食う寝るところ 住むところ

柴犬「むらまさ」&スコティッシュフォールド「ふくじゅ」と飼い主「女王さま」の気ままな日々徒然

ここは南仏リゾート 

 

続きです♪
枚数は多いけどマトモな写真がほとんどないというありさまでして
「こんな写真しかないんか!」というお叱りはどうぞご容赦ください<(_ _)>


10月10日(水)

フランス観光初日。
まずはニース旧市街の観光です。
カフェは開店準備中でした。


ニース旧市街 1


教会です(名前忘れた)
カトリック教会って何でこういう建築様式なんでしょうか。
旅も後半になると名前まで似通ってくるので頭が混乱しまくってました。


ニース旧市街 2


花市が開かれてました。
これはケイトウでしょうか(とりあえずこれだけ撮れた)
バラをはじめいろんな種類の切り花があってとにかくとても安くてきれい!
おしゃれなアレンジメントなども大きなものが日本円で1000円足らずで買えます。
(日本なら5000円は下らないかと)
だから外国人って普通にお花とか彼女や奥様に送るんだと思う。


ニース市内(花市)


海岸の遊歩道から海を撮ってみました。
イマイチの写りですが、南仏リゾートの雰囲気は感じてもらえるかなー(笑)
10月の午前中、日射しはそこそこありますが泳ぐほど暑くはないと思います。。。
海岸は砂ではなく石でとっても歩きにくいです。
シャワーはあるけど着替える場所はなし(海の家なんてないですよー^^;)
でも皆さん普通に海岸で(タオルでうまく隠して)着替えてました。


プロムナード・デ・サングレ 1


反対側を撮ってみましたが見事に逆光^^;;
こちらは高級ホテルやセレブな方々の別荘などが建ち並ぶところです。
こういうところでのんびりまったりヴァカンスとかいいですねー(一生無理だよ)


プロムナード・デ・サングレ 2


散策を終えたら旧市街からバスで少し走ってシャガール美術館へ。
シャガールの絵は旧約聖書をモチーフにしているそうですが
抽象画っぽくて説明きいてもイマイチよくわかりません。
(旧約聖書の内容は多少かじったからわかるんだけど)
館内は撮影OKでした(フラッシュは禁止)
しかしこのシャガール美術館、普通の住宅街のど真ん中にありまして
まさかシャガールも後に大型バスで観光客がくるとは思ってもいなかったでしょうね。
(シャガールがこの場所を気に入っていたとかで建てられたそうです)


シャガール美術館(ステンドグラス)


このあとはランチ。
何が「ニース風サラダ」なのか食べた後もよくわかってませんが
生野菜のサラダはとっても貴重なのです(笑)
メインの「子牛の煮込み」はやたら香辛料が効いて辛いし
表面がソーセージみたいな膜(?)に包まれて
「これが子牛?」とツッコミたくなるような固いハンバーグもどき。
付け合わせはだいたいどこでもインゲンマメが出てきます。
アイスクリームで口直しするも甘かった~。


ランチメニュー(ニース)


ランチを終えたら次はモナコ公国へ。
・・・まだまだ当分続いていいですか。





追記はニース旧市街で見つけたちょっとオシャレな看板です♪
スポンサーサイト
-- Read More --

category: フランス編

▲Top