12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
実家に居候中の身でありながら「無理せずボチボチと」がモットーの超マイペース人間。

宝塚歌劇が好きでちょこちょこ観に行ってます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

過去記事への拍手やコメントも大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです♪

うちのわんにゃん


★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 8歳
2009年11月16日うまれ
気ままで頑固、ドジでグータラ、ヘタレでビビリなツンデレ柴。
おいしいものを食べて静かにまったり寝れたらご機嫌さん。
好きなもの:お肉、おやつ(固いものは苦手)、安納芋ときれいなおねえさん
嫌いなもの:大きな音(雨風・雷・花火)と大きなもの、溝のアミアミ、吠える犬と獣医さん
永遠の課題:ダイエット



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂ 4歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中。
猫とは思えないほどどんくさい、おっとりマイペースな甘えたさん。
ときどき「かぶりもの」をさせられるが満更でもない様子。
特技:変顔
好きなもの:シーバのカリカリ
嫌いなもの:コロコロ

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。年齢なんて何のその、とにかくパワフルで好奇心旺盛、ひたすら我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。もはや部屋の片づけとダイエットが永遠の課題になっている。ふくのことが大好き。いまだにいったい何の仕事をしているのかよくわからない。
◆にーちゃん
次兄。運転手兼むらまさの添い寝係。むらまさに甘々なので母ちゃんや女王さまによく怒られる。自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会

ブルむら

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おどおど@獣医さん

獣医さんに行くと、いろんなわんこ・にゃんこに出会います。
今日、むらまさを連れて待合室で待っていたときに、先に診察室から出てきた女性2人がいました。
どうも母娘っぽい感じです。
娘さんの手には、小さなしばわんこが……


きいてみると、そのしばわんこは女の子。
まだ1か月だとか。
むらまさと見比べてみると、やっぱり小さくてほっそりとしていて、どこかかわいらしいんです。
見た目やっぱり「女の子」です。


むらまさを箱から出して、抱っこしていた私ですが。
むらまさがそのしばわんこをじーっと見つめてしっぽでも振るのかと思いきや、反応なし。
目さえあわそうとしません。
あさっての方向を向いてます。
それにやたらおとなしいんです。
心ここにあらず、気になるのは診察室……って感じでした。


意外と小心者です、むらまさ



……シャイなのか、むらまさ?!
しばわんこの女の子より、自分の診察の方が気になるのか、むらまさ!?(笑)





診察室でも、最初の方こそきれいな女の先生にしっぽを振りまくっていたむらまさ。
体重をはかって、心音・腹音をきいてもらって……まではよかったんです。
検温のときにむらまさがびくびく、おどおど、ぶるぶる。


「あれ?どうしたのかな?何かおとなしくなっちゃったね~。

ここが怖いって思っちゃったのかな?次からきたくなくなるかな?

そんなこと言わずにきてね~。いい子だからね~(*^_^*)」



……先生になでてもらいながら言われてしまいました。
むらまさは最後の方はもう、診察台の端っこにへたりこんでましたから……(苦笑)
仕方ないので、抱っこしてやりました。
でも、腕の中でもやたらおとなしい……


むらまさは、月齢に対して体重が少し軽めです。
ドッグフードの量の加減がホント、難しいですね。
あんまり神経質になるのもよくないですが、体重をはかりつつフードの増減をしていかないといけないようです。
そもそも、どれくらいのフードの量がむらまさのベストなのかが、まだわかってない私。
毎回、何か違うんですよね……量がまちまちです。
「目分量」じゃなくて、やっぱりはかってあげないとダメかな?



検温で相当いやな思いをしたのか。
でも、これからワクチン接種(3回)や狂犬病予防注射などいろいろあって、


むらまさには試練の月日なんですが



がんばれ、むらまさ。
めげるな、むらまさ。
スポンサーサイト

獣医さん 2回目

むらまさです☆
日記を書くのもまちまちです……女王さまがやっぱりまだ体調悪いんだって。
胃薬とか飲んでます。
ぼくはもうすっかり元気になったのになあ。



今日は朝から獣医さんに行ってきました。
先週と同じ獣医さんです。
先生は先週とはちがったけど、きれいな女の人でした(*^_^*)


