の住宅街のど真ん中にありまして
まさかシャガールも後に大型バスで観光客がくるとは思ってもいなかったでしょうね。
(シャガールがこの場所を気に入っていたとかで建てられたそうです)


シャガール美術館(ステンドグラス)


このあとはランチ。
何が「ニース風サラダ」なのか食べた後もよくわかってませんが
生野菜のサラダはとっても貴重なのです(笑)
メインの「子牛の煮込み」はやたら香辛料が効いて辛いし
表面がソーセージみたいな膜(?)に包まれて
「これが子牛?」とツッコミたくなるような固いハンバーグもどき。
付け合わせはだいたいどこでもインゲンマメが出てきます。
アイスクリームで口直しするも甘かった~。


ランチメニュー(ニース)


ランチを終えたら次はモナコ公国へ。
・・・まだまだ当分続いていいですか。





追記はニース旧市街で見つけたちょっとオシャレな看板です♪
スポンサーサイト

続きを読む >>

ぼくもハロウィン♪

女王さまの旅行記がとっても長くなりそうなのでぼくがちょっと乱入しておきます。
(だってぼくのブログでしょ?)


というのは女王さまの言い訳で
「ネタはメモしてあるけど写真を選ぶのに四苦八苦してるから場つなぎにむらまさよろしくー」
って言われただけです。
ぼくを都合よく使わないでほしいです。


そんなぼくですが、27日の土曜日にペットショップでハロウィンの写真撮影をしてもらいました。
ちゃんと仮装したんだよ♪
いい子でカメラマンさんに撮ってもらったよ♪


写真は11月にしかできあがないんだけど
写真を撮ってくれたカメラマンさんのフェイスブックにぼくが載ってます。


ね?ぼくのハロウィンの仮装、かわいいでしょ?
衣装は店長さんが「むらまさくんにはこれがいいね!」って選んでくれたんだよ。

店長さんのセンスがわかんないでしょ?
 ↑ 撮影中ずっと大爆笑していた女王さま。


リンク友達のキャバリア・ぼんちゃんもとってもかわいく写ってます♪
ぜひ見てみてくださいね。


  //  **  //  **  //


私はフェイスブックは登録していないのですが
リンク先をクリックすると「アカウント登録画面」が出てきます。
登録したくない場合は右下に「閉じる」ボタンがありますので
登録画面を閉じてご覧になってくださいませ。
(でもなぜかスマホからだとアカウント画面が出ず普通に見れたりします)


店長イチオシのむらまさの「ハロウィン衣装」ですが
そもそもむらまさにハロウィンは・・・無理がありますね^^;
これが精いっぱいです~(笑)
でも、妙に似合ってたりすると思うのは親バカですか。

引いてはいけない。

前回からの続きだよ♪


機内で(ワイン飲んで酔っ払って)貧血起こしてぶっ倒れた私ですが
飛行機は無事、シャルル・ド・ゴール空港へ到着。
しかしながら到着時刻が遅れたため
ニースへ向かう乗継便に間に合うかどうかが微妙なところになってきました。


追い打ちをかけるかのように


イミグレーション(入国審査)が長蛇の列で
まったく先に進まない!!!



通常の(EU圏以外の)入国審査の列に並んでいてはとても乗継便に間に合いません。
待っている乗客が多かろうが混んでいようが
入国審査の窓口が増えるってことがないお役所仕事のはどこの国も同じです。


同じ飛行機に乗り合わせた別のツアーグループは
ベニスへの乗継便の搭乗時刻が迫っていたのか
別の「団体用」の入国審査の窓口に並んでいました。


さて、こういうときにツアコン(添乗員)の能力の見せどころです。
私たちのツアコンはまだ若い男性でしたが
こんなままではらちがあかないと判断したのか
ベニスへ向かうその別のツアーの後ろに並び直すよう言ってきました。


並んでいたら、航空会社や空港職員(入国審査の職員?)が
「何でこっちに並んでいるんだ?向こうへ並べ」
みたいなことを言ってきてました(言葉などわからずとも何となく雰囲気でわかるもんだ)
が、ここで引きさがってはダメなのです。
自己主張の強いフランス人相手に絶対引いてはいけません。
ツアコンの男性は、英語で食い下がります。
「乗継の時間に間に合わないからここに並ばせんかゴルァァッ!」
押しまくって、あとは何を言われても無視状態。
強引にそのまま並んで何とか入国できました。


たかがスタンプひとつ押してもらうのにまったくよぉ~。


今度は乗継便のあるターミナルへ急ぎます。
このシャルル・ド・ゴール空港、とにかく広い・広い・広すぎる!
(いわゆる「ハブ空港」になるんですかね)
関空や成田のレベルじゃありません、あんなの「ハブ空港」には絶対無理です(笑)
動く歩道も歩いて(大阪人はそれが普通だけど)
何とかギリギリの時間にニースへの乗継便に間に合うことができました。


