topimage

2017-02

気になる看板

むらまさのお散歩コースの土手は
近所のおっちゃんが花を植えたりあれこれ手入れをしてくれているので
四季を通じて快適なお散歩コースとして
犬飼いさんはもちろんリハビリ中の入院患者さんにも人気である

散歩道にて 1
むらまさは元気です

最近のむらまさの夕方散歩は
羊さんMIX疑惑が消えないトイプーのてんちゃんと一緒
ご近所のおばちゃんが連れて行ってくれていて
むらまさはそのおばちゃんとてんちゃんが一緒だと
夕方散歩もちゃんと歩いてくれるので私としても大助かりなのだ

散歩道にて 2
おわかりいただけただろうか…

そんな土手にあるこの看板
似たような内容のものはどこでもあると思う
私もこの7年間毎日通っていても特に気にならなかったが
あるときふと気づいた
この犬の足がないことに…

散歩道にて 3
ごはんをあまり食べないのに痩せないむらまさがミステリーww

思わず散歩中におばちゃんに話したのだが
「何でそんなとこ気づくんよ~ww」と想像通りの答えが返ってきた
看板は「飼い主の(放置う○ちの)マナー喚起」が目的であって
イラストの犬など誰も気にしないだろうけど
それ以降やっぱり気になって仕方ない私である…┐(´д`)┌ヤレヤレ
スポンサーサイト

下僕用シーバ

ふくさんは1日に45gのごはんを朝晩2回にわけて食べてます
朝に1日分を量ってジッパー付きの袋の入れておくのですが
そのうち10gがシーバのカリカリです
「外はカリッ、中はクリーミー」というキャットフードでして
これが大好きな猫はふくさんに限らずたくさんいるようです
下僕にはどれも大差ないような気がしますが何種類かの味がありまして
ふくさんにはいつも「○○味のセレクション」という
1箱に4種類×3袋(オーラルケアは1種類×10袋)入りのものを
ホームセンターの安売りでまとめ買いしています
20gずつの個包装なので使い勝手はいいのですが
箱がかさばって邪魔になるのが欠点かなww

ふく(猫)用シーバ
季節限定は別としてこれらをローテーションであげてます(写真はネットより)

そしてこちらがセブンイレブンで販売されているスナック菓子
猫飼いさんなら「シーバ?!」と思うでしょうね
実際にネットでは「下僕(=人間)用シーバ」として紹介されていて
「シーバデュオ」で画像検索するとこれがさらっとまぎれこんでます
さらには「人間用シーバ」で画像検索しても出てくる始末(笑)
売っている店とそうでない店があるようで
少なくともうちから行ける範囲のセブンイレブンにはありませんでした
にーちゃんの職場近くの店には売ってたとかで買ってきてくれたんですが
ネットの書きこみ通りまさしく「シーバ」そのものです^^;

下僕(人間)用シーバ
うまく撮れなかったので写真はネットからお借りしました

せっかくの「下僕用シーバ」も自室においたままなので
今週末のビールタイムにでも試食してみようかと思ってます
「おやつ」で食べるにはしょっぱいので
「おつまみ」としてビールにあうという話なんですよ
まあ「チーズ味」や「ブラックペッパー味」という時点で
どう考えても「酒(ビール)のアテ」でしかありませんが(笑)

さてどっち?
さてこれは「ご主人様用」or「下僕用」どちらでしょう?

カリカリの入ったお皿を置くと真っ先にシーバから食べるふくさん
実はロイヤルカナンのドッグフードにも似たようなものがあります
ペットショップのおねーさんに言わせると
「ごはんを食べない子への最後の手段です」とのこと
猫も犬も異なる食感がいいんでしょうかねえ?

ちなみに…
「ご主人様用シーバ」は1箱300円前後(定価だと400円超えます)
「下僕用シーバ」は1袋100円です(;´Д`A ```

カッコイイ柴犬

気まぐれなむらまさが
昼過ぎに「おさんぽ~!」と言ってきたので
いつもの散歩コースの路地を歩いていたら

ふみあむ 1
ふみあむは至福のひとときらしく

通りすがりの知らないおばちゃんがむらまさを見て
「あら、カッコイイお顔ね~❤」
と笑顔で声をかけてくれたんだけど

ふみあむ 2
たとえ毛布の抜け毛で咳きこんだりしても

茶の間の長座布団の上においている
この青いダブルのお気に入り毛布を
いまだにふみあむするのが大好きな7歳柴犬なので

ふみあむ 3
何ごともなかったような満ち足りた表情である

「ちょwwカッコイイwwwってwwどこのww犬wwがwww」と
笑いをこらえるのに必死だった女王さまを
わかってくれる人はきっといるはず(笑)

同じ公演でも違うんです

またまた更新サボってしまいました…<(_ _)>スミマセン
写真も用意しているのに文章がさっぱり思いつかず
少し書いては消して結局全削除、という形です
コンスタントに投稿しているブロガーさんが羨ましいです(^▽^;)



