01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
実家に居候中の身でありながら「無理せずボチボチと」がモットーの超マイペース人間。

宝塚歌劇が好きでちょこちょこ観に行ってます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

過去記事への拍手やコメントも大歓迎です。
当ブログはリンクフリーです♪

うちのわんにゃん


★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 8歳
2009年11月16日うまれ
気ままで頑固、ドジでグータラ、ヘタレでビビリなツンデレ柴。
おいしいものを食べて静かにまったり寝れたらご機嫌さん。
好きなもの:お肉、おやつ(固いものは苦手)、安納芋ときれいなおねえさん
嫌いなもの:大きな音(雨風・雷・花火)と大きなもの、溝のアミアミ、吠える犬と獣医さん
永遠の課題:ダイエット



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂ 4歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中。
猫とは思えないほどどんくさい、おっとりマイペースな甘えたさん。
ときどき「かぶりもの」をさせられるが満更でもない様子。
特技:変顔
好きなもの:シーバのカリカリ
嫌いなもの:コロコロ

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。年齢なんて何のその、とにかくパワフルで好奇心旺盛、ひたすら我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。もはや部屋の片づけとダイエットが永遠の課題になっている。ふくのことが大好き。いまだにいったい何の仕事をしているのかよくわからない。
◆にーちゃん
次兄。運転手兼むらまさの添い寝係。むらまさに甘々なので母ちゃんや女王さまによく怒られる。自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会

ブルむら

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カウンター

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不具合あれこれ

先月半ばごろから動悸や胸の痛みを感じるようになった。
朝方(これが一番痛む)~日中もしくは1日中、断続的にキューっと締め付けられるような痛みがある。
じっと座っていたり横になっているときに動悸や胸痛があるから何とも不快だ。

胸痛の前は年明けごろから感じる両足の重だるさだった。
先月12日に婦人科へ行ったときに先生にそう言ったら「紹介状書くから下肢エコー撮ってきて」と言われた。
ホルモン補充療法(HRT)の副作用に「血栓症」があるそうで(これがあるとHRTができないらしい)、循環器内科で血液検査と下肢エコーを撮ってもらうも結果は異常なし。
婦人科へ結果を持って行って「薬続けられますよ、よかったですね」と1か月分の薬をもらったのだが、この3日後あたりから出てきたのが胸の痛みだった。
ちなみに足のだるさは検査後1週間ほどで消えた。

しばらく様子見していても胸痛はおさまらない。
ネットで「胸の痛み」と調べたら「狭心症」だの「心筋梗塞」だのと恐ろしいことが出てくるし、自己診断していてもはじまらないので先月末に再び婦人科へ行くと、「紹介状書くから心電図撮ってきて」と言われてまたも同じ循環器内科へ。

紹介状に「狭心症の疑い」と書かれてあったのを見て、循環器内科の先生は「性別や年齢的に普通はありえないんだけどな~」とポツリ。
男性やもっと年配の人に多いらしい(たしかに循環器内科が専門のこの病院は男性と年配者がほとんどだ)が、とりあえず心電図と胸部レントゲンを撮ってもらった。
どちらも久しぶりの検査だったので、それはそれでよかったと思う。定期検診には行くべきだね。

心電図を見ながら「教科書に載るような模範的な心電図ですよ~」→異常なし
胸部レントゲンを見ながら「心臓に異常があったらもっと下がって映るんですよ~」→異常なし
血管の図説を見ながら「女王さまの年齢は循環器内科では若年ですよ~」→そうなの?!(笑)

今の段階では造影剤を使った検査の必要性はなさそうとのこと。
それでもまあ実際に胸の痛みはあるわけで、試しに「ニトロペン舌下錠(いわゆるニトログリセリン)」を3回分処方してもらった。
来週にもう一度診察を受けるが、「この薬を飲んで痛みがおさまれば循環器内科だけど、そうでなければ他の病院で診てもらってね」と言われている。
今朝は痛みもさほど気にならなかったので飲んでいない(かわりに足が攣って泣きそうになった)が、寝ぼけ眼で舌下に薬を入れられるのか(飲むと肝臓で分解されるため舌下でないと薬が効かない)、逆にそっちが気になって仕方がない。