乗ってしまえばこっちのものです。
1時間半のフライトを終えてニースの空港に降り立ちましたが
一番最後に降りてしまったのか今度は出口へ通じるドアがロックされて開かない!
ゲートに戻るにもそちらのドアもロックされてるとかで
ツアコンさん、空港職員を呼びにどこかへ走って行きました。
しばらくすると「あ~、ごめんごめん(^_^;)」と職員のおっちゃんが
ナンバー式のロックを解錠してくれましたが・・・^^;


無事に荷物を受け取って空港を出たあとは空港近くのホテルにチェックイン。
「はぁ~疲れた~」と風呂に入って早々に寝ました。


しょっぱなからいろいろありましたが
翌日からいよいよ本格的な旅のスタートです。



追記は旅行中での「女王さまは見た!」シリーズです♪
(いろいろあったけど全部思い出せるかな?)

続きを読む >>

欧州の空の上、天井を眺める。

やっとこさ旅行の写真の整理がついたので
ぼちぼちフランス珍道中を書いていこうと思います。
タイトル見て「早々に何かやらかしたな」と思いましたか?(笑)
んじゃ、かなり長くなるけど確認してみよう~!(爆



10月9日(火)晴れ

叔母と待ち合わせて朝8時すぎの大阪・梅田から関空行きの空港バスに乗り
そのまま爆睡して気が付いたらバスは関空連絡橋を渡っていました。
いや、いつもならこの時間帯は二度寝してるもんで、はい。


先に宅配で空港送りにしておいた荷物を受け取って
ツアーの団体受付カウンターで「関空~パリ(乗継)~ニース」の搭乗券をもらいました。
ちなみに1枚で「関空~ニース」まで行ける搭乗券です。


飛行機は11:30出発のAF(エールフランス)291便。
チケットを受け取り、ユーロへの両替をすませ
搭乗開始時刻が10:50→10:40に変更になったので
そのまま搭乗口へ向かい、機内へ。


「エコノミークラスってやっぱせまいわ・・・」


・・・などと思いつつ、これからパリまで12時間30分。
パリからニースまで1時間30分の空の旅のはじまりです。


席は窓側(K)とその隣(J)でした。
叔母に窓側へ座ってもらい、私は(トイレに出やすい)Jの席へ。
本当は隣のIの席にも女性が座っていたのですが
パーサーとおぼしきおっちゃんと何か話していたかと思うと
席を立ってそのまま戻ってきませんでした(席を代わったらしい)
これでトイレにも気兼ねなく行けます♪


で、機内食がこちら。
メインメニューが洋食と和食からチョイスできます。
叔母が和食を頼んだので、私はブログネタも考えて洋食をチョイス。


AF291 機内食(ランチ・洋食)

(手前左から時計回りに)
・牛肉のリヨン風、マッシュポテト、にんじん、ブロッコリー
・フランスパン
・カラメルケーキ
・赤ワイン(後ろにあるのは水)
・カマンベールチーズ
・スモークサーモン、フレッシュサラダ
(袋に入っているケーキは先に出たスナックです)


AF291 機内食(ランチ・和食)

・(手前左)鶏釜飯、シイタケ、野菜
・(手前右)味噌汁(具なし)


ブログネタの写真を撮るならサラダのラップぐらい外しとけ


お味の方はまあまあでした。うん。
実はこの前に先に飲み物(アペリティフ)としてシャンパンを飲んだのですが
空き腹にきゅ~っと入れたのが間違いでした。
というか、そもそもシャンパンってまともに飲んだことないよ私。


赤ワインはフルボトルの1/4ほどの量だったと思います。
いつもの(自宅で飲む)調子でワインを飲みながら食べてご満悦。
あとはお昼寝タイムです。


・・・気持ちよく寝ていたのはいいんです。
ふと顔が火照って熱くなり、変な汗が出てきて目が覚めました。
頭もフラフラします。
「ちょっとピッチ早くて酔ったかなー?」
トイレに行ってじょんじょろり~ん♪(むらまさかっ!)とすれば治ると思い
立ちあがって通路を後方へ歩いてトイレへ。
使用中だったので非常口のちょっと広くなったあたりで立っていたのですが


その後数秒間の記憶がありません。


気がつくと天井を見上げていまして
フランス人のCAが心配そうに私の顔をのぞき込んでました。


何のことはない、貧血起こしてぶっ倒れた・・・(-_-;)


トイレの近くにギャレーがあったので
そこにいたCAが私の様子がおかしいことに気づいたんでしょうね。
頭や体を打った感じもなかったし、倒れる前に支えてくれたんだと思います。
貧血を起こしたら両足を心臓より高くあげるのが応急処置法。
私も非常口の前の床で毛布をかぶせた箱か何かに両足をおいて寝てました。
頭は機内で使っている枕の上。
毛布をかけてもらってしばらく横になっていると気分も落ち着いてきました。


フランス人のCAが「フランス語話せる?」みたいなことをきいてきたので
「NO」と答えたら日本人CAがきてくれました。


「お酒を飲まれて倒れる方はとても多いんですよ」
「気圧の関係で少しの量でも酔いが回るんです」
「もっとひどい方もおられますよ」
「お客様はすぐに気付かれたので軽い方ですよ」・・・などなど別に珍しくもない感じ。
わかってたのに、ワイン1本ごときで不覚だったよ(違


「フランスでは気分が悪いときに炭酸を抜いたコーラを飲むそうですがいかがですか?」


席へ戻ろうとしたらそう言われました。
何やらよくわからないけど何事も経験ということで
フランス人CAが作ってくれたそれをいただいて戻ることに。
コーラをコップの中でかきまぜて炭酸を飛ばした状態にしたもので
普通なら「炭酸の抜けたコーラ」なんて甘ったるいだけなのですが
不思議なことに飲んだら頭がスッキリしたんです。
(入ってるカフェインのせいかもね)
CAに何度もお礼を言って自分の座席に戻りました。


叔母はヘッドフォンで音楽を聴いていて
私がいなかったことにも気づいていなかったようでした。
・・・おばちゃーん・・・(T_T)


その後は席でローマ人の風呂の映画(「テルマエ・ロマエ」ね^^;)を見たり。。。
そうこうしているうちに夕食の時間です。
座ってるだけなんでおなかあんまり空きませんが。


AF291 機内食(ディナー)

(右手前から時計回りに)
・フレッシュサラダ
・鴨胸肉の燻製、スパイス風味のローストハム
・チキンパスタサラダ(野菜の後ろに隠れてます)
・フルーツサラダ
・チーズ


酒は控えたけどそれでも完食した私って何なんだ。


そんなこんなで飛行機は無事にパリ/シャルル・ド・ゴール空港に着陸。
しかしながら予定時刻よりかなり遅れて着陸したため
次の乗継便に間に合うかどうかかなり微妙な展開になるのでした。。。





ごめんなさい、ここでいったん切ります。
続きはまた後日!

犬も人間も

ホテル住まいの疲れが出たのか(11日間はやはり長かったよね)
帰宅してからちょっとおなかの具合が不調だったむらまさ。
でもとっても元気なんです。
お散歩だってとっとこ歩くし、しっぽも巻いてるしお鼻も濡れてるし。
ただ昨日の朝はう○ちもゆるゆるでごはんも食べず
おなかがぎゅるぎゅる鳴ってる大きな音もきこえてきたので
土曜日に続いてまたまた獣医さんへ行くことになりました。


いつものように診察台の上でかたまってたむらまさのお尻に
先生は「便検査」をするため綿棒を入れながら


「いい子やね~大丈夫~♪あ、もうちょっとお尻の力を抜いてくれないかな~♪♪」


先生、犬にそれは無理です。 ←内心突っ込んだ飼い主。


子犬のころからおなかの不調が多かったむらまさは
「腸内細菌」のバランスを崩しやすいタイプみたいです。
(毎日、飼い主ともども市販のビオフェルミンを飲んでます)


処方されたのはビオフェルミンR散と抗生物質を5日分。
下痢止めは飲ませない方がいいそうです。
人間でもそうですが、体内の悪い菌を出してしまった方がいいですもんね。
(つらいけどね・・・^^;)
「お水か犬用のポカリスエットに混ぜて飲ませてみて
 ごはんは食べるようなら少しずつあげてください。
 薬を飲ませてみても下痢がひどくなるようならまたきてください」
と言われました。


アレルギーの関係でタンパク源に制限(とりあえずお魚系のみ)があるのですが
むらまさが大好きなヨーグルトに1日2回お薬を混ぜて
ごはんも少しずつ3~4回にわけて食べさせたら
今日にはう○ちもかたまってきてました。
このままお薬を飲ませて少しずつごはんも増やしていけば大丈夫かなー?
おなかは空くらしく「ごはん~♪おやつ~♪♪」とおねだりしてきます(笑)


あ、わんこ用のポカリスエットですが
ボトルで買って開けてしまうともたないため粉末状のものを買いました。
「アクアコール」というぼんBlogのぼんちゃん愛飲のものです(店員さん談)
10gの粉末が10本入りで1050円


飼い主が風邪ひいて寝込んだときに
飲んでもいいですか(爆

・・・別に人間が飲んでも大丈夫だよね、ぼんちゃん。


私は足の痛みはやわらいできましたが(結局ただの筋肉痛だったのかっ?)
かわりに腰痛がひどくなってきました。
あと、やたら眠くて眠くてたまらない!!!(笑)
寝てばかりいるから腰痛がひどくなるのかわからないところがミソです(-_-;)

続きを読む >>