食う寝るところ 住むところ

柴犬「むらまさ」&スコティッシュフォールド「ふくじゅ」と飼い主「女王さま」の気ままな日々徒然

ご近所ミステリー 

 

先日の夜中、すぐご近所さんで放火騒ぎが2件ありました。
私も母も寝ていてまったく気づかなかったのですが、
猛スピードでうちの前の狭い道を消防車と救急車が走って行ったそうです。


誰かが灯油をかけて火をつけたようですが、
燃やされたのは、家の勝手口とその家が借りてるお店の入口のドアに飾ってあるリースだけ。
この2軒はすぐ近くです。
他に「燃えやすそうな」ものは近所にいっぱいあったのにね。
(カバーかぶせたバイクとか古着とかいろいろ)


何にもしらない私がむらまさを連れて朝の散歩に出かけたところ、
鑑識さん2人と警察官2人がいつも通る路地にいてビックリ!
その家のおばさんも出ていたので「何かあったんですか」と尋ねたら、
「リースを燃やされたんよ」と言われてさらにビックリ。


何があった、この田舎の村の住宅街で。


鑑識さん2人は、刑事ドラマのとおりの制服姿&お仕事風景でした。
現場検証だったのか、何かいろいろ調べていました。
でっかい一眼レフを首からさげた人は私服刑事さんだったのかな?
制服の若い警察官は多分、近所の交番の人。


物書き根性が早朝から元気いっぱい、興味津々だったのですが、
むらまさが「おさんぽー!」とせかしたのでそのまま散歩へ。


帰りに同じ道を通ったら、制服の警察官だけが立ってました。
早朝の路地などほとんど人通りがないので、立ってても暇なんですよね。
だからその若い警察のおにーちゃん、

膝や腕の屈伸に足踏みをしたり、リラックスモードです。

また運悪くそういうところへ遭遇する私とむらまさ。。。


むらまさがあまりにじとーっと見て通るので、
おにーちゃんがちょこっと相手をしてくれました。
だけど、むらまさは「おいで」って言ってもらっても距離をとったまま近寄らないし、
しっぽも先っぽをほんの少し振ってるぐらい。
遊んでほしいんだけど「この人誰?」と警戒モードです。
しまいには、なでてくれようとするおにーちゃんに「わん!」と吠える有様。


「証拠品探してくれへんかなー。探してくれたら嬉しいねんけどなー」


おにーちゃんは笑ってそう言ってましたが、この柴犬に限ってそれは無理です


他にも別の日に、またもご近所でボヤ騒ぎとかあったりするから何か物騒です。
放火だとか、先の2件に関連性があるとかないとか。
すぐ近所に交番があるんですよ。。。





ふつうなら同情されるはずですが、
この家のさまざまな内情を知るご近所さんは、
口には決して出さないけど、
同情より「恨み?」という犯人の動機の方が真っ先に浮かぶんだそうです。


このご近所で何が起こってるんでしょうか(笑)
スポンサーサイト

category: 女王さまのにっき

▲Top