何でこうも次々に不具合が出てくるんだろう、とため息。
そういう微妙なお年頃だから仕方ない、と思うしかないのかもしれないけどね。┐(´∀`)┌ヤレヤレ
スポンサーサイト

骨格標本

小学校高学年になると授業で特別教室を使うことがあった。
5年か6年のころだったと思う。
あるときふと理科室の入口すぐ横に棚が置かれていて、ガラスケースに入った標本がいくつかあることに気づいた。
棚も標本も以前からその場所に置かれていたわけではない。
私はクラスから浮いている「変わり者」だったので誰にもそのことを言わなかったし、クラスの誰もそんなことを気にしている様子はなかった。

ガラスケースに入った、人間の頭蓋骨。

見た目はやけに古びていた。
気持ち悪かったのは全体的に土で汚れていて、眼や鼻、歯にあたる部分には土が残ったままだったからだ。
「古い人骨を掘り返してみたよ!土を落とすのが面倒だったからそのままケースに入れておいたよ!」という感じだろうか。
他にも同じようなガラスケースに何かの骨が入っていたと思うのだが、頭蓋骨のインパクトが強すぎてこっちはさっぱり思い出せない。

そのガラスケースだが、そんなに大層なものではなかった。
「ガラス皿」の上に「ガラスのボウルの外側の底に持ち手をつけたもの」をかぶせたようなものだったと記憶している。
「西洋料理で、皿にのせた料理全体を覆う蓋のようなもの(金属製)」があるが、あれをガラス製にした感じ。
イメージ的にはこんなの。→(密林にリンク)
これは「クロッシュ(フランス語)」とか「ドームカバー」、「ガラスドーム」などいろいろな呼び方があるらしい。

昔はさておき、今は喫茶店のケーキなんかもこんなドームに入っている。
ケーキを入れるのは「ケーキドーム」と呼ぶそうだ。
雑貨を飾る小さいガラスドームなら100均に売っているらしい。
料理や雑貨じゃなく、土に汚れた頭蓋骨が入っていたのかと思うと何ともやり切れない思いになる。

理科室にはお馴染みの全身の骨格標本が置いてあった。
だから仮に「部分骨格標本」だったとしても土で汚す理由がわからない。
化石や遺跡のように「土から掘り出した人骨」という演出をしないと小学生に興味を持ってもらえない、とでも思ったのだろうか。
余計に怖がって逃げられると思うのだが…。

今になって思い返してみれば、単純に「整理していたら昔使っていた標本が出てきたのでとりあえず入口に置いといた」だけだと思う。
理科室の隣には物置と化した「理科準備室」なる小部屋もあったし、古い小学校だったので多分そんなところだろう。
何よりも単なる私の「記憶違い」で、人間ではなく動物の頭蓋骨だったという可能性もある。
「骨格標本」の作り方をググると、「地面に穴を掘って、きれいな砂で埋めて何か月かたってから掘り出す」という方法があって、「土だと骨に色がついてしまう」そうだが、昔のことだからそこは別に気にしなければいいだけのこと。
掘り出した土をつけて汚しておけば、見た目も骨の色も気にならない。

きっとそんな理由のはず。
深い意味はないはずだ。

   ・
   ・
   ・

この小学校の敷地の一部が昔、「墓地」だったということはさておいてだな…(白目)

一般向け火炎放射器

2階の物置部屋(旧自室)で
昔の写真が入ったダンボールをゴソついていたら
結婚式の衣装合わせと和装の前撮り写真が出てきた

アルバム開いて吃驚Σ(゚Д゚)ナンジャコレー!