ついついしっぽをいっぱい振るぼくです


なでなでもしてもらえるのでうれしいんです、だからいっぱいしっぽを振ります。
でも……



やっぱり検温は好きになれません



お尻にぶちゅっと刺されます。
先週も2回はかりました。
今回も2回。
どうしても1回めがうまくはかれないんです。
体温計の先をおしりに入れられるのが何か気持ち悪いというか、痛いのでぼくは苦手です。
じっとしてると、先生や女王さまにほめてもらえるんだけど……


やっぱり好きになれないんです



今度の土曜日にまた行くそうです。
次はどんな先生かな~?
先週や今回のように、きれいな女の先生だといいな(+o+)
そしたら、苦手な検温もがまんできるかも……
痛そうな注射(ホントはこのためだったらしい)もがまんできるかも……



べ、べつに、こわがってなんかいないんだからねっ!


こわくないもんっ!





思いっきりこわがっているのがばればれ……((+_+))

「おい」はないでしょ?

18日に母が退院してきてから、何かバタバタしていました。
更新できなかったのは、そのためです……\(-o-)/


そんな母に今日初めて、むらまさを見せました。
抱っこしたまま見せたので、しっぽを振ってくれてたかどうかはわからないんですけど。
むらまさの顔をじーっと見て、母は言いました。


「おい?」



抱っこされてる仔犬に向かって「おい」はないでしょ!
いくら動物が苦手だからって!!



むらまさの目に母はどう映ったのでしょうか。
そんなむらまさは、後ろで爆睡してます……気持ちよさそうな寝息をたてながら。
ぽかぽか陽気の今日ですが、春はまだもう少し先になりそうですね。

お母さんに会いました^^

2日間、おやすみしてしまいました。
女王さまが……もごもご



今日はぽかぽかしてます。
朝はちょっと寒かったけど、お昼間はあったかです(今日はお昼間にこれを書いてます)。
女王さまがいつもお部屋をあったかくしてくれるんだけど、今日は何だか暖房もいらないぐらい(暖房切られちゃいました)。
このままあったかくなればいいのになあ。


あ。
女王さまのお母さんに会いました!
18日に病院を退院して、おうちに帰ってきたそうです。
ぼくの顔を見たお母さんは、


「おい」




………………。



女王さまに抱っこされてたぼくは、どうしていいかわかりませんでした。
そんなお母さん、実は動物が苦手です。
だけどぼくのことは、嫌いにならないでほしいなあ……


お母さん、お兄さん、女王さまの3人が「家族」です。
別に住んでいるお兄さんにも昨日、会いました。
ぼくもそんな「家族」の一員になれたことが、すごくうれしいです。
お母さん、これからはぼくもよろしくね。

やせ気味です?!

むらまさの調子がどうもイマイチなので、朝から獣医さんのところへ連れて行きました。
兄貴の車に乗って行ったのですが、車酔いもしなかったようでよかったです。
車で5分ぐらいのところですが、さすがのむらまさも帰宅後はおとなしくしてました。
はじめての場所に行ったので、ちょっと疲れたのでしょう。


若い女性の獣医さん(安達由実に似てる?←漢字あってる?)の診察は、とても親切で丁寧でした。
むらまさの甘噛みをどうしたらいいか、相談にものってもらいました。
声に出して叱るより、噛みはじめたら知らんぷりして席を立つのが一番いいそうです。
叱っても理解できないので、行動で覚えさせるという形ですね。
これを何度もくりかえしていくと、むらまさにとっては、


甘噛みする→席を立たれる→いなくなる

噛まずにいる→ずっとそばにいてもらえる



ということになります。
噛んだらいなくなる、噛まなかったらそばにいる。
これを覚えてもらうわけです。
かなり根気が要りますが、まあ仕方ないですね。
叱るよりは気持ちいい(叱るのは精神的にもあまりよくない)ですし。



ただ、むらまさの肋骨が触った指先で感じられるので、


「ちょっとやせ気味ですね……」


と先生に言われたときには、かなりあせりました(そんなとこまで似なくていいって!)。
むらまさの体調を見ながらドッグフードの量を増やしていくのは、結構難しいさじ加減です。
あまり神経質になりすぎるのもどうかとは思いますが。
もしかするとその神経質さが、ただでさえ犬種としても神経質なむらまさに伝わってしまったのかもしれません。


試行錯誤の連続。
それもまた、むらまさと一緒なら楽しいです。
飼い主&犬の勉強の日々は、これからもまだまだ続きます……