食う寝るところ 住むところ

柴犬「むらまさ」&スコティッシュフォールド「ふくじゅ」と飼い主「女王さま」の気ままな日々徒然

ドラちゃんで練習 

 

5月から仕切り直しで週1回、大阪でアロマテラピーの勉強をしています。
アロマの基礎(座学)にボディ、フェイシャル、リフレクソロジーの3つです。
座学(精油についてやアロマの活用、手作りコスメなど)が終わると次はボディの実技になります。
事前にカリキュラムが決まっていて実技だけは順番通りにしなければならないのですが、私が体調の都合で休んだりしていたので振替で授業を受けるにしてもスケジュール的にうまくいかなかったため、ボディの実技を飛ばしてフェイシャルを先に学ぶことにしました(その辺の順番は自由らしい)

アロマテラピー(アロマオイル)の世界は奥が深くてとっても楽しい!
体やお肌だけでなくメンタルにもいい作用があるのが私にも嬉しいです。
授業で作ったクレイパックを母ちゃんにも使ってもらったところ、「お肌がしっとりしてこれいいわ~♥また作って~♥♥」とやたら気に入ってくれたんですが、パックに使ったアロマオイルが「ローズオットー」というとーーーってもお値段のお高いオイル(滝汗
いずれはほしいけど今はとても買えません(;'∀')
少しずつ使い勝手のいいアロマオイルや基材を買って、クレイパックやトリートメントオイルを作っては母ちゃんと一緒に使っています。
添加物を一切使わないのでお肌にやさしいし、そのときの気分によってオイルを変えれるのもいいかな♪

フェイシャルやボディ、リフレにはそれぞれに「基本手技」というのがあります。
フェイシャルの基本手技を1回めの座学のときにマネキンの顔を使って教えてもらったのですが、先生のお手本を見てもなかなか覚えられない( ̄д ̄;)ヤレヤレ
家で練習して次回までにマスターしないといけないのですが、自分の顔でするのは無理。
膝でやるのも目鼻耳がないので感覚がつかめず。
添い寝係のカピバラさんで練習してみるもこれまた非常にやりづらい(笑)
さてどうしたものか何かいいのはないかなと枕元の棚を見たらドラちゃんと目があいました。

練習台のドラちゃん。
ドラちゃんの首輪の鈴はふくさんの遊び道具だったりする^^;

丸顔だけど人間の顔に大きさも感触も近いといえば近い(?)し、座椅子に座って股の上において練習するにはまあピッタリの大きさです。
テキストを見ながら「い~ち、に~、さ~ん、し~…」と手を動かしていたら(動きがあっているかは別問題として)、まあそこそこ覚えられてきた感じですかね。
あとは顔のツボがあるのですがこれは自分の顔でできますww
何度も繰り返しやってるうちにだんだん気持ちよくなってきます(笑)
ただメガネ外さないとダメだし、そうするとテキストの文字が微妙に読みづらいという難儀な視力(近眼&老眼)にイラつきますがこればかりはどうしようもない(爆

そんなこんなをドラちゃんのお顔で練習していたら、お部屋フリーにしていたふくさんに
「(。=´・ω・=)ニャニヲチテリュデシュカ?」
というお顔のあとで前足でちょんちょんと
「(∩=´ω`=)∩カマッテアゲテモイインデシュヨ♥」
というお誘いをうけました。
「今とりこみ中だからまたあとでね」と言ったら、私のベッドの上でふて寝するふくさん( ̄▽ ̄;)アノネー
あのねふくさんこう見えても女王さまにだっていろいろ都合があるんです(笑)

オイルトリートメントやマッサージを教わったら母ちゃんの顔を借りて練習です。
それで81歳の母ちゃんの顔が若干でもきれいになれば効果ありってことでしょうか(笑)
(母ちゃんがひそかに期待してますww)
となると、しみやしわ、保湿作用のあるアロマオイルからそろえていくことになるのかなー?
まあ私もそこのところはこれからの季節にケアしないといけないお年だからね。うん。泣きたい。

わからないとこは先生にききまくって焦らずじっくりと自分のペースで、少しずつでも技術を自分のものにできたらいいなーと思っています。
11月には「アロマテラピー1級」の検定試験も受験します。
受験の申し込みもしたし、さてはて覚えられるだろうかという不安はありますけどね。
テキスト片手にお勉強する前に本屋さんで問題集買ってこなきゃ(私は「問題を解いて覚える」というやり方が一番効率いいようです)
まあこうでもしないと頭を使ったり覚えたりすることもないし、もっといろいろ勉強したいという欲や夢も出てきているので、今度こそ最後までやり遂げられるよう頑張りたいです♪
スポンサーサイト

category: アロマテラピー

Comment : 4 | Trackback : --   

▲Top