ブログを通してお友だちになったMさま
そんなMさまが昔、タカラヅカがお好きだったことを耳にした私が
「久しぶりにタカラヅカとかどないですか~(´∀`σ)σ」と
悪魔のささやき(笑)をし続けていたところ
1月2日から公演中の花組東京公演を観劇されるとのこと!
厚かましくも東京宝塚劇場の公演プログラムをお願いしたところ
快諾してくださって先週末にわが家へ届きました

花組公演プログラム@宝塚大劇場
(C)宝塚歌劇団 公演プログラム表紙(宝塚大劇場)

↑は私が昨年11月に宝塚大劇場(ムラ)で観劇した際
購入した公演プログラムです
そのときの記事はこちら→花組公演「雪華抄/金色の砂漠」
ちょっぴり哀愁ただようみりお(明日海りお:トップスター)が表紙を飾っています

花組公演プログラム@東京宝塚劇場
(C)宝塚歌劇団 公演プログラム表紙(東京宝塚劇場)

そして↑が送っていただいた東京宝塚劇場のプログラム
表紙写真が違うんですね~♪
キリッとした眼光の表情が❤です
(ちなみに「王女様つきの奴隷」という設定です)

プログラムの内容はほぼ同じですが
大劇場の方はインタビューやリハーサル写真が大きく載っていて
東京の方は(大劇場の)舞台写真が掲載されていたりと
「ムラと東京の両方に行くファンを意識している」感じです
普段はムラしか行かない(というか行けない)私なので
こうして見比べてみるとおもしろいものですね
送ってくださったMさま、本当にありがとうございました!

私の次回の観劇は3月の星組公演「スカーレット・ピンパーネル」です
トトロ兄のルートで若干お安く買えたため久しぶりにS席での観劇♪
仕事もせずこんなことしてていいのかと思いながらも
「更年期でウツウツするぐらいなら気分転換❤」ということにしています

「妖怪のせい」にしておこう。

14、15日のセンター試験は大雪になりましたね。
宝塚も昨日から小雪が舞っています。今朝はうっすら積もっていました。

今朝の新聞に「国語」の問題が載っていたので解いてみようと思ったものの、年々老眼が進んでいるのか今年は問題文(の文字が小さすぎて)読めず、ざっと目を通しただけでした。
だって目が辛いんだもの。痛くなるんだもの。(泣)
昨日の時点で「おっぱい、おっぱい」の表記があったとネットで盛り上がっておりましたが(たしかにあったけど)
前後の文をちゃんと読もうぜ!
その一文が書かれているのにはちゃんと理由があるはずなんだからさ…
と思いたいのだが今回は何かよくわからんww

毎年「国語」が何かしらやらかしてくれるのですが、今年は「日本史A」もしでかしたようです。
うちでとってる毎日新聞朝刊には載ってなかったので、「東進ハイスクール」のサイトより「日本史A 第1問」を引用しますね。
(GIF画像に縮小かけてるので非常に見づらいです)

【問題文】
下線部Cに関連して、次の漫画・アニメの画像I~IVに描かれた妖怪が登場する背景とされているそれぞれの事象に関して述べた次のページの文 a~d について、正しいものの組合わせを、その下の1~4のうちから一つ選べ。

【図の説明文を書き起こし】
Ⅰ 新ぬりかべ
  「冷蔵庫」が妖怪化。食品をどんどん詰め込み、手荒く扱うものだから、器物の霊の怒りが爆発」
Ⅱ 新ぬらりひょん
  「冷房のスイッチを入れると現れ、電気を吸い取ってしまう。部屋はいつまでたっても涼しくならない」
Ⅲ ムダヅカイ
  「バブル時代に無駄遣いしまくった人々の欲望が妖怪に」
Ⅳ ロボニャン
  「妖怪がロボットになった!便利機能満載で頼れる存在」
※Ⅰ、Ⅱは「水木しげる『図説日本妖怪大観』」
 Ⅲ、Ⅳは「妖怪ウォッチ全妖怪大百科」


2017センター試験 日本史A 1
「バブル時代」は「日本史」か…(女王さまはリアルタイム世代)

a:Ⅰの妖怪のもととされている家庭電化製品が普及していく時期には、スーパーマーケットが各地に広がり、消費や生活の変化が進んだ。
b:Ⅱの妖怪が登場する条件とされている電化製品が普及しはじめた頃、日本の国内産業は空洞化に悩まされていた。
c:Ⅲの妖怪が発生した背景とされているバブル経済の時期には、株価が高騰した。
d:Ⅳの妖怪はロボットとされているが、企業が減量経営につとめた高度成長期には、ロボットの技術の導入が進められた。

① a・c  ② a・d  ③ b・c  ④ b・d


2017センター試験 日本史A 2
正解は①です

センター試験の問題作成者が何を考えているのかよくわかりませんが、
とりあえず図はなくてもいいと思う。(笑)
「a」に出てくる「スーパーマーケット」は大阪・千林にあった「主婦の店」(後の「ダイエー」)だし。