何年か前にすべて断捨離したつもりなのに
ダンボールの中に埋もれていて免れたらしい

20180118-1.jpg
こんなシチュエーションでどこが「一般向け」なのだろう(写真は下記リンク先サイトより)

ケッタクソ悪い(=気分が悪い、いまいましい)ので
写真は「燃やせるゴミ」で処分するが

この「一般向け火炎放射器」で
「汚物は消毒だ~!!(ヒャッハー!」
と言いながら
あのクソ野郎を家ごと焼き払えないのが
どうにも残念で仕方がない(・д・)チッ

客席で夢を見る

生まれも育ちもずっとムラの私だが、初めてタカラヅカを観たのは中3のころだった。
たしか私立高校入試のときだったと思う。

当時、私立受験組はほとんどが2日間の日程(1日目:学科、2日目:面接)だった。
公立専願組は1日目だけ学校に顔を出し(なぜかは知らない)、2日目は休みだったような気がする。
私は私立専願で、1日で学科と面接を終える予定になっていた。
それを知った友人が「みんなには内緒で(2日目の休みのときに)歌劇観に行かへん?」と誘ってくれたのだ。
「観たことないけど面白そうやから観たい」と承諾し、チケットは友人が手配してくれた。

お芝居のタイトルが「哀しみのコルドバ」だったのは覚えているが、ショーのタイトルは忘れた。トップが誰だったのかは言わずもがな。
博識なウィキさんによると、星組公演でお芝居が「哀しみのコルドバ」とショーが「ルミエール」だそうだ。
トップは峰さを理。日向薫や紫苑ゆう(どちらも後のトップ)も出演していたらしい。

初観劇の感想はというと、「闘牛士が出てきて、主人公とヒロインが実は異母兄妹で、最後に主人公が闘牛に刺されて死ぬ話」としか覚えていない。
あとは「やたら綺麗で豪華な世界」にびっくりしたぐらいだろうか。
当時は月1回土曜日に「タカラヅカ花の指定席」という関西テレビ(フジテレビ系列)の宝塚舞台中継があって、そこで再度観たような気もする。
滅多にTVなんて見なかった私なので、「宝塚ってちょっといいかも」ぐらいには思ったのかもしれない。

二度めが高3のとき。同級生に誘われた。
お芝居が「サマルカンドの赤いばら」だったと思う。ショーとトップは(ry
ウィキさん曰く、雪組公演のショーが「宝塚をどり賛歌」でお芝居が「サマルカンドの赤いばら」。
トップが平みち。杜けあきや一路真輝(どちらも後のry)が出演(ry

この公演は「73期生」の初舞台だったようだ。
「そういえば口上述べてたな」とうっすら思い出すところもあるが、その中にあの天海祐希や姿月あさとがいたとは知らなかった。
さらにショーが和物ということで、春日野八千代先生と松本悠理さんが出演していたらしい。
お芝居は「アラビア風のものだったなー」というぐらいで、これまたさっぱり思い出せない。
なのになぜタイトルだけ覚えていたのだろう。不思議だ。

その後は1990年か91年にベルばらを観たと思う。
涼風真世が出ていた気もするから91年の月組公演だろうか。
ゴールデンウィーク中で、貸切公演でもないのに終演後に突然挨拶があって、「○○(生徒の名前)は下級生ながら云々」と言ってたと思う。
ウィキさんで調べるも、記憶が曖昧すぎたのとベルばらの公演が多すぎてよくわからなかった。
ベルばらの功罪は大きい。(違

建て替え前の旧大劇場で観たのはこの3公演だけだ。
当時はファミリーランドの入園料+歌劇の座席券が必要だったと思う。
入園料がいくらだったのかまったく記憶にないのは、「ファミリーランドは新聞屋からタダ券をもらって行くもの」だったからだ。
ファミリーランド内の動物園は小学校のときに徒歩で遠足や写生大会に行ったぐらい、昔のムラの子どもたちと縁があった。
歌劇は「ああ、そんなんあるねえ~。せやけど別にねえ~高いしねえ…」という立ち位置だった。
「ヘルスセンター」という大浴場(温泉施設)もあって(通称「ヘルス」。違う場所のようにきこえてもそれは大人になったせいだから気にスンナ)、ここへは祖父母に連れられてよく風呂へ入りに行ったものだ。
もちろんタダ券で行っていた。どこまでもムラの人間はタダに拘る。(笑)

それからは1996年の花組「ハウ・トゥー・サクシード」まで観ていない。
96年から2001年ぐらいまでは前の職場の先輩がチケットを予約してくれていた(一般前売が駅のプレイガイドで買えた)こともあって、毎回のように観に行っていた。
真矢みきや真琴つばさ、檀れいとかの現役時代で、多分、退団公演も行ってたと思う。
(当時の初舞台生や下級生がここ最近のトップになるのかな?)
2001年以降は(プレイガイドがなくなったこともあって)ごくたまに観に行くぐらいになってしまった。
2階の物置部屋にはプログラムが残っているが、旧大劇場分はどこへ行ったのやら。

特に贔屓がいたわけでもない。
1階後方(A席)がガラガラな公演もあったし、駄作にも出会っている。
それでも、今も昔も、客席で3時間の「夢」を観るのはとても楽しい。



…などと飲みながらにーちゃんと母ちゃんにそんな話をしていたのだが

にーちゃん「そこで宝塚を受けようとは思わんかってんな」
女王さま「音痴、大根のこの家系から絶対無理やし」
母ちゃん「いや、もしかしたらもしかしたかもやで?」
女王さま「何でやねん!あるわけない!ぜーーーったい無理!!

「かぶりもの」が好きなのは歌劇関係ないと思うんだ。きっと。(笑)

大人の事情

「ディ○ニーランド」や「ミ○キー」と一部伏字にしたり、「ねずみの国」とか「ネズミー」という言い方があるのはきっと「大人の事情」というやつだと思う。
これって芸能関連もそうなんだろうか。

日雇いバイトでこの時期多いのが、年末年始ライブのスタッフ募集。
チケットのもぎりや会場内の案内、グッズ販売、アリーナの椅子並べ、ステージの準備&撤去までいろいろある。
派遣会社によって違うが、時給だと910円~1500円、日給だと7350円~1万5500円ほど。
単発1日、4時間のみだけでもOKのバイトで、時給に差があるのは時間帯やシフトによると思う。
↓たとえばこんな感じの求人募集。

「コンサート会場スタッフ」(兵庫県、大阪府)
「音楽ホールでの公演スタッフ」(滋賀県・びわこホール)
「THE ALFEEのライブスタッフ」(大阪城ホール)
→わかる。

「国民的アイドルの握手会スタッフ」(インテックス大阪)※乃○坂46
「関西男性アイドルのコンサート運営」(大阪城ホール)※関西ジャ○ーズJr.
「EX系第2次グループのライブ運営」(大阪城ホール)※EX THE SECOND
→わかる人にはわかる。 

こういう求人はコンサート運営(補助)会社が派遣元になっていることが多い。
アーティストの名前を出せたり出せなかったりと、いろいろ制約があって大変だろう。
ただその苦労の先がどこへ向かっているのかわからないものもある。
↓これなんてどうなのよ。

「近畿なJ系男性デュオのコンサートスタッフ」(京セラドーム)※D本T君とK君
東方こす韓国デュオのライブスタッフ」(京セラドーム)※_の漢字4文字
→伏せてる意味あるのか?

大阪城ホールも京セラドームも家からちと遠いし、何よりこんなオバチャンにライブスタッフは無理だけどね。
でも「近畿なJ系」は昔好きだったからちょっと気になったりするだけなの。
わかってもらえるかしら。(笑)

 ・
 ・
 ・

すみません。「ブログネタ」ではなく、ちゃんとレギュラーバイト探します。探してます。
来週から飲む黄体ホルモン剤が体調にどう影響するかわからないので及び腰なだけです。
単発から近くで少しずつ始められるといいなあ。