食う寝るところ 住むところ

柴犬「むらまさ」&スコティッシュフォールド「ふくじゅ」と飼い主「女王さま」の気ままな日々徒然

なぞり猫 

 

昨日、母とお好み焼きを食べに行ったついでに
久しぶりに紀伊国屋書店に寄ってみた
「ぬりえ」の売場を見ていたのだがこれがまたどれも難しくて
絵心もなければ彩色のセンスも皆無な私には絶対に無理!
何より「ぬりえ」の絵が細かすぎて
疲れ目がさらにひどくなりそうなものばかり(笑)

以前、新聞に載っていた「描いて楽しい なぞり猫」と
描いて楽しい もっとなぞり猫」を見つけたので
「塗るのが無理ならなぞってみるか」と買って試してみることにした
「ベルばら」や「ガラスの仮面」のぬりえもありました

なぞり猫
何でこんなものが家にあったのか謎である(しかも新品)

やり方は簡単
鉛筆や色鉛筆、ボールペンやカラーペンなどで元絵をなぞっていくだけ
はみ出しても構わないし濃淡をつけて塗っていっても構わない
アバウトな私にはこういうフリーダムさが重要なのだww

とりあえず2階の物置部屋(仮)から
色鉛筆&油性パステル&水彩絵の具のセットを発掘し
Bと2Bの鉛筆と鉛筆削り、鉛筆キャップを買ってきて
わが家の伝統である「側から入る」準備は完了
そんな伝統を代々受け継ぐなっつーの…

ねむり猫
ふく「ぼくのひるねのじゃまをしにゃいでくだしゃいニャ」

ふくさんに邪魔されそうな気がしないでもないが
それにしても犬のぬりえがないのは
やはり毛色のパターンが少ないからだろうか?

本当は「ぬりえ」コーナーの隣にあった
「大人のペン字練習帳」の方が私には必要なんだけどねww
スポンサーサイト

category: つれづれ雑記

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top

エアコン君の不調 

 

「除湿」で毎日フル稼働中の自室のエアコンと
在庫処分品のサーキュレーターがないと
女王さまはもちろんふくさんも熱中症で倒れてしまう関西の夏

そんな蒸し暑い昨日の朝のこと
突然どこからか奇妙な音がしたかと思うと
ふくさんがいそいそとケージの屋根にのぼって
しきりにエアコン周辺でゴソつきはじめた

まいにちあちゅいでしゅ…
ここもぼくのおきにいり♪

ケージの屋根にはダンボールとマットを敷いて
ふくさんが寝転べるようにしてあるのだが
ふと嫌な予感がして見てみると
エアコンの吹出口から水滴がしたたり落ちて
マットもダンボールもビショビショになっているではないか

下ろしたマットはついでに玄関マットと一緒に洗濯機に放り込み
ダンボールの濡れた部分をペットシーツで吸い取ってから
吹出口の下にペットシーツを敷いて様子見するも
水漏れはまったくおさまる気配がない

エアコンからおみずがでてましゅよ?
じょーおーしゃま、エアコンがおもらししてましゅよ

すぐにシ○ープの修理相談センターに電話したが
これがどうにもこうにもまったく繋がらない!

ガイダンスで「サイトからも修理依頼が可能」と言われたので
早速アクセスするとサクッと修理依頼ができたのだが
修理予約は最短でも8月4日からしか選択できず
しかもその当日に電話がかかってきて初めて訪問時間がわかるという

はやくしゅうりしてくだしゃいニャ
はやくしゅうりしてくだしゃいニャ

自室のエアコンは今年で6年め(2011年取付)
エアコン内部の排水管の不具合なら素人には手が出せないし
「除湿」だと吹出口から水がダダ漏れだが
「冷房」にするとそれが抑えられるので
念のためにペットシーツを敷いて
「冷房/26~27度」に設定して4日までしのぐつもりだ

電化製品はある日突然動かなくなるので要注意
今回の唯一の救いは「冷房」が使えることだろうか

皆さまもどうぞお気をつけくださいませ(。´・(ェ)・)

category: つれづれ雑記

Comment : 0 | Trackback : --   

▲Top

東京では通じない関西弁? 