外野があーだこーだとツッコミを入れてネットで盛り上がる中、大変なのは予備校です。
どんなにツッコミ満載の問題であったとしても、その概観や分析をしないといけません。
ちなみに上の「日本史A」の問題についても

(前略)…図版では『妖怪ウォッチ全妖怪大百科』を出典として、妖怪ウォッチのキャラクターで人気のムダヅカイとロボニャンや、代表作「ゲゲゲの鬼太郎」を世に出した、2015年11月に亡くなったマンガ家水木しげるの『図説妖怪大図鑑』を出典として「新ぬりかべ」と「新ぬらりひょん」が登場した。社会的に大きな話題になった出来事を題材としていることから、流動的な社会において出題者が、常にアンテナを立てて社会に関心をもつ重要性を受験生に訴えかけているといっていいだろう。…(後略)
(出典:東進ハイスクール)


という分析になるんですからすごいですよね(論理的なツッコミとでも言うべきなのか?)
あ、明日の朝刊に載る「理数」の問題は文字通り「見るだけ」です。
読みません。読んでも問題文そのものが理解できないので何を問われているのかまったくわかりません。
私ってホント、完全な文系頭だわ。
しかも腐ってるし。妄想と変態全開だし。←言われる前に言っておく

ちなみに「灘中学」の算数の入試問題も、私にはさっぱり解けません。わかりません。
(変に覚えている数式を使おうとするからか?)
どこまでも「理数系」がダメダメな女王さまです。
まあ私の人生にそこまでひねくれた算数や数学やらは決して必要ないので別にいいんですけどね。
ただ、「小説のネタ」で妙な理系じみた知識があるあたりが自分でもわからないのです。何でなんやろ。(爆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

女王さま

Author:女王さま
関西在住
実家に居候中の身でありながら「無理せずぼちぼちと」がモットーの超マイペース人間。
しばらくご無沙汰だった宝塚歌劇を最近またちょこちょこ観に行くようになりました♪

柴犬「むらまさ」とスコティッシュフォールド「ふくじゅ」、飼い主「女王さま」の日々を気まぐれに書いてます。
ときどき過激に毒を吐いたり、若干の下ネタに走る傾向があります(^▽^;)

当ブログはリンクフリーです♪

うちのわんにゃん


★むらまさ(むぅさん)
柴犬 ♂ 7歳
2009年11月16日うまれ
気ままで頑固、ドジでグータラ、ヘタレでビビリなツンデレ柴。
静かに食べてまったり寝れたらご機嫌さん。
ただ突然噛みついてくることがあるので油断ならない。
好きなもの:お肉、チーズ、ヨーグルト、安納芋ときれいなおねえさん
嫌いなもの:大きな音(雨風・雷・花火)と大きなもの、溝のアミアミ、吠える犬と獣医さん



★ふくじゅ(ふく)
スコティッシュフォールド ♂ 3歳
2014年1月3日うまれ
「くうねるあそぶ」を日々実践中。
猫とは思えないほどどんくさい、おっとりマイペースな甘えたさん。
特技:変顔
好きなもの:シーバのカリカリ
嫌いなもの:コロコロ

うちのひとびと

◆母ちゃん
女王さまの母。大の阪神ファン。年齢なんて何のその、とにかくパワフル、好奇心旺盛、ひたすら我が道をゆくため誰もとめられない。
◆トトロ兄
長兄。部屋の片づけとダイエットが永遠の課題になりつつある人。ふくのことが大好きだが、今いったい何の仕事をしているのかよくわからない。
◆にーちゃん
次兄。運転手兼むらまさの夜食係。むらまさに甘々なので母ちゃんや女王さまによく怒られる。自室に専用布団を用意して毎晩むらまさと一緒にお休み中。

BuruBuruの会

ブルむら

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2)
むらまさのにっき (281)
ふくじゅのにっき (55)
かぶりもの (6)
女王さまのにっき (287)
ひとりごと (269)
つれづれ雑記 (227)
迷言 (29)
離婚嘲笑ネタ (4)
乳腺症 (5)
おしごと (3)
アロマテラピー (1)
かぶぬしになってみた。 (10)
かぶってみた。 (3)
でかけてみた。-国内編 (42)
北上編 (9)
東北編 (7)
京都編 (8)
南九州編 (3)
ちょっとおでかけ (15)
でかけてみた。-海外編 (39)
ドイツ編 (22)
フランス編 (17)
でかけてみた。-舞台など (15)
宝塚歌劇 (14)
その他の舞台 (1)
とってみた。 (20)
季節のお花 (13)
季節の行事 (2)
散歩道 (3)
その他あれこれ (2)
さがしてみた。 (15)
懐かしヅカ動画 (4)
いろんな動画 (2)
いろんなもの (9)
たべてみた。 (16)
いろんな新製品 (9)
たまに外食 (4)
猫カフェ (2)
まれに手料理 (1)
あなたの知らない世界 (4)
怪談ネタ (3)
業界ネタ (1)

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる