topimage

2017-04

梅小路蒸気機関車館

昨日、長兄と一緒に京都にある「梅小路蒸気機関車館」へ行ってきました。
ここでは期間限定ではあるのですが
受験生向けに「砂」と「石炭」を配布しています。
昔から列車の「滑り止め」として砂が使われていたため
それにあやかって「滑らないように(合格祈願)」というわけです。

別に何の試験(学校だろうが国家試験だろうが)なんでも構いません。
(長兄は「精神保健福祉士」でした)
合格したらその通知(コピー可)を窓口で見せて
いただいた砂か石炭のどちらかをお返しします。
返却されたものは次回配布分に混ぜられます。
「縁起担ぎ」の一種なんですが合格すると「硬券セット」という
かなりマニアックなものをお祝い品にいただけます(笑)


一方の私はここへは何十年か前に一度きたような記憶がうっすらある程度。
扇形の車庫に見覚えはあるのですが…


20130322 1


保存されている19両のうち7両は動態保存(動ける状態)で
「C57形」や「C56形」は「SLやまぐち号」として臨時運転されてます。
(私が撮ると逆光だったりうまく撮れてなかったりでボツの山)


これは「D51形」ですかね。
「鉄ちゃん(乗り鉄)」の長兄がいろいろ説明してくれたんですが
私にはマニアック難しすぎました・・・(笑)
なので個々の機関車に関して詳しい説明はできません。ごめんなさい(´-ω-`)


20130322 2


こちらは「C58形」の「お召し列車」バージョン。
菊の御紋が光ってます。
そういえば今でも天皇陛下は「お召し列車」を使われるんだろうか。


20130322 3


サイドには鳳凰の装飾があります。
どこか気品めいたものを感じるのは私だけじゃないはず。


20130322 4


車庫内ではなく外に展示されている「D51形」です。
青い作業服を着たおじさんがきれいに磨いてました。
だから屋外展示なのに車体はピッカピカ!
地道な作業に頭が下がります。


20130322 5


車庫の前に展示されていた2両です。
左側が「C61形」、右側が「C62形」になります。
この2両の手前に見える緑色の柵のようなものは「転車台」です。


20130322 6


「C62形」のサイドには「つばめ」のイラストがあります。
愛称は「つばめ号」だったようですね。


20130322 7


館内ではSLに乗ることもできます。
続きにちょこっとその写真を載せてますのでよかったらどうぞ。
スポンサーサイト

京都ふらっと案内

ネットで知り合った女の子が所用で関西にこられるというので、
お会いがてら10日に京都をふらふらしてきました。
お天気がどうにかもってくれたのはよかったのですが、
平安神宮や南禅寺方面にしようか金閣寺の方面にしようか迷いました。
(方角的にはまったく正反対)
お会いしてから「金閣寺に行ってみたい」のひと声で行先決定です。


阪急河原町→JR京都駅→金閣寺→龍安寺→阪急河原町というルート。
こんなのが現地ガイドでいいのかおい。


JR京都駅経由でまずはバスで金閣寺へ。
外国人観光客や修学旅行生に人気の名所です。
紅葉のころもきれいですが雪の降り積もった金閣寺は格別です♪
(10日現在では紅葉にはまだまだといった感じでした)


20111113 1


お茶席でお抹茶をいただいた後は徒歩で龍安寺へ。
途中、和雑貨(ちりめん雑貨)のお店やらに立ち寄っていました。
京都らしい小物が比較的安くで買えるのでお土産にはいいですね。
龍安寺はとても静かです。
石庭の縮小模型があったので思わずパチリ。


20111113 2


龍安寺の中の小路も紅葉すればまた雰囲気違うでしょうね。
これを撮っているとき、白人のマダムおふたりが後ろで待ってくださってました。
撮り終えてからあわてて「ありがとう」と日本語でお礼を言いながら、
自分も異国の観光地でこういう配慮ができる観光客になりたいと思いました。


20111113 3


お昼は龍安寺を出たところにある「京漬物 富川」さんで軽くいただきました。
写真は私が食べた「お茶漬け」です。
ごはんにおつけもの、千切り大根、白味噌のお味噌汁。
あっさりとしていておいしかったです♪