 

檀家寺へお盆の塔婆の申し込みに行った母ちゃんが
「何か今日はお寺の奥さんえらいご機嫌やってな…いただきものですけどってビール(プレモル)6本くれはってん…」
と部屋にいた私に変な顔で言ってきました。
(ちなみにお寺の奥さんはケチで有名)
「関西が梅雨明けしたからちゃう?」
ベッドで寝転がりながらipad見ていた私が適当に答えたところ
「え?そうなん?せやからや~」
と普通に納得した母ちゃんも何なんでしょうかね。(笑)
母娘揃って「やっぱり変」と思ったとしても口に出してはならない
ともあれ「プレモル6本!やったね!」と早速冷蔵庫に入れておきました。



私はツイッターには手を出していませんが、ヤフーの「話題なう」に「遠慮のかたまり」という言葉が出ていました。
「遠慮のかたまりがどないしてん」と思って見てみたら「東京では通じない関西弁」のランキング1位になっているらしいです。

標準語では何と言うのだろう。
元ネタは関西テレビの「ちゃちゃ入れマンデー」(関西ローカル番組)

私は「遠慮のかたまり」って普通に使うけどなー。
「ちょっと、お皿下げる(下げてもらう)からこの遠慮のかたまり、誰か食べて~!」とか。



「せやから何やねんそれ!」という関西圏以外の方に。

1位 遠慮のかたまり→(みんなでシェアする物の)最後の1個
2位 蚊にかまれる→蚊に刺されること
3位 ぐねる→足(または手)をひねる、くじく
4位 アテ→(酒の)つまみ
5位 いがむ→歪む

別バージョンの「東京で通じないかんs(ry」として

1位 ツレ→友達
2位 押しピン→画鋲
3位 シュッと→かっこいい、スタイリッシュ
4位 さぶいぼ→鳥肌
5位 ナイロン袋→ビニール袋

「ツレ」は「奥さん(旦那)」など「相方」的な意味になるんでしょうか。
(関東で「ツレ」というと「恋人」の意味合いらしい)

ゴミをほかす→ゴミを捨てる
ものをなおす→ものを片付ける、しまう
指をつめる→指をはさむ(決してヤのつく自由業のケジメのつけ方ではない)
めばちこ→ものもらい
サラ(サラぴん)→新品
冷コー(れいコー)→アイスコーヒー
お冷や(おひや)→(飲食店で出される)水

などいろいろあるようです。
昔、電車のドアには「ゆびづめちゅうい!」のシールが貼ってあったんですけどねえ。
逆に「関西では通じない東京弁」をききたい関西人の女王さまです。(爆

category: つれづれ雑記

Comment : 4 | Trackback : --   

▲Top

【長文】下衆の勘繰り【毒舌注意】 

 

まず最初に今回のブログがやたら長いことをお断りしておく。。
そしてあくまで私個人の考えや体験なので、批判はお許し願いたい。
明らかな間違いがあればコメントでご指摘くだされば嬉しい。



今ではすっかりご無沙汰なのだが、私は介助犬の育成団体のボランティアに登録していて、介助犬啓発のお手伝いで兵庫・浜坂方面(日本海側)の小学校へ行ったこともある。
お手伝いとは言っても私がすることはほとんどないけどね。
ただ、浜坂がちょっとした小旅行気分で行ける場所だったのと、地元の食堂で食べる昼食がボリュームたっぷりでおいしくて楽しみだったからだ。
育成団体のスタッフさんは「浜坂は遠いから女王さましかきてくれる人がいないんですよ~」というのが本音だったそうだが。
募金のお手伝いもしたことがあるが、そのときは首から身分証を下げていた。
あ、もちろん声も出して頭も下げてたよ。これがなかなか難しかったりする。
募金箱にお金を入れてもらえればもちろんありがたいけど、そうでなくてもPR犬を見て「あら可愛い❤」と立ち止まってもらえたり、「介助犬?何それ?」と興味を持ってもらえればそれで恩の字だったりするのだ。

動物保護団体(近隣のNPO法人で少なくとも私が名前を知っている団体に限る)の場合は、街頭でもネットでもほんのわずかだが募金をさせていただく。
街頭だと団体がワンコを連れてきている場合も多いので、募金スタッフさんと話をしながらワンコをモフモフして、モフらせてもらった「お礼」をするような感じだ。
みんなちゃんと躾けられていて本当におとなしい。
どこぞの柴犬とはえらい違いだといつも感心させられる(ブーメランやめいww)
「里親さん募集中なんです」なんて言われると「みんなに早く本当のおうちが見つかりますように」と思ってしまう。

しかしながら、どうにも胡散臭い団体(詐欺集団)が多いのも事実だ。
見極めが難しいので、基本的に私はこの手のものは一切無視するようにしている。
詐欺師にくれてやる金など私には1円たりともない。それなら私にくれ。
何より自分が実家に居候中の貧乏人なので、せいぜいヤフーのネット募金(Tポイントで募金OK)ぐらいだ。
その「ヤフーのネット募金」も、たとえば東日本大震災や熊本地震、最近では九州の水害とか、国内の災害や募金先が明らかになっているものを選んでいる。
善意で集まった募金の総額や使途を開示するのは募った側の義務だと思うのだけど、その辺がうやむやになっているところは意外に多い。



さて本題。
皆さんも駅前などの街頭で「募金をお願いします」だの「署名を(ry」という団体に遭遇したご経験も多いと思う。
署名や募金で非常に不快な思いをしたことがある。
中学生のとき、たしか夏休み前だったと思う。
中学校の前にある交差点を渡って友人たちと歩道を歩いていたときのことだ。
見知らぬオバハンたち数人が帰宅する中学生を見るや手当たり次第に「これに署名して!」と言っていた。
こっちは何が何だかさっぱりわからない。
カモにされた私たちは説明もなくそのままボールペンを握らされ、ボードか何かに挟んだ署名用紙を突き出されて「ここに住所と名前を書いて!」と言われた。

今の私なら「どちらの団体で、これはどこに提出する署名ですか」とか「私は共感できないのでしません」なり何なり言うだろうけどね。
まあそれ以前にこの手のものはスルーするに限る。
あくまで個人の感想だが、何であろうと強引なのは往々にしてロクなもんじゃない。(笑)

私も当時は中学生だったし、何より相手のオバハンたちの勢いがすごくて(怖くて)きける状態じゃなかったんだと思う。
有無を言わさず住所氏名を書かせた後は、めんどくさそうな「ありがと」のひと言だけで、オバハンたちは次のターゲットを見つけに行った。
書いているときに「戦争反対の署名ナンチャラカンチャラ」と言っていたような気もする。
一緒に書かされた友人たちと「あれ何やったんやろ?」と言いあっていたが、誰かが学校に連絡したのか、中学校前で署名があったのは後にも先にもその1回だけだ。
今なら大問題になるかもしれないが、30年以上前の話だとしても、説明もなく未成年者に無理やり署名させるのは法的にどうなんだろうか。



高校のとき、学校は別だったけど近所の女の子と出会って、最寄り駅前のコープ(笑)へ寄って帰ろうとしたら変なオバハンに絡まれてビラを渡されたことがある。
「赤紙」を模したものでそのときも「戦争反対云々」だったと思う。
署名を求められることはなかったが、「戦争になったら真っ先に戦場に行くのはあなたたちのような若い人云々」と言われた。
えーと、私たち女ですけど?
あ、でも武器を持って戦うのが(体力的・肉体的に)無理でも、女でもやろうと思えばできることいっぱいありますよ?
後方支援なり何なりも十二分にできますよ?
ゲリラ戦とか情報戦とかやれることとかたくさんあるし。
逆に「女」であることを最大限に利用して敵から情報を得たり、敵が油断したその隙にしとめr(ry
…当時の私は物書きの資料で「ベトナム戦争」がらみの海外ノンフィクションを読みまくっていたせいもある。
いろいろ読み漁るうちに、昔から「朝日」が左寄りというかわけのわからん論調を展開していたことに気づけたのもよかったと思っている。
今じゃもうただの中韓の機関紙(日本支社)になっているのが痛い。痛すぎる。

「だからどこにそんなところに気づく女子高生がいるんだよ」というツッコミに対しては、「ここにおりまんねんすんまへんなあ」ということで勘弁してほしい。(笑)

実際に外国の対テロ部隊では「女をまず撃て(女テロリストは真っ先に射殺しろ)」というのを一番に叩きこまれる。
敵は「男」とは限らないし、「女」独特の思考に基づく行動パターンもある。
「女子供、年寄りだから」で油断していると、自分が殺られるわけだ。
逆手をとって、女子供、年寄りに武器を持たせたりトラップを仕掛けるのがゲリラ戦の初歩の初歩だよ。
机上の知識とは言え、何でこんなことを知っているのか自分でも嫌になる。
実体験の知識とかだったら余計怖いけど。(笑)

そもそも日本人の感覚がおかしいだけである。
「憲法九条教」が国際的にも通じると思いこんでいるのは一部の脳内お花畑の日本人だけだよ。
日本以外の国々では「平和と民主主義はたとえ莫大な対価を支払ってでも入手する価値があるもの」なのだが、これが一部の日本人(今はそこすらアヤシイが)にはどうしても理解できないときている。┐(´∀`)┌ヤレヤレ
今でこそ若干変わってきていると思うが、それでも「日本の常識は世界の非常識」である。
若いころからいろんな本を読んだり、種々雑多なネットの情報を選別する目を持っておくことは必要だと思う。
ただ、妙なこじらせ方をすると私のような「小学生のころから冷めた目で物事を見る人間」になるので注意が必要だが(´-∀-`;)



高校の最寄り駅前で「ヘイ!おねーちゃん!募金してくれない?」とやたら変にハイなキモイにーちゃんにからまれたこともある。
無視して通りすぎようとしてもしつこく前を遮ってきて、どいてくれない。
「お金ないから」と言っても「10円でいいから!」とうるさい。
何の募金だったのかも言わなかったし、それ以前に気持ち悪くて関わりたくなかった。
ひたすら無視して事なきを得たが、あんなやり方で本当に募金が集まるとでも思ったんだろうか。
だとすれば救いようのないアホでしかない。
とにかく高校があった最寄り駅は変な人が多かった。

女子校だったせいもあって、露出狂(高校の近所に住む変態)や水泳の時間に下着ドロ。
極めつけは英語の非常勤講師で「在日韓国人」がいたんだけど、そいつは「自分は指紋押捺拒否をしている」と堂々と学年集会?の場で言い放っていた。
生徒や他の教師から大顰蹙買っていることも知らずに。
それを生徒である私たちにきかせてどないせーっちゅーねん。
それより日本の法律が守れない奴が教師かよ!
当時は「外国人登録証」を常に持ち歩いていなければならなかったし、「指紋押捺拒否」というのが「反権力=カッコイイ」とか「キリスト教信者だから」というのでやたらもてはやされていた時代だった。
…何で「反権力」と「キリスト教信者」が同一視されるのがいまだに謎だが。
冷めた女子高生だった私なので、「何やねんあれ」とか「教師自ら法を犯しているのを自慢するんか」やら「そんなに嫌やったら国に帰れよ」と思ったほどだ。
生徒指導の先生が「あの先生ねえ…ちょっとあれはねえ…」と渋い顔をしていた。
そりゃそうだろ。
生徒指導の教師からすれば、生徒に勉強を教える立場の教師が「私は日本の法律を守っていません。逮捕されるかもしれません(ドヤ顔)」ではマズイだろ。
今思えば何でそんなややこしい奴を雇っていたのか(だから「非常勤講師」だったわけか?)、わけのわからない高校だったとも言える。
すべてとは言わないし言いたくないが、一部のキリスト教信者はとにかくどこかオカシイ。
世間一般常識とずれているのはなぜなんだろう。

あとは…覚えている限りでは。
その高校のある駅前で「中核派」のヘルメットをかぶってマスク姿の異様な感じの男の人が「おはようございます。中核派です」とビラを配っていたことかな。
ビラは受け取らなかったけど、中核派が女子高生にビラ配ってどないすんねん。
いまだに「何だったんだあれは?」としか思えない。

え?いったい女王さまってどこの高校に通ってたのよ、って?
駅は違うけど、某M友学園の小学校云々でもめたT市だよ。(爆
ここまで書いたら特定されそうだけど、まあそこはスルー推奨ww



追記はさらなる毒吐きなので、「ちょっとそれは…」という方はここまでにしておいてくだされ。
-- Read More --

category: つれづれ雑記

Comment : 0 | Trackback : --   

▲Top

コンプガチャ 

 

九州の豪雨情報がずっとニュースで流れていて気がかりです
蒸し暑い中を避難されていて心労や熱中症などで
体調を崩す方も多いようですね
自然が相手なので人間にはどうすることもできませんが
懸命に救助にあたってくださっている消防や
自衛隊の方々には本当に頭が下がります
あとこれだけは言わせてください
マスゴミは自分たちの取材用ヘリが
救助ヘリの邪魔をしていることにいい加減気づきやがれ!(怒)



マスゴミへの毒舌はさておいて…
少し前にトトロ兄が「ほい、お土産♪」と
「ハコティッシュフォールド」のガチャポンをくれました
いつも思うけどトトロ兄はどこでガチャしてくるんだろうか

ハコティッシュフォールド 1
箱ティッシュにスコティッシュフォールドが入ってます

「ふくちゃん色(茶トラ白)をゲットしたかったけどあかんやった」
というトトロ兄は相変わらず「ふくちゃんラブ❤❤❤」でして
「ホワイトハコティッシュフォールド」1個と「サバトラ白(ry」2個をゲット
猫(スコティッシュフォールド)は箱から取り出せません

ハコティッシュフォールド 2
うちは生協かGSでもらう粗品の箱ティッシュなので銘柄はいろいろです

「ハコティッシュフォールド」のシリーズ(全5種類)は
2016年発売の「スコティッシュティッシュ」の再版ものだそうです
なぜかふと昨日に思いたってネットで検索したところ
楽○でフルコンプ(全5種類セット)が売っていまして
「残りあと○個です」というのにつられてついポチッと(笑)
密林では「在庫切れ」でした

ハコティッシュフォールド 3
「ツミ重ねてカワイイ❤」だそうです(笑)

貯まっていた楽○のポイントを使うにしても送料別だったので
ついでに何か他にないかなーと見ていたら
かわいいかわいいねこフルーツちゃん」も全6種類フルコンプで販売していました
リンク先は発売元の「奇譚クラブ」のサイトです

かわいいかわいいねこフルーツちゃん 1
むぅさんがかぶ(ってく)れないのでついふくさんに…(^▽^;)

これもトトロ兄が「スイカ」、「バナナ」、「いちご」、「メロン」を
ゲットしてきてくれたんですがフルコンプとはいかず
「んじゃふくさん用にこれ頼んどこ♪」となりました
単に「残りあと○個です」につられt(ry

かわいいかわいいねこフルーツちゃん 2
女王さま「ブログネタ❤」トトロ兄「ラインネタ❤」兄妹揃って何かおかしい。(笑)

どちらも同じ店で買ったので2、3日中には飛脚さんで届くようです
フルコンプは割高なのですが自分で全種類揃えるには難しいのが現実
ちなみに「かわいいかわいいねこハロウィンちゃん」が9月に
「ハコティッシュフォールド2」と
「かわいいかわいいねこサンリオキャラクターズ」が10月に発売予定なので
トトロ兄に予約を頼んでおこうかな~と思っています
トトロ兄って可愛い孫(ふくさん)にならお金を惜しまないじいじのようだわww
-- Read More --

category: つれづれ雑記

Comment : 2 | Trackback : --   

▲Top