20111113 4


お友だちがホテルの部屋にお土産をおきに行ってる間、
旅の疲れがとれるかなとドラッグストアで入浴剤を買って渡したら、
「うわぁ~、女王さまにご奉仕されてしまった~♪」と言われました(笑)
なぜ私の前では「ご奉仕」とかいう言葉が普通に使われるんでしょうか。



金閣寺へ向かう途中、
とてもカッコイイ制服を着た男子学生数人に会いました。
グレイのベレー帽に詰襟で短めの上着(学ラン)、スラックスという姿。
高校生っぽいけどみんなすごく姿勢がいいんです。
どこかのおばちゃんが「どこの学校?素敵な制服ね♪」と声をかけてました。
よくききとれなかったのですが、
「か」ではじまり「がわ」で終わる県らしいです。
香川?神奈川??


……神奈川県にある自衛隊の高等工科学校の学生さんだったんですけどね。
(気になったので帰ってからネットで探した)


余談ですが、
アニメやゲームとかに出てくるような感じの制服だったので、
「何か“帝国学院”っていう感じだねー」と
腐った妄想で盛り上がっていた私たちです(爆)

ぶらぶら京都 2

昨日がハロウィンだと思ってテンプレートを変更したんですが
今日なんですねハロウィンって。
異国の祭りはよくわからん。


気を取り直して、昨日の続き。
高台寺から見えたこの塔…どこなんでしょうか。
方角的には多分北側かなあ。


20111030 6


秋の紅葉シーズンともなると夜間拝観(ライトアップ)があります。
庭園にいたこの龍もライトアップされるそうです。
どっかのおばちゃんが、
「こんな龍はあとで作ったんよねー」と言いながら通り過ぎていきました。。。
(「昔からあったら怖いわ!」と内心突っ込んだ)


20111030 7


紅葉したらきれいだろうなーと思いつつ。
これを撮った後、団体のお客様で大混雑になりました(笑)


20111030 8


何枚か撮ってファインダーから顔をあげ友人を探したら、
見知らぬおばちゃんグループのカメラのシャッターを押してあげてました。
あれこれ構図とか考えはじめると、意外と難しい「1枚」ですよね。


20111030 9


高台寺の庭に咲いていたホトトギスの花。
今更なんですが和花と日本庭園、
京都の木造家屋と柴犬ってとってもよく似合います♪


20111030 10


高台寺を後にして、祇園から四条河原町までひたすらてくてく。。。
途中、喫茶店でケーキセット食べてエネルギー補給しつつ、
とにかくよく歩きました。
おかげでよく眠れました♪



四条大橋から見える鴨川の等間隔カップルは健在でしたが、
最近はおばちゃんや女子だけのグループというのもありのようです。
でもってそこだけ間隔が狭いんですなぜ。

ぶらぶら京都 1

いいお天気だった昨日、友人と京都へお出かけしてきました。
ルートとしては、
 阪急烏丸→(バス)清水道→清水寺→地主神社→高台寺→阪急河原町です。
清水寺からはずっと徒歩でした…^^;


清水寺の仁王門と三重塔。
三年坂や二年坂を通らず、清水坂を通っていきました。
狭い道なのに車は多い!
あと、中国人観光客と修学旅行生が多かったです(笑)


20111030 1


三重塔って近くで見ると何だかなぁ…^^;
遠くから見るに限ります。


20111030 2


地主神社は縁結びの神様です。
奉納された絵馬を見ていると、いろんな意味で切実(笑)
その中にこんなのを見つけまして、パチリ。
売り物のお守りとかを飾ってあるんですが、このウサギはいったい…。
(友人には「こういうの見つけんのうまいよねー」と言われた)


20111030 3


おなじみ清水の舞台。
紅葉にはまだ早いですが、緑もなかなかのものです。
今年はいつごろが見ごろなんかなー。
関西はまだぬくいんですけど(今週の予想最高気温26度って…)


20111030 4


清水寺の中にあった茶屋でちょっと休憩。
京都にくるとこういう抹茶や甘味が食べたくなります。
お団子が400円、お抹茶が600円。
ぼったくりではないお値段かと。


20111030 5


着物姿の女性をよく見かけました。
3000円ぐらいからレンタルの着物(着付けもしてもらえる)があって、
それを利用している人のようです。
舞妓さんの格好をしている人も見かけましたが、
なぜか男性(背格好と話し声でわかった)が舞妓さんになってました。。。

私らだと舞妓さんじゃなく芸妓さんですね。



明日に続きます。
(今日、筋肉痛はないけど腰が痛いのはなぜ)

京都紅葉狩り日記 #4

哲学の道から真如堂までは地図を見て歩いていったのですが、
それはもうアバウトきわまりないです。
地図を読むというよりは、

「こっちの方やなあ~」
「ま、とりあえず広い道に出たらわかるやろ」

ほとんど野性の勘。
……でもこれでどうにかなるから、野性の勘は侮れない。


真如堂は坂の上にあるお寺さんです。
親友のお父さんオススメで「穴場やで」ときいてたのですが、
そこは紅葉の時期の京都、多分にもれず人・人・人。
親友が苦笑していたぐらいです。
広い境内が人だらけ~!


20101121 13


拝観料払わなかったので、本堂の中へは入らず……いや、入れず。
(このおじさん?がいるところまでは入れます)


20101121 14


午後になったら雲が出てきて、日差しをやわらげてくれました。
午前中は雲ひとつない快晴。
日の光で写真も左右されるんだろうけど、
素人の私にはあまり関係なしですね♪


20101121 15


境内で犬の散歩をする人がいるのか、
「境内で犬のリードを放さないで」
みたいなことが書いてありました。
さすが京都?


20101121 16


三重塔がきれいだったので。
団体さんがいなくなるとちょっとマシです。
着物姿の人もチラホラ見かけて、何ともいい風情です。



ひたすら徒歩で寺めぐりをしました。
携帯の歩数計は18000を越えてまして、
10キロ以上歩いた計算になってました。
翌日は足やら腰の筋肉痛で「いたたた……」。
今も痛いです。





あのー、最後にひとついいですか。

京都人って何であんなに歩くの遅いの?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
実家に居候中の身でありながら「無理せずぼちぼちと」がモットーの超マイペース人間。
しばらくご無沙汰だった宝塚歌劇をまた観に行くようになりました♪

柴犬「むらまさ」とスコティッシュフォールド「ふくじゅ」、飼い主「女王さま」の日々を気まぐれに書いてます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

当ブログはリンクフリーです♪

うちのわんにゃん


★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 7歳
2009年11月16日うまれ
気ままで頑固、ドジでグータラ、ヘタレでビビリなツンデレ柴。
おいしいものを食べて静かにまったり寝れたらご機嫌さん。
好きなもの:お肉、おやつ(固いものは苦手)、安納芋ときれいなおねえさん
嫌いなもの:大きな音(雨風・雷・花火)と大きなもの、溝のアミアミ、吠える犬と獣医さん



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂ 3歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中。
猫とは思えないほどどんくさい、おっとりマイペースな甘えたさん。
特技:変顔と被り物
好きなもの:シーバのカリカリ
嫌いなもの:コロコロ

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。年齢なんて何のその、とにかくパワフル、好奇心旺盛、ひたすら我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。部屋の片づけとダイエットが永遠の課題になりつつある人。ふくのことが大好きだが、今いったい何の仕事をしているのかよくわからない。
◆にーちゃん
次兄。運転手兼むらまさの夜食係。むらまさに甘々なので母ちゃんや女王さまによく怒られる。自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会

ブルむら

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
むらまさのにっき (281)
ふくじゅのにっき (56)
かぶりもの (6)
女王さまのにっき (287)
ひとりごと (274)
つれづれ雑記 (232)
迷言 (29)
離婚嘲笑ネタ (4)
乳腺症 (5)
おしごと (3)
アロマテラピー (1)
かぶぬしになってみた。 (10)
かぶってみた。 (3)
でかけてみた。-国内編 (44)
北上編 (9)
東北編 (7)
京都編 (8)
南九州編 (3)
ちょっとおでかけ (17)
でかけてみた。-海外編 (39)
ドイツ編 (22)
フランス編 (17)
でかけてみた。-舞台など (16)
宝塚歌劇 (15)
その他の舞台 (1)
とってみた。 (22)
季節のお花 (15)
季節の行事 (2)
散歩道 (3)
その他あれこれ (2)
さがしてみた。 (15)
懐かしヅカ動画 (4)
いろんな動画 (2)
いろんなもの (9)
たべてみた。 (16)
いろんな新製品 (9)
たまに外食 (4)
猫カフェ (2)
まれに手料理 (1)
あなたの知らない世界 (4)
怪談ネタ (3)
業界ネタ (1)

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる